(54)【考案の名称】真空式太陽電池モジュールラミネート装置

(51)【国際特許分類】

H01L 31/042

(73)【実用新案権者】日清紡メカトロニクス株式会社

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図6

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、真空式太陽電池モジュールラミネート装置に関する。

【従来の技術】

【0002】
現在、真空式太陽電池モジュールラミネート装置の基本構造は、素材搬入部、ラミネート部、及び加工品搬出部を順次連結して構成され、必要に応じて予熱部及び/或は冷却部が増設される。真空ラミネート工程は、ラミネート部において行われる。現行の太陽電池モジュールは、主に、ガラスと柔軟性裏面材とにより封止されている普通の太陽電池モジュールと、ガラスと硬性裏面材とにより封止されている特殊の太陽電池モジュールとがある。硬性裏面材は、主にガラス、セラミックス、ポリスチロールのプレス成形板などが含まれる。また、このような特殊の太陽電池モジュールは、主に結晶シリコン太陽電池モジュールと非結晶シリコン太陽電池モジュールとの二種類に分けられる。結晶シリコン太陽電池モジュールは、上面層のガラス、下面層の硬性裏面材及び中間層のシリコン電池素子により構成され、前記三者は熱溶融接着剤により接着される。非結晶シリコン太陽電池モジュールは、主に二種類の構造が用いられる。その一つは非結晶シリコン電池素子及び硬性裏面材により構成され、前記二者は熱溶融接着剤により接着される。もう一つは、上面層のガラス、下面層の硬性裏面材及び中間層の非シリコン電池素子により構成され、前記三者は熱溶融接着剤により接着される。硬性裏面材は、主にガラス板を採用するが、セラミックなどの硬質板を採用しても良い。太陽電池モジュールは、メインラミネート部によりラミネートされる際に、電池素子及びガラスを接着させる熱溶融接着剤が熔融され、太陽電池モジュールのエッジ部分にあった熱溶融接着剤が太陽電池モジュールの外部に流出する。よって、太陽電池モジュールのエッジ部分の熱溶融接着剤量が減少する。真空圧力の作用により、上層のガラスのエッジ部分が下方に彎曲する。ラミネートが完了すると、太陽電池モジュールに加えた圧力が除去され、上層のガラスの彎曲したエッジ部分は自身の回復弾性力により元の形状に回復する。よって、樹脂液体には外向きの引張力Fが作用する。さらに、太陽電池モジュールは冷却される工程においても、ガラスの外側の降温速度は内部より速いので、上下二層のガラスは温度が高くなると膨れ、温度が低くなると縮むという原理によって、ガラス外表面の収縮速度はガラス内表面の収縮速度より早くなり、ガラスのエッジ部分に外向きの収縮力が発生し、よって、熱溶融接着剤には外向きの引張力Fが作用する。前記二種類の引張力Fの作用によって、太陽電池モジュールのエッジ部分にあった熱溶融接着剤は外側で剥離し気体を侵入させ、太陽電池モジュール周辺に気泡が発生し、太陽電池モジュールの合格率と品質を低下させます。
【0003】

【効果】

【0007】
本考案の構造を採用した真空式太陽電池モジュールのラミネート装置は、メインラミネート装置において太陽電池モジュールに対して高温真空で加熱加圧が終了後、太陽電池モジュールを間もなくサブラミネート装置に搬送し低温で真空加圧を行う。サブラミネート装置の真空加圧の温度は熱溶融接着剤の溶解温度より低く、冷却過程の中で、下面のガラスが外側(辺縁)への引張変形を防止し、熱溶融接着剤に対するガラス変形の引張力を無くすことができ、それによって熱溶融接着剤の剥離を防止し、気体が熱溶融接着剤の内部へ侵入することを回避することができる。その他に、たとえ太陽電池モジュールはメインラミネート装置によりサブラミネート装置に搬送される時、熱溶融接着剤内に少量の気体の侵入があっても、サブラミネート装置で低温真空加圧を行う、そのため熱溶融接着剤内の気体を排除することができて、太陽電池モジュールの辺縁には気泡がなく、太陽電池モジュールの合格率と品質を向上させることがます。

(57)【要約】

【課題】太陽電池モジュールの辺縁に気泡を生じさせない真空式太陽電池モジュールラミネート装置を提供する。【解決手段】本真空式太陽電池モジュールラミネート装置は、1台のメインラミネート装置7とメインラミネート装置の後部に設けられている少なくとも1台のサブラミネート装置6を備えている。当該サブラミネート装置の構造は、従来のメインラミネート装置の構造を採用しても良い。本真空式太陽電池モジュールラミネート装置を用いて太陽電池モジュールをラミネートすれば、太陽電池モジュールの辺縁に気泡を生じることはなく、太陽電池モジュールの品質及び良品率を向上させる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):