(54)【考案の名称】端子カバー移動機構を有する充電端子部の構造

(73)【実用新案権者】株式会社ナカヨ通信機

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図2

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、充電機器における充電端子部の構造に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
従来の自充電器における充電端子部の構造は、常に充電端子が露出している状態であり、人体との接触によって充電端子に異物が固着して接触不良が発生し易いという欠点があった。
これを改善する技術として、充電される電子機器側の受電端子と自充電器側の充電端子を摺動させて異物を掻き出すことにより、接触不良を防止する技術がある(例えば特許文献1)。
【0003】

【効果】

【0007】
本考案によれば、電子機器の非載置時には自充電器の端子カバーによって充電端子を保護し、載置時には電子機器による載置動作と連動して端子カバーが充電端子を露出させる方向に移動し、電子機器を充電できる。よって、自充電器において人体との接触から充電端子を保護し、電子機器の載置時にのみ、充電端子を露出させる充電端子部の構造を着脱性を阻害せずに提供することができる。
【図面の簡単な説明】
【0008】
【図1】本考案による一実施例である電子機器非載置状態を示す図
【図2】図1のA−A線に沿った充電端子保護状態における充電器筐体の断面図
【図3】本考案による一実施例である電子機器載置状態を示す図
【図4】図3のB−B線に沿った充電端子接続状態における充電器筐体の断面図
【図5】図4のC部拡大図

【0009】
以下、図面を参照して本考案の実施の形態について詳細を説明する。
【0010】
図1は、本考案による一実施例である電子機器非載置状態を示す図であり、コードレス電話機を例として説明する。11は充電器筐体、12はリブ、13は端子カバー、14は孔である。充電器筐体11は、リブ12を有するため、電話機筐体を載置するとき、載置方向を矯正する。載置方向が充電器筐体11に対して明らかに誤っている場合、載置が不可能な構造となっている。端子カバー13は、充電端子部に対応する孔14がある。
【0011】
図2は、図1のA−A線に沿った充電端子保護状態における充電器筐体の断面図である。11は充電器筐体、13は端子カバー、14は孔、15は充電端子、16はバネである。電子機器非載置状態において、充電端子15は端子カバー13の孔14の内部に納まっている。
【0012】
図3は、本考案による一実施例である電子機器載置状態を示す図であり、11は充電器筐体、21は電子機器筐体である。
【0013】
図4は、図3のB−B線に沿った充電端子接続状態における充電器筐体の断面図である。11は充電器筐体、21は電子機器筐体である。
【0014】
図5は、図4のC部拡大図である。11は充電器筐体、13は端子カバー、14は孔、15は充電端子、16はバネ、21は電子機器筐体、22は受電端子である。充電器筐体11に電子機器筐体21を載置することによって、図5に示すように電子機器が自重によって、端子カバー13を押しながら載置されると、端子カバー13は充電端子15が孔14から露出する方向に移動し、端子カバー13の孔14から充電端子15が露出し、受電端子22に接触し、充電が可能となる。
【0015】
また、充電後に電子機器筐体21を充電器筐体11から外すと端子カバー13はバネ16の反力によって端子カバー13を元の位置に戻す。端子カバー13が元の位置に戻ることによって充電端子15は端子カバー13に覆われ、図2の状態に戻る。この機構を用いることで非充電時には端子カバー13によって充電端子15を外部から保護するため、自充電器において人体との接触から充電端子15を保護し、電子機器の載置時にのみ、充電端子を露出させる充電端子部の構造を着脱性を阻害せずに提供することができる。
【0016】
上記はあくまでも一実施例であり、電子機器の着脱動作に連動して端子カバーの移動が出来ていれば良く、端子カバーの移動に発条、機能性流体等を用いることもある。また、リブは電子機器筐体を正常に載置できればよく、リブ以外のものを用いても良い。
【0017】
以下、従来の構造と対比して、本考案の作用と効果を説明する。
従来構造では電子機器を自充電器に載置すると、自充電器の充電端子と電子機器の受電端子とが接触することによって充電が可能となるが、電子機器を充電器に載置しない状態においては充電端子が露出しており、人体との接触によって充電端子に異物が固着し、充電が不可能となる問題点がある。
【0018】
これに対し、充電器筐体11は電子機器非載置状態において、図2にあるとおり、人体との接触から充電端子14を保護することができる効果がある。
【0019】
以上説明した通り、本考案によれば、充電器筐体11に電子機器筐体21を載置しない場合において、充電端子15を人体との接触から保護できる充電端子部の構造を提供できる。また、コードレス電話機による本実施例は一例であり、充電端子と受電端子にて充電を行う機構を持つもの、例えば携帯電話、LEDライト、二次電池の充電機構等に用いても良い。
【0020】
11 充電器筐体
12 リブ
13 端子カバー
14 孔
15 充電端子
16 バネ
21 電子機器筐体
22 受電端子

(57)【要約】

【課題】電子機器を充電する自充電器において人体との接触から充電端子を保護し、電子機器の載置動作に連動して充電端子が孔から露出する方向に移動する端子カバーと端子カバーを保持するカバー保持機構を提供する。【解決手段】自充電器11に電子機器が載置されると、充電端子15が孔14から露出する方向に端子カバー13が移動する端子カバーと端子カバーを保持するカバー保持機構構造を有し、端子カバーが充電端子を露出するための孔14を設ける。これにより、電子機器載置時にのみ端子カバーが移動し、充電端子が端子カバーの孔から露出し電子機器の受電端子に接触するため充電でき、電子機器を外したときには端子カバーが元の場所に戻ることで、充電端子を人体との接触から保護できる様になる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):