(54)【考案の名称】犬のふん尿被害回避器具

(51)【国際特許分類】

A01K 29/00 他の家畜用具

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は散歩犬のふん尿被害を回避する器具に関する。

【従来の技術】

【0002】
動物愛護管理法の「家庭動物等の飼養及び保管に関する基準」第1一般原則2には「所有者等は、人と動物との共生に配慮しつつ、人の生命、身体又は財産を侵害し、及び生活環境を害することが無いよう責任をもって飼養及び保管に努めること。」とある。また第3共通基準2生活環境の保全には(1)所有者等は、自ら飼養及び保管する家庭動物が公園、道路等公共の場所及び他人の土地、建物等を損壊し、又はふん尿その他の汚物、毛、羽毛等で汚すことのないように努めること。(2)所有者等は、家庭動物等のふん尿その他の汚物、毛、羽毛等の適正な処理を行うとともに、飼養施設を常に清潔にして悪臭、衛生動物の発生の防止を図り、周辺の生活環境の保全に努めること。とある。しかし犬のふん尿に悩まされている人は少なくない。
【0003】
平成21年犬猫飼育率全国調査によれば主要な飼育ペットの種類で一番多いのは犬である。また、その飼い主の多くがペットである犬を家族のように感じ愛情を注いでいる。
しかし、犬の飼育ペット率の増加と共に、その犬の散歩のマナーは年々ひどくなっている。犬はマーキングのために電柱やポールに放尿するが、金属製のポールの場合、腐食によって倒れた事例が最近多く報告されている。また、電柱に多数犬が放尿するので、その家の人は放尿を避けるべく、ペットボトルに水を入れて電柱を囲うように数本置いている。これは、太陽光線の反射によって犬を遠ざけるという主旨はあるが、全く効果が無くまた、夜間では光もしないので無意味なことである。つまり、居住地が道路沿いにある家や、犬の散歩コースに隣接する家では犬のふん尿被害は死活問題となっている。最近、都市部で野良犬を見かけることが少なくなったのは、狂犬病予防法に基づいて保健所が処分しているからである。犬のふん尿被害は飼い主のマナーの悪さが原因である。
【0004】
この様な犬のふん尿被害を役所に相談しても、役所は視察すら出来ないのが現状である。
また、防犯ビデオを設置し、警察に証拠を提出しても飼い主には口頭注意で終わってしまい、その後、飼い主と被害者の間でのトラブルも少なくない。
【0005】
犬のふん尿被害に対し、従来は看板の設置により飼い主に訴える方法や、防犯ビデオの設置、犬が嫌がる臭いのする薬品等を定期的に撒くこと等で対処してきた。
【0006】
しかしながら、従来の犬のふん尿被害への対策は、看板や防犯ビデオの設置においては、飼い主の良心に訴えるものであり、元々マナーが欠ける犬の飼い主には、何の効果もないという欠点がある。また、犬が嫌がる臭いのする薬品は時間の経過と共にその効果は薄れ、何度も撒かなければならないという手間がかかる欠点がある。
【考案が解決しようとする課題】
【0007】
本考案は、犬のふん尿被害に対し、従来の飼い主の良心に働きかけるような看板や防犯ビデオ等の設置ではなく、飼い主が家族のように思う犬への愛情に注目し、飼い主自らペットである犬をその場から遠ざけるような、ふん尿被害回避器具を考案することを目的としている。

【効果】

【0011】
以上の説明から明らかなように、本考案にあっては次に列挙する効果が得られる。
(1)飼い主が、ペットが本考案に近づくとリードを引くことで、犬のふん尿被害回避器具周囲に近づかない。したがって、ふん尿被害を回避することができる。
(2)犬の嫌がる臭いの薬品を定期的に撒く手間がかからない。
(3)実際、これまで家の横の道を連れてあるいていた飼い主は、本考案が置いていないもう一方の反対側を通ることになった。
【図面の簡単な説明】
【0012】
【図1】本考案の犬のふん尿被害回避器具の上面図である。
【図2】本考案の犬のふん尿被害回避器具の側面図である。
【図3】本考案の犬のふん尿被害回避器具の縦面図である。

【0013】
以下、本考案の犬のふん尿被害回避器具の実施の一形態についてして説明する。
【0014】
本考案は、犬が好むジャーキー(感想肉片)を回避すべき家のある個所、電柱、その他の柱に置いておくものである。場合によっては路面とジャーキーは接着剤で固定する。
【0015】
このジャーキーは、粘土とまぜて着色し、あたかも他犬のふんのように直径10mmφ、長さ30〜40mmとする。
【0016】
この場合、犬はこれを餌として認識するが、飼い主はふんと認識するため、必然的にリードを引っ張ってこれを避ける。また、ジャーキーに毒々しい色彩や、蛍光色を塗布しても良い。

(57)【要約】

【課題】道路や電柱、その他柱等に放置される犬のふん尿被害に対し、飼い主自身がペットである犬に、汚い物や有害な物を与えたくないという人間の心理的反応を利用したふん尿被害回避器具を提供する。【解決手段】犬の好物であるジャーキー(乾燥肉片)を粘土に混ぜ、長さ30〜40mm、直径約10mmφの大きさにし、あたかも他犬のふんに見えるように着色したものや、同様の大きさで毒々しい色彩を塗布したものを、ふん尿被害のある道路に設置する。犬はこれを餌と認識し近づこうとするが、飼い主はこれを他の犬のふん、もしくは有害なものと認識し、犬に付けたリードを引く。これにより被害にあっている道路や電柱、その他柱等に犬は近づくことが出来なくなり、結果としてふん尿被害を回避できる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):