(54)【考案の名称】逆浸透膜浄水装置

(73)【実用新案権者】有限会社ソシオテック

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図2

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、水道水などの原水を浄化するための逆浸透膜現象を利用した浄水装置に係り、詳しくは、引き出しを収納する収納スペースが設けられた引き出し式の流し台であって、引き出しの奥壁と、収納スペースの奥壁の間に形成される隙間に設置される、小型化された逆浸透膜浄水装置に関する。

【従来の技術】

【0002】
近年、近代化されたシステムキッチンの発達に伴い、流し台に内蔵された(ビルトインされた)逆浸透膜浄水装置が普及してきている。
しかし、小型化された逆浸透膜浄水装置でも、流し台にかなりの場所を占領し、結果として、流し台自体のスペースが狭くなり、使い勝手が悪いという問題を有している。
【0003】
そこで、小型化された逆浸透膜浄水フィルタを用いた逆浸透膜浄水装置の例として、下記実用新案登録文献1が知られている。
【0004】
実用新案登録文献1で記載されている逆浸透膜浄水装置は、原水を逆浸透膜浄水フィルタに導入する前に、原水の前処理が行われる。前処理フィルタとしては、カーボン製のフィルタおよびセディメントフィルタが用いられる。
その後、前処理が行われた原水は、逆浸透膜フィルタに導入され、浄水が精製される。
【0005】

【効果】

【0014】
流し台シンク下に引き出し収納を有する流し台であれば、本考案における逆浸透膜浄水装置を設置することができる。また、従来の逆浸透膜浄水装置に比べ、引き出し式流し台の裏のスペースを有効活用できるため、逆浸透膜浄水装置における場所占領割合を減らすことができる。
さらに、本考案に係る逆浸透膜浄水装置は、タンクを有さなくても十分な給水ができる。
【図面の簡単な説明】
【0015】
【図1】本考案に係る実施の形態における逆浸透膜浄水装置の外観構成を示す側面図。
【図2】本考案に係る実施の形態における逆浸透膜浄水装置の外観構成を示す正面図。
【図3】本考案に係る実施の形態における逆浸透膜浄水部の内部構造を示す図。
【図4】本考案に係る実施の形態における逆浸透膜浄水装置の浄水回路を示す図。

【0016】
以下、本考案に係る実施の形態における逆浸透膜浄水装置の構造について、図を参照しながら説明する。
【0017】
なお、以下に説明する実施形態において、個数、量などに言及する場合、特に記載がある場合を除き、本考案の範囲は必ずしもその個数、量などに限定されない。
【0018】
まず、図1および2を参照し、本実施形態に係る逆浸透膜浄水装置1の概略を説明する。
本実施形態に係る逆浸透膜浄水装置1は、原水(水道水)中から大きめの不純物を除去する前処理部102と、前処理部102による処理が施された原水を逆浸透膜によって濾過する逆浸透膜浄水部101とから構成される。
この逆浸透膜浄水装置1による浄水処理が施された浄水は、浄水専用蛇口105を介して提供される。
【0019】
この逆浸透膜浄水装置1は流し台に設置される。
流し台は、引き出し131,132,133、水道管104、排水管106、浄水専用蛇口105、水道水用蛇口107を備えている。
引き出し131,132,133は、箱型の収納容器を構成し、前後一方向に出し入れすることができる。
水道管104は、原水の供給源に接続しており、この水道管を介して、逆浸透膜浄水装置1に原水が供給される。また、この水道管104を介して、水道水用蛇口107にも原水が提供される。
排水管106は、引き出し131,132,133の裏のスペースSに位置し、余剰水排出管203を介して逆浸透膜浄水装置1と連結されている。この排水管106を介して、シンクに流された水や、逆浸透膜浄水装置からは排出される余剰水が外部に排出される。
浄水専用蛇口105は、浄水導出管202を介し、逆浸透膜浄水装置1と連結されており、この浄水専用蛇口105から、逆浸透膜浄水装置1による浄水処理が施された浄水が提供される。
水道水用蛇口107は、水道管104に接続し、水道水を提供する蛇口である。
引き出しの奥には、排水管を設置するためのスペースSが形成されている。
【0020】
逆浸透膜浄水装置1は、引き出し131,132,133の裏のスペースSに収納されており、排水管106を挟んで、一方側に逆浸透膜浄水部101、もう一方側に前処理部102が位置し、横一列に設置されている。
逆浸透膜浄水装置1は、引き出し131,132,133の裏のスペースSに収納されるが、より具体的には、引き出しの奥壁と、収納スペースの奥壁の間に形成される隙間に設置される。
本実施の形態における逆浸透膜浄水装置1の、引き出し出し入れ方向の厚さは、引き出し131,132,133の裏のスペースSよりも狭いものであればよく、特に限定されないが、好ましくは、厚さ14cm以下である。
厚さ14cm以下にすることにより、市販されている大半の引き出し式流し台の奥に設置可能となる。
【0021】
なお、本実施の形態では、浄水専用の蛇口として、浄水専用蛇口105を例示するが、通常の水道水用蛇口107に連結され、内部の弁にて両者を分け、蛇口自体は、浄水と水道水(原水)で共用する構成としてもよい。
【0022】
逆浸透膜浄水部101は、逆浸透膜フィルタ114、115、116、117、およびポンプ118を有する。本実施形態では、逆浸透膜フィルタは4個を例に図示されているが、本実用新案の効果を損なわない限り、複数個設置され、個数は特に限定しない。
逆浸透膜フィルタ114、115、116、117は、高さ方向に平行に配置される。この配置により、逆浸透膜浄水部101は、収納スペースの奥行に対応する薄型化が実現される。
逆浸透膜フィルタ114、115、116、117は、ポンプ118により圧送された原水中のトリハロメタンやダイオキシンなどの不純物を除去する逆浸透膜を備えたフィルタであり、微細な膜孔(膜孔径約0.0001〜0.001μm)を有し、逆浸透膜を透過して精製された透過水と、上記不純物が残存した濃縮水とに分離処理する。
逆浸透膜の素材としては、酢酸セルロース系、ポリアミド系、架橋ポリアミン系、架橋ポリエーテル系、スルホン化ポリスルホン等の素材を用いることができる。また、膜のエレメント構造としては、スパイラル型、セディメント型、チューブラー型などとすることができる。
【0023】
逆浸透膜フィルタ114、115、116、117は、第一の逆浸透膜フィルタ(逆浸透膜フィルタ114、116)による浄水処理が施された原水に再度、第二の逆浸透膜フィルタ(逆浸透膜フィルタ115、117)が直列に接続される。
より具体的には、逆浸透膜フィルタ114と逆浸透膜フィルタ115は直列に配置されている。逆浸透膜フィルタ116と逆浸透膜フィルタ117も直列に配置されている。
また、この直列に接続された、第一の逆浸透膜フィルタと第二の逆浸透膜フィルタは、並列に接続される。
【0024】
逆浸透膜フィルタ114、115は、取り付け金具141、142によって結合されている。
逆浸透膜フィルタ116、117は、取り付け金具143、144によって結合されている。
なお、逆浸透膜フィルタ114、115、116、117は、市販のフィルタを適宜用いることができ、特に限定されない。
【0025】
ポンプ118は、水道管104から供給される原水を循環させる機能を有し、前処理部102で処理された前処理後水を、逆浸透膜フィルタ114、115、116、117へ圧送させる。
ポンプ118は、前処理済原水導入管402を介して、逆浸透膜フィルタ114、115、116、117に接続している。
ポンプ118は、高さ方向に平行に配置された逆浸透膜フィルタ114、115、116、117の下方に配置される。
これにより、逆浸透膜フィルタ114、115、116、117とポンプ118は、全て一列に配置される。
【0026】
次に、図2を参照し、前処理部102から逆浸透膜浄水部101への接続について説明する。
前処理済水管201は、前処理部102と逆浸透膜浄水部101とを連結させる。この前処理済水管201は、原水口111を介して、前処理済原水導入管402に接続している。
前処理済原水導入管402には、ポンプ18が設けられており、逆浸透膜フィルタ114、115、116、117と接続される。
逆浸透膜浄水導入管406は、逆浸透膜フィルタ114、115、116、117に接続されており、浄水口112を介し、浄水導出管202へと接続する。
逆浸透膜排水導入管407は、排水口113を介し、排水管106へと接続する。
【0027】
図2および3に示されている通り、逆浸透膜浄水部101の上面部には、原水口111、浄水口112、および排水口113が設けられている。
なお、原水口111、浄水口112、および排水口113を総称して、給排水口と称するのもとする。
原水口111は、前処理部102にて前処理が施された前処理済みの原水を、逆浸透膜浄水部101に導入する口であって、前処理済水管201が接続される。
浄水口112は、逆浸透膜浄水部101によって浄水された浄水を、浄水専用蛇口105へ導出する口であって、浄水導出管202が接続される。
排水口113は、逆浸透膜浄水部101の浄水時に生じた不純物を多く含む排水を、排水管106へと導出する口であって、余剰水排水管203が接続される。
なお、図2では、給排水口が逆浸透膜浄水部101の上面に設けられているが、上記引き出しが出し入れされる方向と直交する面に設けられていれば、特に限定されない。より具体的には、給排水口は、逆浸透膜浄水部101の幅狭の側面に設けられてもよい。
これにより、給排水口が、引き出しの出し入れの邪魔にならず、逆浸透膜浄水装置1の厚さが薄くなり、引き出し式流し台の裏に収納することが可能となる。
【0028】
次に、図2を参照し、前処理部102について説明する。
前処理部102は、セディメントフィルタ121および活性炭フィルタ122を有する。
セディメントフィルタ121は、中空繊維状のフィルタであり、微細な孔が網の目のように無数に開いた構成を有している。孔の大きさは約0.1μmであり、それ以上の大きさの不純物、主に水道水中に含まれる微細な粒子や雑菌・赤サビなどを除去する役割を果たす。
活性炭フィルタ122は、活性炭の微粒子を詰めたフィルタであり、主に水道水中に含まれる残留塩素や有機物、トリハロメタンまた臭気物などを除去する役割を果たす。
なお、セディメントフィルタ121および活性炭フィルタ122は、市販のフィルタを適宜用いることができ、特に限定されない。
【0029】
図1および2を参照し、水道管104から前処理部102への一連の流れについて説明する。
水道管104に連結された原水導入管401は、前処理部102に接続し、原水を供給する。
原水導入管401は、セディメントフィルタ121へ接続される。
セディメントフィルタ121は、活性炭フィルタ122と接続している。
活性炭フィルタ122は、前処理済水管201へ接続される。
前処理済水管201は、原水口111を介し、前処理済原水導入管402に接続される。
【0030】
次に、図4を参照し、本実施の形態における逆浸透膜浄水装置1による浄水処理の流れについて説明する。
【0031】
原水導入管401を介して、水道管104から前処理部102に原水が導入される。
前処理部102では、セディメントフィルタ121と活性炭フィルタ122によって、原水に前処理が施される。
前処理が施された原水は、前処理後水管201を介して、逆浸透膜浄水部101に導入される。
逆浸透膜浄水部101に導入された原水は、ポンプ18によって圧送され、逆浸透膜浄水フィルタ114、115、116、117に導入される。
逆浸透膜浄水部101では、原水に逆浸透膜浄水処理が施される。
逆浸透膜浄水処理が施された浄水は、逆浸透膜浄水導入管406、浄水口112を介し、浄水導出管202へ運ばれる。その後、浄水導出管202を介して、浄水専用蛇口105へと通じる。
逆浸透膜浄水処理にて生じた余剰水は、逆浸透膜排水導入管407、排水口113を介して、余剰水排出管203へと運ばれる。その後、余剰水排出管203を介して、排水管106へ排水される。
なお、余剰水とは、浄水処理において発生する不純物を多く含む水である。
【0032】
本実施の形態における逆浸透膜浄水装置1は、通常、従来の逆浸透膜浄水装置には設置されるタンクを有さない(タンクレスである)。タンクを有さないことで、逆浸透膜浄水装置1の更なる小型化が実現される。
【0033】
また、タンクを有さなくとも、本実施の形態における逆浸透膜浄水装置1は、逆浸透膜フィルタ114、115、116、117を4つ有し、逆浸透膜フィルタ114、115並びに逆浸透膜フィルタ116、117を並列に接続することで、最終的な透過水量を増大させることができる。
また、逆浸透膜フィルタ114、115という二段階にて逆浸透膜フィルタを通すことで、より純度の高い浄水を得られる。逆浸透膜フィルタ116、117という二段階にて逆浸透膜フィルタを通すことで、より純度の高い浄水を得られる。
【0034】
1 逆浸透膜浄水装置,101 逆浸透膜浄水部,102 前処理部,104 水道管,105 浄水専用蛇口,106 排水管,107 水道水用蛇口,111 原水口,112 浄水口,113 排水口,114、115、116、117 逆浸透膜フィルタ,118 ポンプ,121 セディメントフィルタ,122 活性炭フィルタ,131,132,133 引き出し,141、142、143、144 取り付け金具,201 前処理済水管,202 浄水導出管,203 余剰水排出管,401 原水導入管,402 前処理済原水導入管,403 逆浸透膜フィルタ導入管,404 第1逆浸透膜フィルタ連結管,405 第2逆浸透膜フィルタ連結管,406 逆浸透膜浄水導入管,407 逆浸透膜排水導入管

(57)【要約】

【課題】流し台の引き出し奥の空間に設置される、小型化された逆浸透膜浄水装置を提供する。【解決手段】高さ方向に一列に、互いに並列に配置された、複数の逆浸透膜浄水フィルタ118と、逆浸透膜浄水フィルタと隣接して配置され、原水供給源から原水を逆浸透膜浄水フィルタに圧送するポンプ121と、ポンプから逆浸透膜浄水フィルタに原水を供給する原水供給管401と、逆浸透膜浄水フィルタに夫々接続され、逆浸透膜浄水フィルタによる浄水処理によって得られた浄水を蛇口に導出する浄水導出管202と、浄水処理の余剰水を排出する余剰水排出管203と、を有する。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):