(54)【考案の名称】食品用差札

(73)【実用新案権者】株式会社K.いしかわ

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は例えばケーキや菓子類に直接差して用いられる食品用差札に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
従来、この種の差札として、各種の輪郭形状の差札体の表面に文字や図形等の表示パターンが印刷により施された構造のものが知られている。
【0003】
しかして、この差札をケーキや菓子類等の表面に直接差し込み、食品の美感を高めたり、装飾的価値や宣伝的価値を高めたり、他社製品との差別化を高めたりするようにしている。
【0004】

【効果】

【0008】
本考案は上述の如く、請求項1記載の考案にあっては、差札体をケーキや菓子等の食品に差し込んで使用されることになり、この際、上記差札体の表面に文字や図形等の表示パターンが施され、かつ、上記差札体は中窓穴をもつシート状の差札枠に透光性を有する透光性フィルムを貼着積層形成してなるから、上記中窓穴の透光性フィルムを介して差札体の背景を額縁からの覗き見状に視認することができ、この中窓穴の透光性フィルムを介しての額縁からの覗き見状の視認により背景を立体感をもって視認することができ、装飾効果や宣伝効果等の表示機能を高めることができ、この付加価値により差別化や識別化を高めることができ、差札の商品価値を向上することができる。
【0009】
又、請求項2記載の考案にあっては、上記表示パターンは上記差札枠の表面に施されているから、差札枠の表示機能を向上することができ、又、請求項3記載の考案にあっては、上記表示パターンは上記透光性フィルムの表面に施されているから、透光性フィルムの商品価値を向上することができる。
【図面の簡単な説明】
【0010】
【図1】本考案の実施の第一形態例の斜視図である。
【図2】本考案の実施の第一形態例の分離斜視図である。
【図3】本考案の実施の第一形態例の断面図である。
【図4】本考案の実施の第一形態例の使用状態図である。
【図5】本考案の実施の第二形態例の斜視図である。
【図6】本考案の実施の第二形態例の断面図である。
【図7】本考案の実施の第二形態例の正面図である。
【図8】本考案の実施の第三形態例の正面図である。
【図9】本考案の実施の第四形態例の正面図である。
【図10】本考案の実施の第五形態例の正面図である。

【0011】
図1乃至図10は本考案の実施の形態例を示し、図1乃至図4は第一形態例、図5乃至図7は第二形態例、図8は第三形態例、図9は第四形態例、図10は第五形態例である。
【0012】
図1乃至図4の第一形態例において、1は差札体であって、外輪郭が菱形状に形成され、ケーキや菓子等の食品Wに差し込んで使用され、この差札体1は、紙材や合成樹脂材製にして菱形窓状の中窓穴Mをもつシート状の差札枠1aに例えば合成樹脂製の透光性を有する透光性フィルム1bを貼着積層形成した構造となっており、差札枠1aの表面に文字や図形、着色等の表示パターンPが印刷により施されている。尚、上記表示パターンPは上記差札枠1aの表面及び上記透光性フィルム1bの表面、又は、上記差札枠1aの表面のみ、又は、上記透光性フィルム1bの表面のみに施されることがある。
【0013】
この実施の第一形態例は上記構成であるから、図4の如く、差札体1をケーキや菓子等の食品Wに差し込んで使用されることになり、この際、上記差札体1の表面に文字や図形等の表示パターンPが施され、かつ、図2、図3の如く、上記差札体1は中窓穴Mをもつシート状の差札枠1aに透光性を有する透光性フィルム1bを貼着積層形成してなるから、上記中窓穴Mの透光性フィルム1bを介して差札体1の背景を額縁からの覗き見状に視認することができ、この中窓穴Mの透光性フィルム1bを介しての額縁からの覗き見状の視認により背景を立体感をもって視認することができ、装飾効果や宣伝効果等の表示機能を高めることができ、この付加価値により差別化や識別化を高めることができ、差札の商品価値を向上することができる。
【0014】
又、この場合、上記表示パターンPは上記差札枠1aの表面に施されているから、差札枠1aの表示機能を向上することができる。
【0015】
図5乃至図7の第二形態例は別例構造を示し、この場合、差札体1の外輪郭は正方形状に形成され、この差札体1は紙材や合成樹脂材製にして正方形窓状の中窓穴Mをもつシート状の差札枠1aに例えば合成樹脂製の透光性を有する透光性フィルム1bを貼着積層形成した構造となっており、透光性フィルム1bの表面に文字や図形、着色等の表示パターンPが印刷により施されている。
【0016】
又、この場合、上記表示パターンPは上記透光性フィルム1bの表面に施されているから、透光性フィルム1bの表示機能を向上することができる。
【0017】
図8の第三形態例は別例構造を示し、この場合、差札体1の外輪郭は円形状に形成され、この差札体1は紙材や合成樹脂材製にして円形窓状の中窓穴Mをもつシート状の差札枠1aに例えば合成樹脂製の透光性を有する透光性フィルム1bを貼着積層形成した構造となっており、透光性フィルム1bの表面に文字や図形、着色等の表示パターンPが印刷により施されている。
【0018】
図9の第四形態例は別例構造を示し、この場合、差札体1の外輪郭は楕円状に形成され、この差札体1は紙材や合成樹脂材製にして楕円状の中窓穴Mをもつシート状の差札枠1aに例えば合成樹脂製の透光性を有する透光性フィルム1bを貼着積層形成した構造となっており、透光性フィルム1bの表面に文字や図形、着色等の表示パターンPが印刷により施されている。
【0019】
図10の第五形態例は別例構造を示し、この場合、差札体1の外輪郭は四角状に形成され、この差札体1は紙材や合成樹脂材製にして四角窓状の中窓穴Mをもつシート状の差札枠1aに例えば合成樹脂製の透光性を有する透光性フィルム1bを貼着積層形成した構造となっており、差札枠1a及び透光性フィルム1bのそれぞれの表面に文字や図形、着色等の表示パターンPが印刷により施されている。
【0020】
これら第二形態例、第三形態例、第四形態例及び第五形態例にあっても、上記第一形態例と同様な作用効果を得ることができる。
【0021】
尚、本考案は上記実施の形態例に限られるものではなく、差札体1、差札枠1a、中窓穴M、透光性フィルム1bの外輪郭や窓穴の形状、大きさ、材質等は適宜変更して設計されるものである。
【0022】
以上、所期の目的を充分達成することができる。
【0023】
W 食品
M 中窓穴
P 表示パターン
1 差札体
1a 差札枠
1b 透光性フィルム

(57)【要約】

【課題】差札体をケーキや菓子等の食品に差し込んで使用されることになり、この際、上記差札体の表面に文字や図形等の表示パターンが施され、かつ、上記差札体は中窓穴をもつシート状の差札枠に透光性を有する透光性フィルムを貼着積層形成してなるから、上記中窓穴の透光性フィルムを介して差札体の背景を額縁からの覗き見状に視認することができ、この中窓穴の透光性フィルムを介しての額縁からの覗き見状の視認により背景を立体感をもって視認することができ、装飾効果や宣伝効果等の表示機能を高めることができ、この付加価値により差別化や識別化を高めることができる食品用差札を提供する。【解決手段】ケーキや菓子等の食品に差し込んで使用される差札体1の表面に文字や図形等の表示パターンPが施されてなり、差札体は中窓穴Mをもつシート状の差札枠1aに透光性を有する透光性フィルム1bを貼着積層形成してなる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):