(54)【考案の名称】太陽光発電設備用基礎構造

(73)【実用新案権者】株式会社北関東工業

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
この考案は、太陽光発電設備において、太陽電池パネルを例えば地上面、所定建屋の屋上面等に載置セットするに際し、太陽電池パネルを簡単容易に支持固定できると共に、据え付け現場への搬入及び組立設置等の作業を容易に実施できるようにし、また不要後の撤去も容易である太陽光発電設備用基礎構造に関する。

【従来の技術】

【0002】
従来から、この種の太陽光発電設備における太陽電池パネルは、その設置に際し、太陽側に向けられるように所定の傾斜角度を設定して例えば地上面等に複数にして配列構成されている。そのための架台として例えば特許文献1に示される太陽電池パネル用の架台、特許文献2に示される太陽電池パネル設置構造、特許文献3に示される太陽電池のパネル支持構造および支持構造および太陽光発電システム等が提案されている。
【0003】
特許文献1の架台は、四隅に脚を具備したホルダ部に、太陽電池パネルの周縁部に接触して保持する固定部材によって太陽電池パネルをホルダ部に固定させて成る。特許文献2のパネル設置構造は、基礎に固着されて傾斜状に枠組み形成されたアングルに支持された鉄骨枠に、太陽電池パネル周囲のアルミ枠を締結具にて締結して成る。特許文献3の支持構造・システムは、所定傾斜角で傾斜させた複数の架台の上面に、支持材を取り付けて太陽電池パネルを傾斜状態で支持して成る。
【0004】

【効果】

【0010】
この考案は以上説明したように構成されているため、据え付け現場にて簡単に組み立てられる組立・分解式として、据え付け現場へは分解したままで搬入でき、現場にてのねじ止め等の組立のみで容易に設置できると共に、組立設置後の支持安定性を向上させて重量による不等沈下も防止でき、また、据え付け場所における調整、不要後の撤去等も簡単に実施できる。
【0011】
すなわちこれはこの考案において、底部枠部2、立脚状に連結した前部枠部3、同じく前部枠部3に比し高さを高くして立脚状に連結した後部枠部4から、側面からみてほぼ倒コ字形を呈する一体形成の左右の支持枠体1と、左右の支持枠体1相互間で横架されて支持枠体1相互を連結する連結アーム10と、前部枠部3、後部枠部4それぞれの上端面相互間に傾斜状で架け渡されるパネル支持枠15とを備えて成るからである。これにより、据え付け現場への搬入、撤去を分解状態で容易に実施でき、また現場でねじ止め等によって組み立てることで簡単に設置でき、支持安定性に優れることで太陽に向ける太陽電池パネルPを所定の傾斜角度で支持できる。
【0012】
また、支持枠体1の底部枠部2の側面部には、前部枠部3あるいは後部枠部4側から後部枠部4あるいは前部枠部3側に至るに伴い次第に広幅となるよう外側方に突出している載置安定部5がフランジ状にして一体形成されているから、太陽電池パネルP更には支持枠体1自体の自重を据付面で分散させ、据え付け場所での不等沈下を防止し、太陽電池パネルPの傾斜状の支持を安定させることができる。
【0013】
左右の支持枠体1は、この左右の支持枠体1相互間に横架される連結アーム10によって連結され、また連結アーム10端部の矩形状板材による締結片11によってねじ止めされるから、支持枠体1相互を簡単に連結でき、また不要時では簡単に解体できることで撤去も容易である。
【0014】
支持枠体1における前部枠部3、後部枠部4の上端面は、前部枠部3側が低くなる傾斜角に対応した傾斜面となっているから、この前部枠部3、後部枠部4相互間に架け渡されるパネル支持枠15によって太陽電池パネルPを所定の傾斜角度で太陽に向けて支持設置できる。
【0015】
尚、上記の課題を解決するための手段、考案の効果の項それぞれにおいて付記した符号は、図面中に記載した構成各部を示す部分との参照を容易にするために付した。この考案は、これらの記載、図面中の符号等によって示された構造・形状等に限定されない。
【図面の簡単な説明】
【0016】
【図1】この考案を実施するための一形態を示す分解斜視図である。
【図2】同じく据え付け状態の側面図である。
【図3】同じく平面図である。
【図4】同じく背面図である。

【0017】
以下、図面を参照してこの考案を実施するための一形態を説明すると、図において示される符号1は相対峙した状態で左右に配される左右の支持枠体であり、この支持枠体1は、据付面上に載置される底部枠部2と、この底部枠部2の前端側に立脚状に連結している前部枠部3と、同じく底部枠部2の後端部に、前部枠部3に比し高さを高くして立脚状に連結している後部枠部4とから、側面からみてほぼ倒コ字形を呈して成る。また、前部枠部3、後部枠部4それぞれの上端面は、前部枠部3、後部枠部4相互間で前部側が低くなっている傾斜角度、例えば20度の傾斜角度に対応した傾斜面としてある。
【0018】
この支持枠体1における底部枠部2の側面部には、例えば前部枠部3側から後部枠部4側に、あるいは後部枠部4から前部枠部3側に至るに伴い次第に広幅となるよう、また次第にやや高くなるよう外側方に突出している載置安定部5がフランジ状にして一体形成されている。この載置安定部5は、前部枠部3あるいは後部枠部4自体の幅員の約2/3程度の幅員で突出されており、図示のように支持枠体1が左右に相対峙して位置決め設置されるときの外側に設けられている。
【0019】
この支持枠体1自体は、例えば鉄筋コンクリート材製として、底部枠部2、前部枠部3、後部枠部4、載置安定部5を一体成形してあり、所定間隔を左右間で設定することで左右に対称的に配置される1組となっている。
【0020】
また、この左右で対となる支持枠体1相互は、これらの間に横架されて固定される連結アーム10によって連結される。この連結アーム10は、例えば円形パイプ材にて形成され、端部それぞれに、支持枠体1内側面にねじ止めさせる締結片11を例えば連結アーム10の端面において上下方向に突出される矩形状板材を固着することで形成してある。また、この連結アーム10は図示のように例えば前部枠部3の下部相互間、後部枠部4の下部相互間、同じく後部枠部4の上部相互間それぞれの3ヶ所に配されることで左右の支持枠体1相互を連結する。尚、支持枠体1における連結箇所である内側面部位には、締結片11を貫挿する締結ボルトがねじ込まれる例えばインサート金具が予め埋め込み状にして設けられている。
【0021】
支持枠体1における前部枠部3、後部枠部4の上端面である傾斜面には、その相互間でパネル支持枠15が傾斜状態で架け渡されることで固定される。このパネル支持枠15は、例えば断面でコ字形を呈する所定肉厚のチャンネル鋼材にて形成されており、所定の太陽電池パネルPを固定支持するに足りる長さを備えて前部枠部3、後部枠部4の上端面それぞれに、この上端面に予め埋め込み状に設けられたインサート金具に例えばねじ止めされることで相互間に架け渡される。
【0022】
次にこれの使用の一例を説明すると、左右で対となる支持枠体1、3本の連結アーム10、2本のパネル支持枠15等を1組として据え付け現場に搬入し、組み立てれば良く、据え付け場所の設置面上で底部枠部2にて載置することで左右に支持枠体1を所定間隔で配置し、その相互間を連結アーム10にてねじ止め連結し、また前部枠部3、後部枠部4の上端面相互間にパネル支持枠15を架け渡してねじ止め固定する。次いで、このパネル支持枠15に所定の太陽電池パネルPを固定する。
【0023】
また、撤去する場合には、太陽電池パネルPを取り外し、パネル支持枠15、連結アーム10の取り外しによって左右の支持枠体1それぞれに解体し、適宜に搬出すれば良く、次の使用時までの間は解体状態で例えば保管する。
【0024】
P…太陽電池パネル
1…支持枠体 2…底部枠部
3…前部枠部 4…後部枠部
5…載置安定部
10…連結アーム 11…締結片
15…パネル支持枠

(57)【要約】

【課題】組立・分解式として据え付け現場への搬入、撤去を容易にし、据え付け場所における調整も簡単に実施できる太陽光発電設備用基礎構造を提供する。【解決手段】据付面上に載置する底部枠部2、この底部枠部2の前端側に立脚状に連結している前部枠部3、同じく底部枠部2の後端部に、前部枠部3に比し高さを高くして立脚状に連結している後部枠部4から、側面からみてほぼ倒コ字形を呈する支持枠体1を一体形成する。この左右の支持枠体1相互は、支持枠体1相互間で横架する連結アーム10で連結し、前部枠部3、後部枠部4それぞれの上端面相互間に傾斜状にしてパネル支持枠15を架け渡して成る。支持枠体1の底部枠部2の側面部には、前部枠部3あるいは後部枠部4側から後部枠部4あるいは前部枠部3側に至るに伴い次第に広幅となるよう外側方に突出している載置安定部5をフランジ状にして一体形成する。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):