(54)【考案の名称】郵便ハガキ

(73)【実用新案権者】株式会社HONEST

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図2

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、顧客がクイズ形式のスクラッチを楽しみながらアンケートに答え、自らの住所氏名や電話番号等を書してポストに投函すると、予め、表示されている景品がゲットできるようにした郵便ハガキに関するものである。

【従来の技術】

【0002】
一般に、顧客のアンケート(ハガキ回答)を取るための郵便ハガキには、たとえば、特開平8−197875号がある。これは往復ハガキの往信葉書片と返信葉書片とを切り離したときに、そのカット位置が多少ずれてもマークシートのマーク(鉛筆で塗り潰してアンケートに答える部分)が欠けないようにし、返信葉書での回答に影響させない技術である。

【効果】

【0008】
本考案によれば、顧客がクイズ形式で楽しみながらアンケートに答えられるとともに、予め表示されている景品(たとえばクオカード)をゲットするために自らの住所氏名等を書して喜んでポストに投函できるという優れた効果を奏するものである。
【0009】
また、請求項2に記載の考案によれば、スクラッチ膜として削ったときにカスの出ないものであるため、削りカスで四囲を汚すことがなく、赤ちゃんやペットが口に入れる危険を生じさせないという優れた効果を奏するものである。
【0010】
さらに、請求項3に記載の考案によれば、最初の囲い枠欄からはじまり、スクラッチ膜を削って出た隠し記号にしたがって各囲い枠欄を順次進み、ゴールが出たら「あがり」になる、いわば「双六ゲーム」的の要素が得られ、楽しく遊びながら顧客に回答を求められるという優れた効果を奏するものである。

(57)【要約】

【課題】顧客がクイズ形式で楽しみながらアンケートに答えられ、しかも、ポストに投函後に、予め、表示されている景品(たとえばクオカード)がゲットできる楽しみがあるユニークにして面白いハガキを提供する。【解決手段】ハガキ1は、裏側の通信面に、複数個の囲い枠欄6と、個人情報の記入欄8と、景品表示欄7とを設け、前記複数個の囲い枠欄のうち、1つに開始マーク6b′を、他にA、B、Cの如く連続マークをそれぞれ付す。さらに、該連続マークを付した各囲い枠欄に質問と回答を記すとともに回答毎にスクラッチSを設け、顧客がクイズ形式で楽しみながらアンケートに答えられるようにする。また、スクラッチ膜の削りカスで周囲が汚されないようにしたこと、さらには、スクラッチ膜を削ったときに顕れる隠し記号の指示で先に進み、ゴールが出るとあがりになる、双六ゲーム的な要素を取り入れた。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):