(54)【考案の名称】太陽電池パネル支持構造体の支持金具及び該支持金具を用いた太陽電池パネル支持構造体

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図4

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、太陽電池パネル支持構造体の支持金具及び該支持金具を用いた太陽電池パネル支持構造体に関する。

【従来の技術】

【0002】
太陽電池パネルを地上に設置する場合や、建物の屋上、陸屋根などの上に設置する場合、太陽光発電モジュールの発電効率を上げるため、太陽に向かって所定の傾斜を設ける必要がある。通常、所定の傾斜は、太陽電池パネルを取り付ける架台を設置することにより実現されるが、架台は鉄やアルミニウム等のレールを組み合わせて設けられる。また、架台は、風等の風圧荷重で飛ばされたり転倒させられたりしないように架台取り付けのためのコンクリート基礎工事が必要とされる。このように、従来、太陽電池パネルの設置にあたっては、架台用に別途基礎を設けることが一般的である。確かに、上記別途基礎工事を行えば、架台はしっかりと固定され、強風にも耐えられる。しかし、上述の基礎工事について、基礎の製作に部材を必要としまた工事期間も長くコストもかかることである。また、上述の基礎工事を行い、架台を固定すると、該架台の移動や撤去が困難であり、また太陽電池パネルの着脱が容易ではなく、メンテナンスを容易に行うことができないという問題があった。
【0003】
そこで、本願出願人は、汎用ブロックと簡単な設置金具のみで太陽電池パネルを設置できる太陽電池パネル支持構造体を提案している(実用新案登録第3164142号公報)。図7に示すように、該太陽電池パネル支持構造体100は、太陽電池パネル102が、該外枠の四方の隅をそれぞれ第1の支持金具103及び第2の支持金具104に保持され、所定の傾斜角をもって支持された構造となっている。そして、第1の支持金具103は、太陽電池パネル102の外枠の一方を第1の取付部材105により保持し、第2の支持金具104は、該太陽電池パネル102の外枠の他方を第2の取付部材106により保持している。また、第1の支持金具103及び第2の支持金具104は、それぞれコンクリートブロック110a、110bを嵌合又は戴置することにより荷重を得るものである。
【0004】

【効果】

【0011】
本考案の支持金具によれば、太陽電池パネルが着脱自在であるため、取付施工が容易となる。
【0012】
本考案の支持金具によれば、支持金具の寸法は、汎用コンクリートブロックの規格の幅寸法に合わせるだけでよいため、材料費用及び設置費用が大幅に安価とすることができる。
【0013】
また、本考案の支持金具によれば、構造が簡単であるため、設置、移設または撤去が容易となる。ひいては、設計期間の短縮を図ることが可能になる。
【0014】
さらに、本考案の太陽電池パネル構造体によれば、太陽電池パネルの長手方向の長さや傾斜角に基づいて支持部材間の距離を調整することで、種々の長さ及び/又は幅の太陽電池パネルの設置に対応することができる。

(57)【要約】

【課題】太陽電池パネルを太陽電池パネル支持構造体から着脱自在にしかつ汎用ブロックをしっかり固定する支持金具を提供する。【解決手段】支持金具10は、太陽電池パネル支持構造体において、太陽電池パネル2を支持するとともにコンクリートブロックBを嵌合しかつ挟持する。太陽電池パネル2の一端の外枠を支持するために、所定の傾斜角で傾斜する支持板11と、支持板11の低端部から下方に延出し、延出した側部においてコンクリートブロックBに対向して延伸させた突出部12a等でコンクリートブロックBを挟持する第1の挟持板12とを設ける。さらに、支持板11の高端部から下方に延出し、延出した側部においてコンクリートブロックBに対向して延伸させた突出部13a等でコンクリートブロックBを挟持する第2の挟持板13と、を備える。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):