(54)【考案の名称】テニス用スコアーボード

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、持ち運び可能な簡易型のテニス用スコアーボードに関し、特にゲーム取得数表示部と、ポイント取得を表面パネルに表示を可能にしたテニス用スコアーボードに関するものである。

【従来の技術】

【0002】
テニスプレー等のサーブ側とレシーブ側とが存在する競技において、両者の得点を表示する場合に、複数ゲームからなる試合が終わるまで、掲示する必要がある。この掲示方法として表面と裏面の色を相違させたピースに二つの穴を開け、ゴム紐で表面パネルにピース1個1個を結びつけることにより反転できるようにした7個のピースで、デジタル表示の文字0〜9までを表示する。
【0003】

【効果】

【0006】
ゲーム取得数を7つの長手状ピースの反転することで表示できる表示部がピースの反転方向が偏る、つまり同一方向に何回も反転させるとゴム紐がよじれて切れやすいが、本考案はこのピース複数個を1本のゴム紐を表面パネルの細孔とピース細孔とに渡して、このピースを反転自在に表面パネルに弾着したのでゴム紐が比較的長くなり、ひずみが緩和されるので弱点が解消され、しかも反転操作がスムーズになりかつ、非常にシンプルな構成になったので生産性も向上する効果がある。

(57)【要約】

【課題】テニス対戦者同士のゲーム取得数とポイント取得をピースの反転させる簡単操作で表示できるスコアーボードを提供する。【解決手段】ゲーム取得数を7つの長手状で表面と裏面の色を相違させかつ、端部に細孔を設けたピースを反転することで表示できる表示部と、ポイント取得をピースの反転することで表示できる表示部を備え、ピース裏面の色と同色で多数の細孔を有する表面パネルに、このピース複数個を1本のゴム紐を表面パネルの細孔とピース細孔とに渡して、このピースを反転自在に表面パネルに弾着した。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):