(54)【考案の名称】カラオケリクエストメモ帳

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、カラオケリクエストメモ帳、特に小型でポケットなどに収納携帯でき、使用時にはワンタッチで広げて一覧表示、閲覧ができ、不使用時にはワンタッチで折りたため小型化できるカラオケリクエストメモ帳に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
従来、カラオケリクエストメモ帳としては、例えば特許文献1に記載されたものがある。このカラオケリクエストメモ帳は、カラオケで、自分が歌いたい曲を探す時、多数収録されているリクエスト本から探す手間と時間を短縮するために、紙片に縦線、横線の罫線を入れて欄を作り、上端部に(1)歌手名、曲名(2)機種名(3)リクエストNO(4)キーコントロール(5)備考の見出しを付け、その下部欄を白紙とし、一度歌った時に記入しておくことにより、次回歌う時に素早く探せる様にするものである(特許文献1参照)。
【0003】

【効果】

【0008】
本考案によれば、自分が歌える曲や、練習したい曲を一覧表にしておく事により、次回、歌う時に素早く歌いたい曲を見つける事が出来る。
また、区画に書き込みをして表を作成するとき及び次回に歌うときに、折畳み体の表紙及び背表紙を互いに離れる方向へ引っ張るだけで素早く1枚の紙片を広げて各区画及び各種曲目を一覧表示でき、歌いたい曲が素早く選べる。
【図面の簡単な説明】
【0009】
【図1】本考案の一実施の形態に係るカラオケリクエストメモ帳の構成を示す展開図である。
【図2】上記実施の形態において区画の1つを拡大して示す図である。
【図3】上記実施の形態において紙片をミウラ折りにより折り畳んで出来た折畳み体を区画の面に対して側方から見た図である。
【図4】上記実施の形態において紙片をミウラ折りにより折り畳んで出来た折畳み体を表紙の斜め上方から見た図である。

【0010】
以上、本考案の実施例について図面で説明する。図1は本考案の一実施の形態に係るカラオケリクエストメモ帳の構成を示す展開図である。このカラオケリクエストメモ帳1は1枚の紙片により構成される。紙片は、縦、横方向に、ミウラ折りを現出する分割線、すなわち横方向分割線2と縦方向分割線3とにより複数の区画4に分割されている。この実施の形態では横方向分割線2は分割線2a、2bの2本が設定され、縦方向分割線3は分割線3a、3b、3c、・・・3nの複数本が設定され、それぞれの分割線2a、2b、3a、3b、3c、・・・3nにより複数の区画4(4a、4b、4cなどから成る)が設定されている。横方向分割線2及び縦方向分割線3は紙片の一辺から他辺まで(例えば分割線3aについてみれば、ポイント5からポイント6まで)直線に延びておらず、1つの区画から次の区画へ移る境界点でわずかに方向が交互にずれる直線の線分が連続的につながってできている。しかも直線の線分のずれ方は「交互」であるから、1つの境界点において右にある角度ずれたときは、次の境界点では左に同じ角度だけずれる、という規則性をもって設定されている。さらに上記ずれ量(ずれ角度)は直線に対して数度という小さな角度でよく、種々試行した中では6度±1度の角度が好ましいことが分かった。横方向分割線2同士(すなわち、分割線2aと2b)及び縦方向分割線3同士(すなわち、分割線3a、3b、3c、・・・3n)は上記直線の線分の範囲で互いに平行である。また、横方向分割線2同士及び縦方向分割線3同士の間隔(距離寸法)は全て同じに設定してある。したがって、各区画4a、4b、4cはすべて等しい平行四辺形で出来ている。
【0011】
図2は区画4の1つを拡大して示す図である。図2に示されているように、上述のようにして紙片の上に分割された各区画4(或いは4a、4b、4cなど)には(1)曲名、(2)歌手名、(3)機種名、(4)リクエストNO、(5)キーコントロール、(6)メモの各項目とその記入欄が設けられている。それぞれの項目の記入欄には、一度歌った時に記入しておくことにより一覧表を作成し、次回歌う時に素早く探せる様にできる。
【0012】
紙片に形成された横方向分割線2及び縦方向分割線3はそのまま折畳み線として使用される。そして、1枚の紙片を、前記複数の区画に分割した分割線2,3に沿ってミウラ折りにより折り畳むと、一つの区画と略同じ面積を持つ折畳み体とすることができる。図3は紙片をミウラ折りにより折り畳んで出来た折畳み体7を区画4の面に対して側方から見た図である。また図4は紙片をミウラ折りにより折り畳んで出来た折畳み体7を表紙の斜め上方から見た図である。これらの図には複数層の折畳み部(エッジ)8が表れている。この図で注目すべき点は、ミウラ折りにより折り畳まれているため、折り目の頂点9が重ならず少しずつずれていることである。これにより折り目の頂点9に負担がかからず折り目が傷みにくいという利点がある。この折り目の頂点9は3つの山折りと1つの谷折りから成り、すべての折り目が連動するから、折畳み動作及び開放動作(展開動作)が1つの動作により可能となる。また、折畳み体7の最上面及び最下面に対応する区画面には紙片よりも固い材質から成る表紙10及び背表紙11がそれぞれ設けられている。表紙10及び背表紙11にはカラオケリクエストメモ帳の紙片より厚い紙材を使用してもよいし、その他の材質、例えば合成樹脂、木材、布(強化されたもの)などを使用してもよい。また、表紙10及び背表紙11の一方又は両方の面積はラオケリクエストメモ帳の紙片を折り畳んでできた折畳み体7部分の面積(1つの区画4の面積にほぼ等しい)より幾分大きく、すなわち、表紙10又は背表紙11の上下辺部、又は左右辺部が区画4の辺部よりも外にはみ出すような大きさに成形することが好ましい。これにより、手指の引っ掛かりがよくなり、折畳み体7を展開する操作が行い易くなる。本考案のカラオケリクエストメモ帳を使用しないときは、一覧表である紙片を折り畳んで折畳み体7とする一方、区画4に記帳するとき及び歌う曲目を探すときは折畳み体7の表紙10及び背表紙11を互いに離れる方向へ引っ張るだけで素早く1枚の紙片を広げて各種曲目を一覧表示でき、歌いたい曲が素早く選べる。
【産業上の利用可能性】
【0013】
本考案は、使用しないときは一つの区画と略同じ面積を持つコンパクトな折畳み体であるカラオケリクエストメモ帳をポケットなどに入れておき、カラオケで記帳したいときや、自分が歌いたい曲を探すときに折畳み体の表紙及び背表紙を互いに離れる方向へ引っ張るだけで素早く1枚の紙片を広げて各種曲目を一覧表示でき、迅速な操作ができるという利点がある。
【0014】
1 カラオケリクエストメモ帳
2 横方向分割線
3 縦方向分割線
5、6 ポイント
7 折畳み体
8 折畳み部
9 頂点
10 表紙
11 背表紙

(57)【要約】

【課題】小型でポケットなどに収納携帯でき、使用時にはワンタッチで広げて一覧表示、閲覧ができ、不使用時にはワンタッチで折りたため小型化できるカラオケリクエストメモ帳を提供する。【解決手段】1枚の紙片上で縦、横方向に、ミウラ折りを現出する分割線2,3により分割された複数の区画4と、前記分割された各区画に設けられた曲目に関する各項目の記入欄と、前記1枚の紙片を、前記複数の区画に分割した分割線に沿ってミウラ折りにより折りたたんで、一つの区画と略同じ面積を持つ折畳み体を形成する。また、当該折畳み体の最上面及び最下面にそれぞれ設けられ、前記紙片よりも固い材質から成る表紙及び背表紙と、を備えてカラオケリクエストメモ帳とする。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):