(54)【考案の名称】電話番号を共用する複数の携帯電話機

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図2

【概要説明】

【分野】

【0001】
この考案は、電話番号を共用する複数の携帯電話機に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
従来、携帯電話は、家庭や事業所に設置されている固定電話と異なり、携帯と呼ばれているように、使用者が身につけて持つ電話であり、いつでも、発信基地があれば、どこからでも受信・送信が可能であり、大変、便利な通信機器であり、今や携帯電話機の存在は、日常生活の一部とさえなっている。
【0003】
しかしながら、この携帯電話機は、小型であり、つい、忘れて出て来てしまい、また、充電する必要があるため、家庭、会社等の事業所や車の中等で充電中であると、余計に忘れてしまいがちであった。
【0004】
忘れた際には、面倒でもその場所まで携帯電話機を取りに帰らなければならず、時間のロスであり、固定電話のない場所では、相手方に連絡ができず、また、人の携帯電話機を借りて連絡しても、大抵は、相手方は携帯の電話番号を登録されているため、登録されてない他人からの携帯電話には、出ない場合もあり、場合によっては、訝しがられる恐れがあった。
【0005】
その煩雑さをなくすためには、使用者が携帯電話機を2台保有すれば、事足りるわけではあるが、それでは携帯電話機ごとに使用料金が発生し、不経済であり、しかも、電話番号が異なるため、顧客等の受信者に対しても、異なった番号からの着信に対しても受信しなければならず、顧客等への信頼性を欠く恐れもあるとの欠点があった。
【0006】
一方、1つの子機を、複数の携帯電話機に対して共用可能とするため、子機が着信した携帯電話を認識可能にし、かつ、認証された携帯電話受信者が子機で通話できるようにしたものは存在した。例えば、特許文献1のように。
【0007】

【効果】

【0011】
この考案によると、携帯電話機をスペアとすることにより、一の携帯電話機を不携帯であっても、他のスペアの携帯電話機を使用することにより、同一の電話番号によって、受信・送信ができるものであり、すこぶる便利であり、受信・送信以外の使用であれば、他方携帯電話機も利用でき、同時に複数台あればある程便利である等極めて有益な効果を奏するものである。
【図面の簡単な説明】
【0012】
【図1】この考案の一実施例を示し、(a)は、一の携帯電話機、(b)は、他の携帯電話機のそれぞれ正面図である。
【図2】この考案の一実施例を示す一部断面図である。

【0013】
この考案は、従来の1個の携帯電話機に対して、それぞれの電話番号を付与するのではなく、複数の携帯電話機に対して、1個の電話番号を付与する,即ち,共用の電話番号を設けたものであり、そのため、会社・車・自宅へ1台づつ置いておければ、殆ど、携帯電話を所持せずとも通話が可能となる,使い勝手のよい電話番号を共用する複数の携帯電話機を提供するものである。
【0014】
この考案の一実施例を図1、および図2に基づいて説明すると、携帯電話機において、携帯電話機(1)と、該電話機(1)のスペアとして、複数の携帯電話機(1′)とをそれぞれ設け、これらの電話機(1,1′)の電話番号を同一番号とし、いずれか、一の電話機(1または1′)を使用する際には、その使用中、他の電話機(1′または1)の使用を停止する停止機能装置(2)を、それぞれに設けることを特徴とする電話番号を共用する複数の携帯電話機から構成されるものである。
尚、図2においては、他の複数台の携帯電話機(1′)として1台のみを掲載し、他の携帯電話機(1′)の複数を割愛したが、実際には多数存在するものである。
【0015】
尚、停止機能装置(2)は、通常の携帯電話機と同様に発信基地を介して、感知が可能となるよう機能するものであり、一の携帯電話機(1または1′)が受信を示す受信信号と、受信が終わる迄、または、発信を示す発信信号と、発信が終わる迄、他の携帯電話機(1′または1)の受信および発信を停止するよう構成したものである。
【0016】
即ち,一の携帯電話機(1または1′)が、発信する際のオンフック信号を感知し、その発信が終了する際のオフフック信号を感知する迄、他の携帯電話機(1′または1)の発信・受信の動作ができないよう、その機能を停止するよう構成するものである。
【0017】
また、それぞれの携帯電話機(1および1′)の該電話機の機能に組み込まれた他の無料のプログラムである、例えば、予定表を確認したり、登録電話帳で登録された電話番号の確認等の使用は、問題なくできるよう構成するものである。
【0018】
このように、互いの携帯電話機に、それぞれ停止機能装置(2)を構成することにより、その結果、常に、一方が使用中の場合は、他方では使用できないよう構成することにより、携帯電話機を使用することによるスペアとする複数の携帯電話機の使用料は発生しない。
【産業上の利用可能性】
【0019】
この考案によると、電話番号を共用する複数の携帯電話機の技術を確立し、実施・販売することにより産業上の利用可能性がある。
【0020】
1 携帯電話機
1′スペアとした複数の携帯電話機
2 機能停止装置

(57)【要約】

【課題】本来、携帯電話機を携帯していなければ、取りに帰らないと、その日の予定行動に全く支障を来すものであり、その携帯電話機を使用しないと、受信・送信はできないものであるが、スペアの携帯電話機を用いることにより可能となる、電話番号を共用する二つの携帯電話機を提供する。【解決手段】携帯電話機において、携帯電話機1と、該電話機1のスペアとして、別個の携帯電話機1′とをそれぞれ設け、これらの電話機1,1′の電話番号を同一番号とし、いずれか一の電話機1または1′を使用する際には、その使用中、他の電話機1′または1の使用を停止する停止機能装置2を、それぞれに設けることを特徴とする電話番号を共用する二つの携帯電話機から構成される。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):