(54)【考案の名称】非常用可搬型電源装置

(73)【実用新案権者】株式会社 データ総研

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、停電時にビジネスホンなどの通信設備や、卓上照明器具、或いはパソコンやその他のOA機器等の各種電子機器の使用を確保するための非常用可搬型電源装置に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
大地震や台風、或いは火災などの広域災害によって社会のインフラシステムが破壊され大規模な停電が生じた場合、オフィスや一般家庭において、パソコン等のOA機器や各種の通信機器の動作が停止してしまい、業務や日常生活の継続に重大な支障を招くことになる。さらに、このような大規模停電が夜間に発生した場合は、照明器具の消灯によって人々の間にパニック等の事態を引き起こすおそれも危惧されている。
【0003】
従来、このような大規模停電への対策として、各種の非常用電源装置に関する発明が数多くなされている。例えば、特許文献1には長時間の停電に対しても瞬時停電が無く、かつ安定した電圧・位相等の交流電源を供給できる非常用電源装置が示されている。また、特許文献2には停電時における照明の提供や、電源設備のない所でも使用可能な小型の充電型・移動式照明システムが開示されている。
【0004】

【効果】

【0011】
本考案による非常用可搬型電源装置によれば、小型・簡易な構造にも関らず、信頼性・耐久性が高く、停電時に必要最小限の通信機器やOA機器、或いは照明器具等のバックアップが可能な可搬型の電源装置を極めて低コストで実現することができる。

(57)【要約】

【課題】小型・簡易な構造にも関わらず、停電時に通信設備やパソコンなどのOA機器等を十分にバックアップすることが可能な、信頼性・耐久性の高い非常用可搬型の電源装置を提供する。【解決手段】商用交流電源から所定の直流電圧を生成する充電器11と、入力ヒューズ12を介して充電器11に接続された高耐久性蓄電池13と、サーキットブレーカ14を介して高耐久性蓄電池13に接続されたインバータ15と、高耐久性蓄電池13の電極端子間に接続された蓄電池容量残量計16と、前記の各構成要素が一体に装着内蔵された可搬型ケース17とから構成される非常用の可搬型電源装置。インバータ15より所定の交流電圧を出力することができる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):