(54)【考案の名称】名刺用紙並びに名刺

(73)【実用新案権者】株式会社イデア

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、名刺を渡した際に相手に強く印象付けることができ、カタログ、パンフレット、チラシ、説明資料、広告資料、文献、写真等の各種資料を収容するための、いわゆるクリアファイル、PPファイルなどと称される書類ホルダーとしても使用でき、名刺とカタログ等の資料を相手に同時に渡すことができる名刺を作成するための名刺用紙と名刺に関する。

【従来の技術】

【0002】
従来、名刺としては、いわゆる名刺サイズの名刺用紙に氏名、所属組織、役職、電話番号、FAX番号、メールアドレス等の必要事項を印刷したものが一般的に使用され、多くの場合、初対面のときに相手に交付されている。しかしながら、最近では、名刺が企業の営業活動に必要不可欠なものとなり、企業ではその効果を高めるため、統一した様式の名刺を使用することが多くなった。特に、営業活動においては、相手である顧客に名刺の交付者を強く印象付けるため、名刺の上に、従来の文字だけでなく、本人の顔写真、社屋の写真、製品の写真等を、フルカラーで印刷したものがでてきている。そして、これらのフルカラーの写真は、カメラやスキャナーで得た情報を、コンピュータ処理することにより、少ない枚数でも、安価に作成することが可能になっている。
これに加えて、営業活動においては、相手先にカタログ等の資料を交付することがしばしば行われる。このような場合、これらの資料は多くの場合、書類ホルダーに入れて交付されるが、書類ホルダーと一緒に名刺も渡されることが多い。その際の名刺の保存は、書類ホルダーに挟み込まれたり、貼り付けられたり、または、下記特許文献1に示されるように、書類ホルダーに設けられたポケットに収納されるなどして行われている。
【0003】

【効果】

【0006】
本考案によれば、名刺用紙の用紙本体を書類ホルダーの形状に構成したので、名刺とカタログ等の資料を同時に渡すことができ、名刺を渡した人を顧客に対して強く印象付けることができる名刺を提供できる。
また、前記用紙本体を書類ホルダーの展開形状に構成した場合、印刷がしやすく、また、印刷の自由度が広がりデザイン性にすぐれた名刺を提供できる。
また、前記用紙本体を紙で構成した場合、これまでの多くの名刺と同様に、環境に優しい名刺を提供できる。
また、前記用紙本体の表裏面ともに全面印刷を施すようにした場合、この全面印刷によって用紙本体を紙で構成した場合の強度を高めることができる。
また、本考案の名刺は書類ホルダーの形状に構成されているので、名刺とカタログ等の資料を同時に渡すことができ、名刺を渡した人を顧客に対して強く印象付けることができる。
【図面の簡単な説明】
【0007】
【図1】本考案名刺用紙の一実施の形態の平面図
【図2】同実施の形態の名刺用紙の印刷を施した状態を示す平面図
【図3】同実施の形態の名刺用紙を名刺にした状態を示す斜視図
【図4】本考案名刺用紙の他の実施の形態の平面図
【図5】同実施の形態の名刺用紙の斜視図
【図6】同実施の形態の名刺用紙に印刷を施した状態を示す平面図

【0008】
本考案の名刺用紙は、用紙本体を書類ホルダーの形状に構成したものである。
用紙本体の材質は、アート紙、コート紙、上質紙、カード紙等の紙や、ポリプロピレン、ポリエチレン等の合成樹脂など、特にその材質は限定されるものではないが、環境上の観点、あるいは、デジタル印刷に適している観点から、紙で構成するのが好ましい。
【0009】
前記書類ホルダーの形状は、特に限定されるものではないが、例えば、クリアファイル、PPファイルなどと称される書類ホルダーの形状に形成すればよい。通常は一枚の矩形の用紙本体を中心線に沿って折り曲げ、この折り曲げて形成された一辺と直交する一辺のみを糊付け、あるいは、両面粘着テープなどを用いて接合させて書類を収容できるような形状に形成すればよい。また、前記のように一枚の用紙本体を折り曲げて書類ホルダーに形成してもよいが、複数枚の用紙本体を用意して、これらを重ね合わせ、必要部分のみを接合させて書類を収容できるような形状に形成してもよい。
また、書類ホルダーの内部に仕切りシートを介在させて、書類の収容部分を複数個に区画形成してもよい。
【0010】
書類ホルダーの大きさは、A4版、A5版等の各種書類の規格に合わせた大きさに形成するのが保存上、管理上の観点からも便利であるが、特にその大きさは限定されるものではない。
尚、名刺としてその形状自体のアピール度を高めるためには、世に普及しているいわゆるクリアファイルの形状に似たものに形成するのが意外性を与える観点から好ましい。
【0011】
名刺として用いる際の印刷については、オフセット印刷、活版印刷、グラビア印刷、シルク印刷、デジタル印刷などその種類は限定されないが、小ロット印刷ができる観点からは、デジタル印刷が適している。
【0012】
名刺の上に印刷する項目としては、名刺を交付した人を顧客に対して強く印象付けるために、従来からの氏名や所属に加えて、交付者の顔写真や会社の建物の写真、あるいは、地図等を名刺の片面あるいは両面に印刷してもよい。通常の名刺に記載されている、氏名、所属組織、役職等に加えて、商品説明等、営業活動に役立つ、色々な項目を印刷することも可能である。
【0013】
尚、前記用紙本体を書類ホルダーの展開形状に構成した場合は、書類ホルダーの形状にしてしまうより印刷がしやすく、また、印刷の自由度が高まるので好ましい。
【0014】
また、用紙本体を紙で構成した場合には、用紙本体の表裏両面に全面印刷を施すようにすれば、樹脂フィルム等のコート処理をすることなく強度を高めることができる。
この全面印刷は名刺印刷の際に行っても、名刺印刷とは別個に行ってもよい。
【0015】
次ぎ、図面に基づき本考案の実施例につき説明する。
図1は、図中1で示される名刺用紙の一実施例を示すもので、図中10で示される用紙本体を書類ホルダーの展開形状に形成したものである。
前記用紙本体10はカード紙(四六版,180kg)からなり、中心線Lに沿って折り曲げ、このように折り曲げて形成された折り曲げ部11を介して連続する表側シート部12と裏側シート部13とを重ね合わせるとともに、前記裏側シート部の前記折り曲げ部11に直交して連続する一辺に形成した糊代14を利用して図略の両面粘着テープなどを用いて、前記表側シート部12と裏側シート部13を接合して、A4サイズの書類ホルダーに形成したものである。
尚、表側シート部12の折り曲げ部11の対向辺、即ち、開放側の一端には書類ホルダーを開きやすくするための切り欠き15を設け、既存のクリアファイルの形状に似た形状とした。
図2は前記名刺用紙1の用紙本体10に印刷Pを施した状態を示すもので、図3はその印刷Pを施した名刺用紙1の用紙本体10を折り畳んで名刺Mにした状態を示すものである。
【0016】
図4乃至図6は本考案の他実施例を示すもので、前記実施例では、用紙本体10を書類ホルダーの展開形状に形成して名刺用紙に構成したものであるが、本実施例では、図4の平面図及び図5の斜視図からわかるように、前記展開形状の用紙本体10を折り畳んで書類ホルダーの形状に形成したものである。このように、本実施例では、書類ホルダーの形状にしてから印刷Pを施すようにした。
【0017】
尚、図示の実施例では、印刷は表側シート部12と裏側シート部13の表面側のみに全面印刷Pを施すようにしたが、強度を増すためには、前記表側シート部12と裏側シート部13の裏面側にも全面印刷を施せばよい。
【産業上の利用可能性】
【0018】
本考案によれば、顧客にカタログ等の資料を提供する場合においても、名刺と資料を同時に渡すことができ、名刺を渡した人を顧客に対して強く印象付けることができる名刺とこの名刺を作成するための名刺用紙を提供することができるため産業上有用である。
【0019】
1 名刺用紙
10 用紙本体
11 折り曲げ部
12 表側シート部
13 裏側シート部
14 糊代
15 切り欠き
L 中心線
M 名刺
P 印刷

(57)【要約】

【課題】顧客にカタログ等の資料を提供する場合においても、名刺と資料を同時に渡すことができ、名刺を渡した人を顧客に対して強く印象付けることができる名刺とこの名刺を作成するための名刺用紙を提供する。【解決手段】用紙本体10を書類ホルダーの形状に構成した名刺用紙1に印刷を施して名刺とする。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):