(54)【考案の名称】リモコン送信機

(73)【実用新案権者】普鉅有限公司

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図8

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、リモコン玩具に関し、リモコン送信機をパーソナルモバイルのタッチ通信機器に配置し、ソフトウェアプログラムを起動してリモコン玩具をコントロールする技術範疇に係る。

【従来の技術】

【0002】
一般のリモコン玩具は、公知のリモコン9(図14参照)を付属しており、そのうち、公知のリモコン9は、ワイヤレスリモコン信号を送信し、エンコーダ及びワイヤレス送信機等の回路を内蔵する。リモコン信号は、公知のリモコン9上に配置した方向制御ボタン91と周波数帯選択ボタン92とプッシュボタン93と加速ボタン94等によって、前記回路を経て送信され、玩具をリモートコントロールする。
【0003】
また、現在、科学技術が日進月歩の発達を続ける中、パーソナルモバイル通信機器の超小型処理装置(CPU)、メモリ(RAM)、ディスプレイ(LCDパネル)のグレードは、益々アップしている。よって、パーソナルモバイルのタッチ通信機器は、通信機能を備えるほか、写真撮影、映像録画、映像及び音声の再生、インターネット、メールの送受信、文書編集、ゲーム等のその他作業が行える。しかも、元来の複数個のプッシュボタンを改良したタッチパネルによって、パーソナルモバイルのタッチ通信機器をリモートコントロールする目的を達成し、例えば、通信接続、映像及び音声の再生、写真撮影、無線LAN、ウェブサイト閲覧、文書編集、ゲーム等はすべてタッチモニタでの操作で実行できる。
【0004】
更に、現在のパーソナルモバイルのタッチ通信機器に内蔵の3軸重力センサ(g-sensor)によって、ゲームの人物方向をコントロールしたり、写真閲覧時に携帯電話を揺り動かすだけで自動的に方向転換させられる。
【考案が解決しようとする課題】
【0005】
しかしながら、公知のリモコンは体積が大きく、携帯に不便である。また、現在のパーソナルモバイルのタッチ通信機器は、機能が強化されたため、日に日に普及が続き、以後は一人が一つを所持するようにもなるだろう。なお、内蔵した3軸重力センサ(g-sensor)は、ゲームソフトのコントロールに使用するだけで、十分に運用されないなら、非常に残念なことである。
【0006】
本考案は、玩具のリモコンを整合するパーソナルモバイルのタッチ通信機器に配置するリモコン送信機を提供することを主な目的とする。
【0007】
本考案は、多種玩具の各リモコンを整合するパーソナルモバイルのタッチ通信機器に配置するリモコン送信機を提供することを次の目的とする。
【0008】
本考案は、パーソナルモバイルのタッチ通信機器を動かして玩具をリモートコントロールするパーソナルモバイルのタッチ通信機器に配置するリモコン送信機を提供することを目的とする。
【0009】
本考案は、リモコン信号の干渉を防ぎ、リモコン送信機を保護するリモコン送信機を提供することをもう一つの目的とする。

【効果】

【0018】
以上の説明から理解できるように、本考案と公知技術を比較すると、次に示す効果が確実に達成される。
【0019】
1.本考案は、玩具のリモコンをパーソナルモバイルのタッチ通信機器のリモコン送信機に整合させることができ、リモコン送信機をパーソナルモバイルのタッチ通信機器に取り付けるだけで、リモコン応用プログラムを起動し、玩具をリモートコントロールする。また、ユーザの利便性を高め、パーソナルモバイルのタッチ通信機器による娯楽性を多様化することができる。
【0020】
2.本考案は、リモコン応用プログラムに学習サブプログラムを別に内蔵し、多種リモコンのリモコン信号周波数を受信及び整合して使用するものであり、対応させて配置した複数個の周波数帯選択ボタンをユーザーが選択すると、パーソナルモバイルのタッチ通信機器によって多種の玩具をリモートコントロールすることができ、ユーザーの利便性を高められる。
【0021】
3.本考案は、パーソナルモバイルのタッチ通信機器の性能を十分に発揮することができる。リモコン応用プログラムをパーソナルモバイルのタッチ通信機器内部の重力センサ(g-sensor)に結合し、ユーザーがパーソナルモバイルのタッチ通信機器を揺り動かすことによって、玩具の運動方向をリモートコントロールするため、パーソナルモバイルのタッチ通信機器のタッチモニタに触れる必要がない。
【0022】
4.本考案は、パーソナルモバイルのタッチ通信機器にケースを被嵌することで、受信障害を防ぎ、リモコン送信機が飛び出したり抜け落ちるのを防ぎ、リモコン送信機の安全性を高め、それを保護する。
【図面の簡単な説明】
【0023】
【図1】本考案の実施例に関するリモコン送信機の構造図である。
【図2】本考案の実施例に関するリモコン応用プログラムのブロック図である。
【図3】本考案の実施例に関する3.5mmプラグを示した図である。
【図4】本考案の実施例に関する30ピンコネクタを示した図である。
【図5】本考案の実施例に関するマイクロユニバーサルシリアルバスプラグインタフェースを示した図である。
【図6】本考案の実施例に関するミニユニバーサルシリアルバスプラグインタフェースを示した図である。
【図7】本考案の実施例に関するユニバーサルシリアルバスと3.5mmプラグの変換ケーブルを示した図である。
【図8】本考案の実施例に関する動作の流れを示したブロック図である。
【図9】本考案の実施例に関し、単一機器で多種玩具の操作が可能であることを示した図である。
【図10】本考案の実施例に関し、ケースとの結合を示した分解図である。
【図11】本考案の実施例に関し、ケースとの結合を示した分解図である。
【図12】本考案の実施例に関し、ケースとの結合を示したもう一つの分解図である。
【図13】本考案の実施例に関し、ケースとの結合を示したもう一つの分解図である。
【図14】公知のリモコンの平面図である。

【0024】
図1から図7の本考案の実施例に示すとおり、本考案は、パーソナルモバイルのタッチ通信機器に配置するリモコン送信機に関するもので、リモコン送信機1とリモコン応用プログラム4とを含む。
【0025】
リモコン送信機1は、伝送インタフェース11と、エンコーダ2と、無線送受信モジュール3とを備え、前記部材は外殻体10内に配置し、伝送インタフェース11は、外殻体10に露出し突出する。そのうち、伝送インタフェース11は、3.5mmプラグ111、30ピンコネクタ112、マイクロユニバーサルシリアルバスプラグインタフェース113或いはミニユニバーサルシリアルバスプラグインタフェース114とし、パーソナルモバイルのタッチ通信機器5に設けた対応孔に挿入し、或いはユニバーサルシリアルバスと3.5mmプラグの変換ケーブル及びユニバーサルシリアルバス接続口56を運用し、パーソナルモバイルのタッチ通信機器5の制御データを受信し、エンコーダ2に伝送する。
【0026】
図3は、3.5mmプラグ111が3.5mmジャック52に挿入された図である。
図4は、30ピンコネクタ112が30ピン接続口53に挿入された図である。
図5は、マイクロユニバーサルシリアルバスプラグインタフェース113がマイクロユニバーサルシリアルバス接続口54に挿入された図である。
図6は、ミニユニバーサルシリアルバスプラグインタフェース114がミニユニバーサルシリアルバス接続口55に挿入された図である。
図7は、ユニバーサルシリアルバスと3.5mmプラグの変換ケーブル115を運用し、その一端は3.5mmジャック1151とし、且つリモコン送信機1の3.5mmプラグ111に挿入され、もう一端はユニバーサルシリアルバス接続口1152とし、パーソナルモバイルのタッチ通信機器5のユニバーサルシリアルバス接続口56に挿入された図である。
パーソナルモバイルのタッチ通信機器5の制御データを受信し、リモコン送信機1に伝送する。
【0027】
エンコーダ2は、受信したパーソナルモバイルのタッチ通信機器5のデータをエンコードしてデータを生成した後、無線送受信モジュール3に伝送する。無線送受信モジュール3は、エンコーダ2によってエンコードされた制御信号7をリモコン玩具8に送信し、玩具8の動きをコントロールする。
【0028】
図2及び図3に示したリモコン応用プログラム4を参照すると、該リモコン応用プログラム4は、パーソナルモバイルのタッチ通信機器5のメモリ内にプリインストールするか、遠隔サーバ(クラウドコンピューター)からダウンロードしてパーソナルモバイルのタッチ通信機器5のメモリ内にプリインストールする。また、リモコン応用プログラム4は、メインプログラム41と、ユーザインタフェースサブプログラム42と、学習サブプログラム44とを含む。そのうち、ユーザインタフェースサブプログラム42は、パーソナルモバイルのタッチ通信機器5のタッチモニタ51に示された複数個のプッシュボタンのタッチ入力信号を受信し、メインプログラム41によって受信されたユーザインタフェースサブプログラム42のタッチ信号は、計算、判読された後、更に、リモコン送信機1に送られる。
【0029】
また、ユーザインタフェースサブプログラム42は、パーソナルモバイルのタッチ通信機器5のタッチモニタ51に出力表示される複数個の方向操作ボタン421と、一つの加速ボタン422と、複数個の周波数帯選択ボタン423とを含んでいる。また、学習サブプログラム44は、無線送受信モジュール3を通して、その他の各種玩具8とリモコンのリモコン周波数(例えば赤外線)を受信して、パーソナルモバイルのタッチ通信機器5のメモリ内に保存する。尚、該リモコン周波数は、適時ユーザインタフェースサブプログラム42によって呼び出すことができる。
【0030】
図3から図9に示すとおり、前記部材の構成による本考案のリモコン送信機1から送信されるリモコン信号は、固定周波数とすることも可能であり、玩具8がその周波数に符合すれば、コントロールを受けられる。本考案は、各種の異なる周波数を選択して送信することを可能とする。言い換えれば、パーソナルモバイルのタッチ通信機器5に位置するリモコン応用プログラム4を実行し(該機器は、目下流行中のアイフォン、アイパッド、アイポッド、その他のタッチパネル通信機器またはタッチパネルを備えた携帯電話とする。)、リモコン応用プログラム4と玩具8の周波数を対応させる方式で、パーソナルモバイルのタッチ通信機器5を学習タイプ(或いは万用タイプ)のリモコンに変身させる。本考案の送信するリモコン信号が固定式、選択式のいずれかであっても、まず、リモコン送信機1の3.5mmプラグ111、30ピンコネクタ112、マイクロユニバーサルシリアルバスプラグインタフェース113、ミニユニバーサルシリアルバスプラグインタフェース114、ユニバーサルシリアルバスと3.5mmプラグの変換ケーブル115のいずれかをパーソナルモバイルのタッチ通信機器5に配置した対応孔に挿入して、パーソナルモバイルのタッチ通信機器5にプリインストールのリモコン応用プログラム4を実行する。メインプログラム41がユーザインタフェースサブプログラム42を呼び出して実行すると、タッチモニタ51には、複数個の方向操作ボタン421と、加速ボタン422と、複数個の周波数帯選択ボタン423等の多種タッチプッシュボタンが表示される。ユーザがこれらのタッチプッシュボタンの方向操作ボタン421に接触するだけで、玩具8(例えば、リモコンヘリコプター81、リモコン自動車82、リモコンボート83のいずれか一種)の運動方向をコントロールし、加速ボタン422によって、玩具8の加速と減速運動をコントロールし、定方向ボタン424によって玩具に特定方向の運動をおこなわせる。周波数帯選択ボタン423をタッチすることで、コントロールしたい玩具8(リモコンヘリコプター81、リモコン自動車82、リモコンボート83、その他リモコン玩具を含む)を選択できる。特に説明する点であるが、リモコンヘリコプター81またはその他の飛行玩具のリモートコントロールに応用する場合は、ユーザインタフェースサブプログラム42には、更に着陸ボタン425を備え、着陸ボタン425によって、リモコンヘリコプター81或いはその他飛行玩具の自動減速から着陸に至るまでをコントロールする。
【0031】
図8及び図9に示すとおり、本考案は、パーソナルモバイルのタッチ通信機器5の3軸重力センサ(g−sensor)機能を十分に応用し、リモコン応用プログラム4には更に、3軸重力センササブプログラム43を含み、該サブプログラムの内蔵によって、パーソナルモバイルのタッチ通信機器5を動かして玩具8をリモートコントロールする目的を果たす。例えば、ユーザーがパーソナルモバイルのタッチ通信機器5をX方向に揺らした時には、玩具8がX方向に動き、Y方向に揺らした時には、玩具8がY方向に動く。これにより、ユーザーはタッチ方向によって方向操作ボタン421を操作せずに、玩具8の運動方向をコントロールすることができる。
【0032】
図10及び図11に示すとおり、本考案のリモコン送信機1は、ケース6と一体成形することも可能である。また、ケース6は、ゴム材質によって製作し、事前に、リモコン送信機1の3.5mmプラグ111或いは30ピンコネクタ112をパーソナルモバイルのタッチ通信機器5に配置した対応孔に挿入した後、ケース6を調整してパーソナルモバイルのタッチ通信機器5の周囲に被嵌する。ケース6には弾性効果を備えさせてあるため、更に操作を簡単容易にし、尚且つ、パーソナルモバイルのタッチ通信機器5の受信障害を防ぐ。
【0033】
図12及び図13に示すとおり、本考案のリモコン送信機1の外殻体10は、ケース6と一体成形し、しかも相互に特定の角度θを呈する。また、ケース6は、ゴム材質によって製作し、折り線61を備え、リモコン送信機1の3.5mmプラグ111或いは30ピンコネクタ112をパーソナルモバイルのタッチ通信機器5に配置した対応孔に挿入した後、ケース6を調整してパーソナルモバイルのタッチ通信機器5の周囲に被嵌する。ケース6には弾性効果を備えさせてあるため、更に操作を簡単容易にし、尚且つ、パーソナルモバイルのタッチ通信機器5の受信障害を防ぐ。
【0034】
1 リモコン送信機
11 伝送インタフェース
111 3.5mmプラグ
112 30ピンコネクタ
113 マイクロユニバーサルシリアルバスプラグインタフェース
114 ミニユニバーサルシリアルバスプラグインタフェース
115 ユニバーサルシリアルバスと3.5mmプラグの変換ケーブル
1151 3.5mmジャック
1152 ユニバーサルシリアルバス接続口
2 エンコーダ
3 無線送受信モジュール
4 リモコン応用プログラム
41 メインプログラム
42 ユーザインタフェースサブプログラム
421 方向操作ボタン
422 加速ボタン
423 周波数帯選択ボタン
424 定方向ボタン
425 着陸ボタン
43 3軸重力センササブプログラム
44 学習サブプログラム
5 パーソナルモバイルのタッチ通信機器
51 タッチモニタ
52 3.5mmジャック
53 30ピン接続口
54 マイクロユニバーサルシリアルバス接続口
55 ミニユニバーサルシリアルバス接続口
56 ユニバーサルシリアルバス接続口
6 ケース
61 折り線
7 制御信号
8 玩具
81 リモコンヘリコプター
82 リモコン自動車
83 リモコンボート
θ 特定の角度
9 公知のリモコン
91 方向制御ボタン
92 周波数帯選択ボタン
93 プッシュボタン
94 加速ボタン

(57)【要約】

【課題】パーソナルモバイルのタッチ通信機器に配置するリモコン送信機を提供する。【解決手段】パーソナルモバイルのタッチ通信機器に配置するリモコン送信機1は、パーソナルモバイルのタッチ通信機器の制御データを受信し、エンコーダ2に送信する伝送インタフェースと、航空制御モジュールの信号をエンコードして制御信号を生成し、無線送信モジュール3に伝送するエンコーダと、エンコーダによってエンコードされた制御信号をリモコン玩具に送信する無線送信モジュールとを含んでなる。前記部材の組み合わせにより、パーソナルモバイルのタッチ通信機器を使用するだけで、玩具をリモートコントロールでき、便利性と娯楽性を高められる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):