(54)【考案の名称】土木用ブロック及び太陽電池パネルを設置した土木用ブロック

(73)【実用新案権者】株式会社原組

(73)【実用新案権者】景環システム株式会社

(73)【実用新案権者】三共スチール株式会社

(73)【実用新案権者】有限会社ランズスペース

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、擁壁等に用いられる土木用ブロック及び太陽電池パネルを設置した土木用ブロックに係り、更に詳しくは、土木用ブロックを積み上げる際の足場として利用でき、又は、太陽電池パネルを設置した土木用ブロックの場合には、太陽電池パネルのメンテナンス等を施すための足場として利用できる土木用ブロックに関する。

【従来の技術】

【0002】
従来より、切り土や盛り土によって出来た斜面(法面)の崩壊を防ぐために広く擁壁が構築されている。また、近年では、擁壁を構築するための土木用ブロックに太陽電池パネルを設置することにより、道路に面する山や土手、河川の堤防等の斜面を太陽光発電の場所として有効に使用することも提案されている(例えば、特許文献1参照)。
【0003】
しかしながら、このような土木用ブロックは、通常、コンクリート製で、嵩が大きく、且つ重量が大きいため、足場の悪い施工現場で積み上げることは容易ではない。また、太陽電池パネルは風雨に晒されると汚れや故障により性能が低下するか、甚だしき場合は機能を停止する恐れもあるため、日常のメンテナンスが必要になるが、メンテナンスの度に足場を構築することは煩雑であるはかりでなく、高コストとなるのを避けられない。
このような問題点を解決する方法としては、機能的構造物を有する土木用ブロックは容易に足場を組むことができる下層部のみに使用し、足場を組むのが困難なほど高いところにある土木用ブロックについては、例えば特許文献2、特許文献3に記載されているような、メンテナンスが不要で非機能的な土木用ブロックを使用する方法が考えられる。しかしながら、この方法では斜面を有効に利用することができない。
【0004】

【効果】

【0014】
本考案の土木用ブロックは、第2斜面部を土木用ブロックを積み上げる際の足場として利用できるので、土木用ブロックの積み上げ作業が容易である。また、土木用ブロックに太陽電池パネルを設置した場合には、別途足場を組むことなく、太陽電池パネルのメンテナンス等を施すための足場として利用することができるので、太陽電池パネルのメンテナンス等を安価且つ容易に行うことができる。更に、太陽電池パネルを擁壁が構築された後に土木用ブロックに設置する場合にも、足場として利用することが可能である。
さらに、本考案の、太陽電池パネルを設置した土木用ブロックは、斜面に積み上げられ擁壁が構築されると、太陽電池パネルは傾斜した状態となるので、太陽光を効率的に利用することができる。
【図面の簡単な説明】
【0015】
【図1】図1(a)は本考案の土木用ブロックの一例を示す正面図であり、(b)は(a)の側面図である。
【図2】図2は本考案の土木用ブロックの別の例を示す側面図である。
【図3】図3は本考案の土木用ブロックの更に別の例を示す側面図である。
【図4】図4は本考案の土木用ブロックに太陽電池パネルを設置した例を示す側面図である。
【図5】図5は本考案の土木用ブロックに太陽電池パネルを設置した別のの例を示す側面図である。
【図6】図6は図5の斜視図である。
【図7】図7は図5及び図6の土木用ブロックで構築した擁壁を示す概略図である。

【0016】
本考案の土木用ブロックBは、図1に示すように、底面部1の相対する2辺から立設された第1接合部2及び第2接合部3と、該第1接合部2及び第2接合部3から立ち上がり交差する第1斜面部4及び第2斜面部5と、前記底面部1の残りの2辺から立設された両側面部6、7とからなることを特徴とする。
【0017】
本考案において底面部1とは、切り土や盛り土による斜面の上に本考案の土木用ブロックBを敷設・積み上げる(以下、単に「積み上げる」と記載する)際に、斜面と直接接する部分である。この種の土木用ブロックBにおいては、底面部1によって土砂を押圧するとともに、この重みで土砂の崩壊を防いでいるため、積み上げれば隙間が殆ど出来ない形状、具体的には方形であるのが好ましい。
【0018】
前記底面部1の相対する2辺からは、第1接合部2及び第2接合部3が立設されている。本考案において、第1接合部2、第2接合部3とは、本考案の土木用ブロックBを斜面に積み上げる際に、一の土木用ブロックBが斜面の上下方向に隣接する他の土木用ブロックBと接合する部分である。その形状は上下方向に隣接する他の土木用ブロックBとの間に隙間が生じない形状であれば特に限定されず、最も単純には図1に示したような矩形の平面状が例示できる。
【0019】
この第1接合部2、第2接合部3には、図2に示したように、上下に隣接する土木用ブロックBと係合させるための凸部8及び/又は凹部9を設けてもよい。凸部8及び凹部9の形状は隣接する土木用ブロックBの凸部8及び凹部9と係合する形状であれば特に限定されず、図2に示した例では凸部8が半球状の突起であり、凹部9が前記凸部8と係合する半球状の窪みとされている。その他、凸条と溝の組み合わせ、波型同士の組み合わせ等が例示される。
また、第1接合部2と第2接合部3の両方に凸部8を設けたもの、両方に凹部9を設けたものでも本考案の土木用ブロックBとして使用できるが、この場合、両方に凸部8を設けたものと両方に凹部9を設けたものの2種類の土木用ブロックBを用意する必要が生じ、コストが上昇する。従って、第1接合部2と第2接合部3のいずれか一方に凸部8を設け、他方に凹部9を設けたほうが好ましい。
【0020】
前記第1接合部2からは、第1斜面部4が斜め上方に延設されている。本考案において第1斜面部4とは、必要に応じ、太陽電池パネルを設置する部分であり、後述の第2斜面部5と交差するように立ち上がっている。
第1斜面部4の形状は、太陽電池パネルを設置できる形状であれば特に限定されないが、図3及び図6に示すように、枠状、即ち縁部のみを残して中央部を大きく切除した形状にすれば、太陽電池パネルを土木用ブロックB内に収容することができる。また、このように、枠状とすれば太陽光が実質的に遮られず、太陽光の利用効率が向上する。
【0021】
前記第2接合部3からは、第2斜面部5が斜め上方に延設されている。本考案において第2斜面部5とは、本考案の土木用ブロックBを積み上げたり、前記第1斜面部4に設置、または土木用ブロックBの内部に収容して設置されたされた太陽電池パネルをメンテナンス等するための足場になる部分であり、前記の第1斜面部4と交差するように立ち上がっている。
第2斜面部5は、本考案の土木用ブロックBを切り土や盛り土により形成された斜面に積み上げた際に、略水平、即ち水平面又は歩行や作業が容易な程度に傾斜が抑えられた緩やかな斜面になるように形成される。即ち、第2斜面部5の底面部1に対する傾斜角αは、土木用ブロックBを積み上げる斜面の傾斜角度により適宜決定される。具体的には、通常の場合、切り土や盛り土により形成された斜面は、安息角を考慮して約25〜35度に形成されるので、第2斜面部5の底面部1に対する傾斜角αを約25〜35度にすれば、擁壁構築後の第2斜面部5を略水平にすることができ、足場として利用することができる。
第2斜面部5の形状は、歩行や作業が容易な形状であれば特に限定されず、最も単純には平面状が例示できるが、表面に滑り止め用の凹凸を設けたり、足を踏み外す等のトラブルを防止するために周囲に縁石等を設けてもよい。
【0022】
第1斜面部4と第2斜面部5の大きさは、第2斜面部5は足場として利用できる大きさであればよく、一方、第1斜面部4は、必要に応じ、太陽電池パネルが設置されるので、大サイズの太陽電池パネルでも設置できるようにするとともに、積み上げる土木用ブロックの数を少なくてすむように、できるだけ大きめに設計するのが望ましい。
【0023】
前記底面部1の残りの2辺からは両側面部6、7が立設されている。本考案において両側面部6、7とは、本考案の土木用ブロックBを斜面に積み上げる際に、一の土木用ブロックBが斜面の左右方向に隣接する他の土木用ブロックBと接合する部分である。その形状は、左右方向に隣接する他の土木用ブロックBとの間に隙間が生じない形状であれば特に限定されず、最も単純には図1に示したような平面状が例示できる。
また、図3に示すように、両側面部6、7の形状を枠状、即ち縁部のみを残して中央部を大きく切除した形状にすれば、太陽電池パネルの発生する熱を逃がすための通気経路が形成され冷却されるので、高性能を維持することができる。また、太陽光が実質的に遮られないので、太陽光を効率的に利用することができる。尚、この両側面部6、7にも、必要に応じ、第1、第2接合部と同様に、凸部及び/又は凹部を設けることができる。
【0024】
本考案の土木用ブロックBに設置される太陽電池パネルPの形状や大きさについては特に限定されないが、太陽光を有効に活用するためには、可能な限り大きいほうが好ましい。太陽電池パネルPの種類については、太陽光を受けて起電力を得ることができるパネルであれば特に限定されない。
【0025】
太陽電池パネルPは、本考案の土木用ブロックBの第1斜面部4上に設置されるか、又は、該土木用ブロックBの内部に収容されて設置される。本考案の土木用ブロックBは、斜面上に積み上げられるので、たとえ太陽電池パネルPを底面部1と平行に固定して設置しても一定の傾斜角度を有し、太陽光を効率的に利用することができる。
しかし、図4や、図5及び図6に示すように、必要に応じて、太陽電池パネルPを太陽の動きに追随させたり、或いはメンテナンスの利便等のために、傾斜角度を調節可能に設置することが好ましい。
傾斜角度は、タテ方向及び/又はヨコ方向に調節可能とされ、傾斜角度は特に限定されないが、太陽電池パネルPを太陽の動きに追随させる場合は5〜30度程度が好ましく、メンテナンス性を向上させるためには90度まで立てることが出来るようにするのが好ましい。傾斜角度を調節する具体的手段は特に制限されず、例えば、軸と軸受、蝶番、伸縮可能なアーム等が例示される。
図4では、土木用ブロックBの第1斜面部4上に、フレーム10を介して太陽電池パネルPが設置手段(図ではヒンジ)により傾斜角度を調節可能に設置されている。また、図5及び図6では、土木用ブロックBの内部に太陽電池パネルPが収容され、設置手段(図ではヒンジ)により傾斜角度を調節可能に設置されている。
尚、太陽電池パネルPは予め土木用ブロックBに設置又は収容されていてもよく、また、土木用ブロックBを積み上げて擁壁を構築してから太陽電池パネルPを設置又は収容してもよい。後者の太陽電池パネルを後付けする場合にも、第2斜面部を足場として利用できるので作業性が良好である。
【0026】
本考案の土木用ブロックBの材質については、土圧に耐える程度の強度と斜面の崩壊を防ぐ程度の重量がある材質である限り特に限定されないが、通常、コンクリート又は鉄筋コンクリート製とするのが好ましく、必要に応じ、軽量コンクリート製であってもよい。
【0027】
本考案の土木用ブロックBは、図7に示したように、切り土や盛り土により形成された斜面に積み上げて擁壁を構築するために使用される。擁壁の構築方法は従来の土木用ブロックに用いられている常法でよい。
本考案の土木用ブロックBは、第2斜面部5の傾斜角度が略水平になり、足場として利用できるように積み上げられる。具体的には、切り土や盛り土の斜面の傾斜角度を土木用ブロックBにおける底面部1に対する第2斜面部5の傾斜角に合わせるか、或いは、底面部1に対する第2斜面部5の傾斜角が切り土や盛り土の斜面の傾斜角度に近い土木用ブロックBを選択することにより、擁壁を構築した際に、第2斜面部5を略水平にすることができる。
これにより第2斜面部5を足場として利用し、作業者がこの上に立って、本考案の土木用ブロックBを積み上げたり、該ブロックBに設置された太陽電池パネルPのメンテナンス等を行うことが出来る。
尚、図7において、一般に使用される、上下の土木用ブロックを連結固定するための連結プレート、土木用ブロックの裏面に取り付けられる連結ブラケット及びこれに連結され土中に埋設される樹脂製の網状物や金網からなる補強材、土木用ブロックの最下部に配される根石ブロック等は省略されている。
【産業上の利用可能性】
【0028】
本考案の土木用ブロックは、第1接合部及び第2接合部から立ち上がり交差する第1斜面部及び第2斜面部を有するので、斜面に積み上げ擁壁を構築する際には、第2斜面部が略水平となり、土木用ブロックを積み上げる際や、積み上げた土木用ブロックに太陽電池パネルを後付けする際の足場として利用できる。また、太陽電池パネルを設置した土木用ブロックの場合には、別途足場を組むことなく、太陽電池パネルのメンテナンス等を施すための足場として利用することができる。
【0029】
B 土木用ブロック
1 底面部
2 第1接合部
3 第2接合部
4 第1斜面部
5 第2斜面部
6、7 両側面部
8 凸部
9 凹部
10 フレーム
P 太陽電池パネル
H 設置手段

(57)【要約】

【課題】土木用ブロックを積み上げる際ちは足場として利用でき、また、太陽電池パネルを設置した土木用ブロックの場合には、太陽電池パネルのメンテナンス等を施すための足場として利用できる土木用ブロックを提供する。【解決手段】底面部1の相対する2辺から立設された第1接合部2及び第2接合部3と、該第1接合部2及び第2接合部3から立ち上がり交差する第1斜面部4及び第2斜面部5と、前記底面部1の残りの2辺から立設された両側面部6、7とからなる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):