(54)【考案の名称】足場

(73)【実用新案権者】ダイチメンテナンス株式会社

(73)【実用新案権者】株式会社ニューテック康和

(73)【実用新案権者】株式会社ピーエス三菱

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、複数列の杭の中間部に仮設される足場に関する。

【従来の技術】

【0002】
従来より、複数列の杭に床版が支持された橋梁や桟橋等の構造物の下面を対象とした点検や塗装や補修等を行う場合、その複数列の杭の中間部に足場を一時的に仮設し、作業足場として使用している。
【0003】
このような足場は一般に、地表面から組み上げられているが、例えば桟橋のように、地表面から足場を組み上げることが不可能な場合には、吊り足場が採用されている。
【0004】
この吊り足場は、床版の下面にアンカー材を打ち込み、そのアンカー材から吊りチェーンで鋼管を吊り、その鋼管上に足場板を敷き並べて足場床とするものである(例えば、特許文献1参照。)。

【効果】

【0009】
本考案の足場によれば、従来の吊り足場に比して、組み立てや解体が容易であり、また作業性や安全性に優れる。

(57)【要約】

【課題】組み立てや解体が容易であり、また作業性や安全性に優れた足場を提供する【解決手段】複数列の杭210の中間部に仮設される足場100であって、各列の杭210の周囲を囲繞しほぼ水平姿勢に張設したPC鋼より線120と、各列の杭杭210の両側面の足場架設レベルに取り付けられPC鋼より線120を支承する吊り金具112と、PC鋼より線120に緊張力を付与しその端部を定着する定着金具と、PC鋼より線120上に敷き並べられた鋼管130と、鋼管130上に載設されたエキスパンドメタル(穴あき薄鋼板)140とからなる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):