(54)【考案の名称】電子装置の載置構造

(73)【実用新案権者】天瑞企業股▲ふん▼有限公司

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図2

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、載置構造に関するもので、特に電子装置の充電もしくは機能拡充に応用し、更に携帯に便利等の効果を備えた載置構造に係わる。

【従来の技術】

【0002】
電子技術の発展に伴い、消費性電子製品は非常に速い速度で人々の生活に普及している。小型電子製品、例を挙げると、携帯電話、デジタルカメラ、PDA、ノート型パソコンもしくはMP3携帯音楽プレイヤー等これらの電子道具は軽薄短小だけではなく、更に携帯で使用出来る電池でなければならない。また、環境保護に対応するため、すでに大量に充電電池を使用しなければならず、その充電電池は一般にニッカド電池、ニッケル水素電池及びリチウム電池が使用されているが、それら充電電池はすべて充電装置によって充電が行われる。
【0003】
図1に示すとおり、公知の充電装置は、主に充電台11及び電池12を含む。該充電台11内部には充電回路 13が設置され、該充電回路13はプラグ14及び出力端子15と相互に連接し、該プラグ14及び出力端子15は充電台11の外部に設置される。また電池12は電子製品16の内部に設置され、該電池12は入力端子17と相互に連接し、該入力端子17は電子製品16の外部に設置される。
【0004】
上述の構造によって、公知の充電装置のプラグ14は、電源を供給するコンセント内に差し込み、コンセントから供給される交流電流が充電回路13内に入り、該充電回路13が交流電流を直流電流に転換し、該直流電流が出力端子15から伝えられる。上述電子製品16の内部電池12の電力が消耗されると、出力端子15を電子製品2
の入力端子 17と相互に連接し、出力端子15と入力端子17の連接によって直流電流が電池12内に入り、該電池12に対して充電する。
【考案が解決しようとする課題】
【0005】
解決しようとする問題点は、商業電力が提供する電源の充電装置、もしくは携帯式の充電装置(例としてパワーバンク)に関わらず、それは電子製品との間に分かれた二個の個体であるため、携帯便利性に劣る点である。

【効果】

【0007】
本考案の電子装置の載置構造は、電子装置の充電もしくは機能拡充に利用でき、携帯しやすい等の効果を備えるという利点がある。
【図面の簡単な説明】
【0008】
【図1】公知の充電装置のブロック指示図である。
【図2】本考案の載置構造の構造立体図である。
【図3】本考案の載置構造の構造指示図である。
【図4】本考案の載置構造の第一実施例使用状態指示図である。
【図5】本考案の載置構造の第二実施例使用状態立体図である。
【図6】本考案の載置構造の第三実施例構造立体図である。

【0009】
電子装置の充電もしくは機能拡充に利用でき、携帯しやすい等の効果を備える載置構造を提供することを本考案の主な目的とする。
【0010】
そのうち,該載置構造は、たわみ性材質で製造した主体及び少なくとも一吸着部品を設置する。該主体は少なくとも一穿孔を穿設し、該穿孔は該主体の相対する二表面を貫通する。該吸着部品は固定部及び該固定部両側から延びる吸着部を設置し、該吸着部品は該固定部によって該穿孔内に固定し、両側の吸着部はそれぞれ該主体の相対する二表面から露出する。
【0011】
本考案の吸着部品は可動式で、必要に応じて該吸着部品を特定位置の穿孔内に固定し、更に少なくとも一電子装置及びパワーバンクを相互に結合し電気連接するか、もしくは少なくとも一拡充モジュール及び電子装置を相互に結合して電気連接し、攜帶体積を減らして実用性を高める。吸着部品を設置しない穿孔は放熱に用いる。
【0012】
本考案「電子装置の載置構造」は、図2及び図3に示すとおり、該載置構造2は、たわみ性材質で製造した主体21及び少なくとも一吸着部品22を設置する。該たわみ性材質はゴム、ポリウレタン(Polyurethane;PU)、アクリル系もしくは性質改造した弾性体(エラストマーelastomer)材料とする。該主体21は少なくとも一穿孔211を設置し、該穿孔211は該主体21の相対する二表面212、213を貫通し、該吸着部品22は固定部221及び該固定部221の両側から伸びる吸着部222を設置する。該吸着部品22は、該固定部221によって該穿孔211内に固定し、両側の吸着部222はそれぞれ該主体の相対する二表面212、213から露出する。
【0013】
本考案の載置構造は、電子装置の充電使用に応用されるか、もしくは電子装置の機能拡充に応用される。該載置構造は吸着部品22によって少なくとも一電子装置30(携帯電話もしくは携帯情報端末(PDA)等携帯式電子装置もしくはノート型パソコンでもよい)及びパワーバンク40を相互に結合する。図4に示すのは、伝送ユニット(図未提示)で構成された電子装置30とパワーバンク40間の電力伝送である。もしくは少なくとも一拡充モジュール50及び電子装置30を相互に結合し、図5に示すとおり、該拡充モジュール50は伝送ユニット(図未提示)を電子装置30に差し込み電気連接して形成し、電子装置30を本体自体の機能の他に該拡充モジュール50を提供する機能を追加できる。例として、グローバル・ポジショニング・システム、録画機能、DVD機能、無線通信機能、ラジオ信号送受信機能がある。
【0014】
当然、ユーザーは、図6に示すとおり、該主体21上に設置する吸着部品22の数量及び位置を必要によって選択できる。また図4に示すとおり、載置構造全体を機能的にして実用性を提供し、吸着部品22を設置しない穿孔211は放熱に用いる。更に、本体上には大小異なる穿孔を設置し、且つ該穿孔と該主体の表面の連接箇所は面取りする(図未提示)。該面取りは弧形が該吸着部品を取り外ししやすい。他に、該主体内に蛍光粒子を添加すると、夜間もしくは暗い環境での標示効果を備える。
【0015】
更に本考案の載置構造主体は吸着部品と一体成型してもよい。成型全体のステップは簡単で且つ該たわみ性材質は任意の形状に成形し、各種異なる物品に設置し、電子装置の充電もしくは機能拡充に応用し、携帯時の体積を減らして実用性を高め、更に主体上に設置する穿孔も放熱に用いる。
【0016】
上述に示すとおり、本考案は電子装置の載置構造を提供し、法に基づき実用新案登録を申請する。但し、以上の実施説明及び図式の表示は、本考案の良好な実施例にすぎず、本考案を制限するものではない。拠って、本考案の構造、装置、特徴等と近似、雷同するものは、すべて本考案の考案目的及び請求範囲内に属するものとする。
【0017】
11 充電台
12 電池
13 充電回路
14 プラグ
15 出力端子
16 電子製品
17 入力端子
2 載置構造
21 主体
211 穿孔
212 表面
213 表面
22 吸着部品
221 固定部
222 吸着部
30 電子装置
40 パワーバンク
50 拡充モジュール

(57)【要約】

【課題】電子装置の充電もしくは機能拡充に利用でき、携帯しやすい等の効果を備える電子装置の載置構造を提供する。【解決手段】たわみ性材質で製造した主体21及び吸着部品22を設置する。該主体は穿孔211を穿設し、該穿孔は該主体の相対する二表面212,213を貫通し、該吸着部品は固定部221及び該固定部両側から延びる吸着部222を設ける。該吸着部品は該固定部によって該穿孔内に固定し、両側の吸着部はそれぞれ該主体の相対する二表面から露出する。各吸着部品は該主体上に選択的に固定し、該吸着部品によって電子装置及びパワーバンクを相互に結合し電気連接するか、もしくは拡充モジュール及び電子装置を相互に結合して電気連接し、攜帶体積を減らして実用性を高める。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):