(54)【考案の名称】ヘラ板の収納カバー

(73)【実用新案権者】株式会社源邑光北野刃物製作所

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、ヘラ板の刃縁部を保護するカバーと定規を兼ね合わせたヘラ板の収納カバーに関するものである。

【従来の技術】

【0002】
従来地ベラは壁紙を切断する時に、またパテベラは壁紙を貼る前や塗料を塗る前処理でパテを詰める時に使用するが、ヘラ板の刃縁部はカバー等で保護されないまま、作業中地ベラの収納は腰袋に収納し作業後も腰袋に収納していた。また、パテベラも刃縁部が保護されないまま、パテを盛るパテ板の上に放置されたり、作業後はバケツ等に雑に収納されていた。そして、壁紙と壁紙が合わさった部分を切断する時に使用する指穴を有する定規は、指穴に指を挿入して使用していた。
【0003】

【効果】

【0006】
上記の様に本考案の収納カバーは、差込口の上縁には上向きに開いたテーパー面を形成しているのでヘラ板の板厚より微小な厚みの差込口であってもテーパー面に案内されてヘラ板が容易に差し込めるし、且つ、差込口の開口側面は垂直に形成されており、収納カバーを被覆した時、ヘラ板の揺れによるヘラ板の変化がないので引き抜きもスムーズに行える。
【0007】
従って、ヘラ板の収納カバーで刃縁部の全長を覆うことにより、腰袋に地ベラを収納時に刃縁部の先端で腰袋が破損することも無く、また腰袋より飛び出した刃縁部の先端で作業者が破傷することもないし、地ベラやパテベラを不注意により落下したり、雑に収納してしまっても刃縁部が収納カバーで保護されているので破損することはない。
【0008】
また、ヘラ板に収納カバーを被覆した状態で定規として壁紙を切断できる。この場合、地ベラの握手部の付近を、五本の指を添えて作業するので、従来の指穴に指を二本挿入していた壁紙の切断作業に比べて指にかかる負担が軽減されるし、収納カバーを覆わせたまま切断が出来るので作業効果も期待できる。
【0009】
さらに、ヘラ板は差込口の垂直な開口側面に装着されているので、地ベラを壁紙に押しつけてもヘラ板に揺れや変化がなく正確に切断作業が行える。
【0010】
なお、ヘラ板の収納カバーには定規の目盛が側面に設けてあるので、定規として単体でも使用出来るし、しかも本体は硬質の樹脂製等の部材を用いているので、加工が容易に行えるので意匠性にも優れている。

(57)【要約】

【課題】定規を兼ね合わせたヘラ板の収納カバーであって、ヘラの刃縁部に覆わせて破損等を防止するヘラ板の収納カバーを提供する。【解決手段】地ベラ及びパテベラ2の握手部1はステンレス等の薄板状の金属板を切削加工等で形成されたヘラ板2の中央に立上がり状に配置させた巾広状の支持基板の下部にリベットで固定されている。収納カバー4はヘラ板2に覆わせる硬質の樹脂製等の部材で形成されている。差込口はヘラ板2の板厚よりごく微小の厚みで開口側面を垂直に形成してなる。そして、該差込口の上縁には幅方向に上向きに開いたテーパー面が形成されておりヘラ板2の案内をスムーズにしている。さらに、定規の目盛6を、収納カバー4の該差込口の他方の長手方向の側面に設ける。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):