(54)【考案の名称】携帯電話機用着信報知装置

(73)【実用新案権者】株式会社グルマンディーズ

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図2

【概要説明】

【分野】

【0001】
本願考案は、携帯電話機のジャックに取付けて使用される携帯電話機用着信報知装置に関する。

【従来の技術】

【0002】
従来の携帯電話機は電波をより感度良く受信するため、携帯電話機本体から突出した構造の外部アンテナを備えており、当該外部アンテナに発光機能を備えさせることによって、着信時の報知機能を付加する発明があった。
【0003】

【効果】

【0015】
本願考案によれば、携帯電話機のジャックに外部から装着可能であり、携帯電話機に着信があると、複数の発光部が発光し、装置本体ケース部の外形と合わせて漫画キャラクター、人形、乗物、建物、道具、野菜、果物、若しくは動物が表されることにより、使用者の注意を喚起して着信を報知することができる。
【図面の簡単な説明】
【0016】
【図1】着信報知装置1の概略を示す斜視図である。
【図2】着信報知装置1の内部構造の概略を示すA−A断面図である。
【図3】着信報知装置1の内部構造の概略を示すB−B端面図である。連結部3、制御部6、及び発光部8の内部構造については省略して示している。
【図4】制御部6及び発光部8のブロック図である。

【0017】
以下、本願考案に係る実施の形態を、図を参照しながら詳しく説明する。
【0018】
図1は本考案の一実施例を示す着信報知装置1の概略を示す斜視図である。
【0019】
着信報知装置1の装置ケース部2の外形は、猫のキャラクターの顔部分を模して立体的に形成されている。また、着信報知装置1には携帯電話機のジャックに着脱自在に装着可能な連結部3が形成されており、連結部3はその基端部4において装置ケース部2の上端部5と結合して形成されている。一方、装置ケース部2の内部には、図2に示すように制御部6と、制御部6と電気的に接続された切替部7と、制御部6と電気的に接続されて制御部6からの制御信号を受けて発光する複数の発光部8が配置されている。
【0020】
連結部3には、薄板状の金属板からなる電気伝導部9が設けられており、連結部3を携帯電話機のジャックに挿入することによって、着信報知装置1と携帯電話機とを装着すると同時に電気的に接続させることができる。また、電気伝導部9は制御部6とも電気的に接続されている。
【0021】
ここで、本実施形態において切替部7は押釦型の切替えスイッチであり、切替部7の先端部分が装置ケース部2の側壁11から外方に突出して設置されている。これにより、外部から切替部7の先端部分を指等で押し込むことによって、制御部6に対して切替信号を送信することができ、容易に発光部8の発光パターンPの種類を変更することができる。
【0022】
装置ケース部2は、制御部6及び発光部8等を収納するための空間を囲むように裏面板10、側壁11、及び表示板12によって構成されており、裏面板10には制御部6及び発光部8等が固定されている。また、側壁11の一部には貫通孔13が設けられており、当該貫通孔13から切替部7の先端部分が外方に突出している。
【0023】
装置ケース部2は、樹脂板を用いて成形されており、特に表示板12は、例えばアクリル樹脂などの透明の樹脂板14を用いて形成されている。さらに、本実施形態における装置ケース部2を構成する樹脂板の外表面には、図3に示すように塗料が薄く塗布されて塗膜15が形成されている。透明な樹脂の外表面を塗装することによって、装置ケース部2内部の電気回路構造を隠すことができると共に、携帯電話機の着信時には発光部8が装置ケース部2表面に形成するキャラクターの顔等の特定の形状を構成する発光パターンPのみを前記塗膜15を通して視認させることができる。また、光は塗膜15を透過する際に散乱するため、発光パターンPの輪郭にぼかし効果を与えることができ、発光部8の発光が直接目に入ることがなく、不快なまぶしさを軽減することができる。
【0024】
塗膜15の色は、本実施形態においては白色を用いたが、発光部8からの光が透過できれば特に制限されることはない。
【0025】
なお、複数の発光部8はそれぞれLEDによって構成されており、それぞれのLEDから放射される光の色は同一色でもよいが、多種類の色を用いて発光パターンPに色彩や変化を与えるように構成しても好ましい。
【0026】
発光部8は、装置ケース部2の内部に収納された制御部6と接続されており、制御部6から出力される制御信号によって、発光することが可能である。制御部6は、図4に示すように、発光部8の発光パターンPに対応した制御信号を送信する信号送信部16と、あらかじめ多種の発光パターンを記憶している記憶部17と、切替部7による切替信号を受けて制御部6が出力する発光パターンPに対応する制御信号を選択する選択部18とを備えて構成されている。制御部6は、連結部3を介して携帯電話機から電力の供給を受けて動作することができ、その制御機能は、ICやメモリチップ等の組み合わせによって実現される。
【0027】
携帯電話機は、内部アンテナ(図示せず。)によって受信した着信信号を携帯電話機の内部で電気信号に変換し、ジャック及び連結部3の電気伝導部9を介して制御部6に伝達する。携帯電話機から着信信号を受信した制御部6は、予め定められた発光パターンPに対応する制御信号を信号送信部16から発光部8に送信し、制御信号を受けた発光部8が発光する。使用者が切替部7を形成する押釦を押すと選択部18によって先の発光パターンPとは異なる発光パターンが記憶部17において選択される。続いて、対応する発光パターンに対応する制御信号が信号送信部16から発光部8に送信されて、当該制御信号を受けた発光部8が発光する。
【0028】
発光部8は、発光することによって発光パターンPを形成し、装置ケース部2の表面にキャラクターの顔等の特定の形状を形成することによって使用者に着信を報知する。
【0029】
本実施形態において、発光部8は装置ケース部2の内部に猫のキャラクターの顔を構成する目、鼻、口の形状を形成するように配置されている。したがって、制御信号を受けることによって発光部8から発せられた光によって、装置ケース部2の外形と合わせて猫のキャラクターの顔が構成される。
【0030】
1 着信報知装知
2 装知ケース部
3 連結部
6 制御部
7 切替部
8 発光部
12 表示板
P 発光パターン

(57)【要約】

【課題】アンテナ内蔵型の携帯電話機にも装着可能な着信報知機能装置を提供する。【解決手段】携帯電話機のジャックに着脱自在に装着可能な連結部3と、連結部に設けられ、携帯電話機が着信した際に携帯電話機内部で発生した着信信号を装置ケース部内部に伝達可能な電気伝導部9と、電気伝導部に接続され、前記電気信号の入力により制御信号を出力する制御部6と、制御部に対して制御信号の種類を切替えさせる切替部7とを備える。また、装置ケース部内に設置されると共に、前記制御部に接続され、制御信号により発光が可能な複数の発光部8を備え、前記発光部による発光からなる発光パターンと、装置ケース部の外形とを合わせ具備することによって漫画キャラクター等が表示されるようにして携帯電話機用着信報知装置1を構成する。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):