(54)【考案の名称】植物棚パーティション

(73)【実用新案権者】国土緑化株式会社

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、室内環境の改善効果を有する植物棚パーティションに関する。

【従来の技術】

【0002】
本願出願人は、すでに、所定間隔をあけて起立させた支持柱間に、上下間隔調整自在に草花等が植えられたプランターを有する断面略U字状のプランター支持部材を側壁方向に傾斜自在に設けたことを特徴とする草花等の飾り棚を提供している(特許文献1)。

【効果】

【0009】
本考案によれば、芳香剤等を、目的とする環境の改善に合わせて変更することにより、それぞれ目的とする環境の改善を図ることができる。
【図面の簡単な説明】
【0010】
【図1】本考案の実施の一形態に係る植物棚パーティションの概略正面図である。
【図2】本考案の実施の一形態に係る植物棚パーティションの概略側面図である。

【0011】
以下に、添付図面を参照して、本考案を実施するための最良の形態について説明する。
【0012】
所定間隔をあけて起立させた支持柱1、1間に、上下間隔をあけて草花等Fが植えられたプランター2を収容する断面略U字状のプランター支持部材3が設けられる。
【0013】
前記プランター支持部材3は、前記支持柱1、1間に固定することなく、該支持柱1、1間に着脱自在に設けられる。なお、前記支持柱1、1、プランター2及びプランター支持部材3はプラスチック、その他の材料からなる。
【0014】
本考案では、前記プランター支持部材3の下方に芳香剤等4及び該芳香剤等4に向けた送風装置5が支持される。図面実施例では、前記支持柱1、1の下部の両側面に設けたサインパネル6間に支持されている。図中、7は送風ガイドである。
【0015】
本考案の前記芳香剤等4には、アロマセラピーのための芳香剤に限ることなく、空気浄化剤、防虫・除虫剤、その他各種の環境の改善剤を含む。さらに、必要に応じてフェルト状不織布等に含浸させるなどして発散の容易化が図られる。さらにまた、前記芳香剤等4は、予め交換・補充等を考慮して前記プランター支持部材3下方に支持される。
【0016】
前記送風装置5は、詳細を図示しないが、ファン及び該ファンを駆動するモータで構成され、該モータからは図示しない電源コードが延長され、ON・OFFスイッチ、タイマー等を介して差込みプラグが設けられ、電源コンセントに接続される。なお、前記サインパネル6の外側面には自社の広告等が表示される。
【0017】
なお、前記芳香剤等4及び送風装置5の配置は、芳香剤等4の下方に前記送風装置5を支持することが好ましい。その結果、芳香剤等4の香りが上方、すなわち、前記プランター支持部材3に収容された草花等の側面に沿って上昇させられるとともに室内への香りの拡散が行われて環境の改善が図られる。
【0018】
前記構成の本考案は、送風装置5を稼動させると、前記芳香剤等4の香りが送風に乗せられて周囲に拡散させられて環境の改善が図られる。さらに、前記芳香剤4等を、空気清浄化剤、防虫・除虫剤、その他環境の改善に合わせて変更することにより、それぞれの目的とする環境の改善を図ることができる。
【0019】
1、1 支持柱
2 プランター
3 プランター支持部材
4 芳香剤等
5 送風装置
F 草花等

(57)【要約】

【課題】室内においてパーティションとして利用且つ有効であるとともに、さらに環境の改善効果を有する植物棚パーティションを提供する。【解決手段】所定間隔をあけて起立させた支持柱1、1間に、上下間隔をあけて草花等Fが植えられたプランター2を収容する断面略U字状のプランター支持部材3が設けられ、該プランター支持部材3の下方には芳香剤等4及び芳香剤等4への送風装置5が設けられてなり、芳香剤等4が用途に合わせた環境の改善剤を含む。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):