(54)【考案の名称】災害時安心モード付(携帯)電話機

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、災害時安心モードを設けた(携帯)電話機に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
すでに(携帯)電話等には、災害用伝言版等が存在するが、本考案は、それとは別に新たなる角度から考案されたものである。
【0003】
【0004】
【考案が解決しようとする課題】
【0005】
災害時等緊急性が高く、かつ、(携帯)電話による通信手段がなかなか通じない場合に、比較的簡単に(携帯)電話を通じ、簡単なメッセージを送れること。

【効果】

【0007】
通常の1件当たり通信時間を約180秒(3分)と仮定し、本考案の1件当たり通信時間10秒と仮定すると、約18倍の通信が可能になる。また、通信回線の空き容量を確保するのにも役立つ。
【図面の簡単な説明】
【0008】
【図1】本考案の、災害時安心モード付(携帯)電話機の一実例を示す正面図。
【図2】本考案の災害時安心モード付(携帯)電話機(タッチパネル式)の一実例を示す正面図。
【図3】本考案の災害時安心モード同志で通信した場合の、発信者の発信画面および受信者の着信履歴画面。
【図4】本考案の災害時安心モードから通常モードへ通信した場合の発信者の発信画面および受信者の着信履歴画面。
【図5】通常モードから本考案の災害時安心モードへ通信した場合の発信者の発信画面および受信者の着信履歴画面。

【0009】
新機種の場合は、災害時安心モードに出入りするボタンを(携帯)電話機のどこかにつけます。
従来機種の場合は、プログラム変更などを行い、災害時安心モードへ出入りすることのできるボタンを(携帯)電話機のどこかに割り当てます。
【0010】
災害時安心モード同志で通信した場合[図3]
【0011】
災害時安心モードから通常モードへ通信した場合[図4]
【0012】
通常モードから災害時安心モードへ通信した場合[図5]
【0013】
1 (携帯)電話機本体
2 災害時安心モードと通常モードの切り替えボタン
3 専用ボタンが設けられない場合に他のボタンに割り当てる一例
4 ディスプレイ

(57)【要約】

【課題】災害時等緊急性が高く、かつ、(携帯)電話による通信手段がなかなか通じない場合に、比較的簡単に(携帯)電話を通じ、簡単なメッセージを送れる電話機を提供する。【解決手段】災害時安心モードに設定し、緊急通信として相手側の受信音を1回ならして切ることで、1件ごとの通信時間を短くすることができ、より多くのひとが通信できることに役立つ。通常の1件当たり通信時間を約180秒(3分)と仮定し、本件の1件当たり通信時間10秒と仮定すると、約18倍の通信が可能になる。また、通信回線の空き容量を確保するのにも役立つ。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):