(54)【考案の名称】携帯用の付箋紙またはメモ紙

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、紙製の台紙を立体的に折り込む方法とパルプモールド製法を施した携帯用の付箋紙またはメモ紙に関する。

【従来の技術】

【0002】
最初の糊付き付箋紙製品であるポスト・イット/Post-it(登録商標)は、アメリカの化学メーカー、スリーエム社で強力な接着剤を開発途中に偶然に開発されたもので、1980年に全米で発売されて以来、今でも世界の100カ国以上で販売されている大ヒット商品となっており、偶然から大発明を生む「セレンディピティ(偶察力)の典型例として広く知られている。当初は短冊状のものを一時的に文書や書籍に貼り付けたり、栞として使用されていたが、現在では、パソコン画面の枠などに貼り付けて備忘録や伝言メモとして一般的に広く使われており、さらに使用先を拡大して外出先で書き写しや差し替えを必要としないメモ紙や手帳の代用品としても使われている。
【0003】
該具体的な使用例としては、付箋台紙を設け、一端をそれぞれ貼着して重合した多葉数の附箋を、該付箋台紙に貼着し、複葉数の貼着用台紙を設け、該貼り付け用台紙及び附箋台紙を綴じ合わせた「付箋ファイル」(特許文献-1)や、手帳等へ挟み込みが可能な大きさの台紙と、該台紙に対して他への転着を可能にする弱粘着部を介して貼付された付箋とを有している「付箋紙」(特許文献-2)や、複数葉の附箋を積層させた附箋を並べて貼り付ける貼着面を内側面に有する硬質の厚紙台紙よりなる表紙と裏表紙とが背板ともに設けられた「附箋ホルダおよび附箋ホルダセット」(特許文献-3)などが提案されている。
【0004】
しかしながら、上記の提案の何れも付箋紙が貼付される台紙が手帳ならびに樹脂製のシート、ファイル、ケース等の比較的形状が大きく嵩張りがちな付属収納物を伴うものであり、必要最小限の大きさのコンパクトサイズでないことから、財布やポケットから取り出しづらかったりして外出先での携帯性、収納性、利便性を満足させるものではなかった。
【0005】
上記の問題点を解決しようと付箋紙自体を必要最小限の大きさにすると、付箋紙を貼付している台紙が撓んでメモが取りづらくなることから台紙に撓み剛性を持たさなければならず、その結果、台紙の厚みを増したり、手帳ならびにシート、ファイル、ケース等の付属収納物を必要とするものであった。
【0006】
さらに、上記の手帳の表紙ならびにシート、ファイル、ケースは合成樹脂製品で形成されることが多いことから、使用済みになった場合、廃棄処分となりリサイクル利用がされないまま焼却処分となるもので、焼却処分による二酸化炭素の発生や焼却煙の排出による環境悪化やゴミの排出量の増大に繋がるものである。
【0007】
上記の問題を解決する手段として、紙製の台紙を立体的に折り込むことによって撓み剛性を持たせる方法が考えられる。該折り込み方法は、紙製の台紙の端部を内側に折り込んでリブ部を形成して台紙全体に撓み剛性を持たせるもので、使い捨てされる化石燃料を原料とする合成樹脂素材と比較して、紙の再生と焼却による二酸化炭素の排出量の削減が図れる地球環境に優しい加工方法を採るものである。
【0008】
また、パルプモールド製法によって撓み剛性を持たせる方法が考えられる。該パルプモールド製法は、古紙またはパルプを水で溶かして液状にし、所定の形状の金型に貼り付けた金網で抄き上げて乾燥させるもので、その製造工程においては、有害な化学物質は使っておらず、従がって溶かした水から有害な物質が流れ出すことがなく、また燃やした灰は草や木を燃やしたことと同じで有害な物質が発生しない上、焼却時においても塩化水素や黒煙を出すこともないものである。また、使用済みのパルプモールドを地中に埋めることにより地中のバクテリアにより分解されて自然に土に戻される製法であることから、ゴミの排出量削減が図れる地球環境に優しい加工方法を採るものである。
【0009】
本出願人は、以上のような従来の携帯用の付箋紙またはメモ紙の問題を解決するために、携帯用の付箋紙の台紙が撓んでメモが取りづらい点に着目し、外出先で手軽にメモをとることができるコンパクトな携帯用の付箋紙ができないものかとの着想の下、紙の再生と地球環境に優しい紙製の台紙を立体的に折り込む方法とパルプモールド製法を採用した携帯用の付箋紙またはメモ紙を開発し、本考案に係る「携帯用の付箋紙またはメモ紙」の提案に至るものである。
【0010】

【効果】

【0015】
本考案の携帯用の付箋紙またはメモ紙によれば、台紙に剛性があるので、机がないような場所でメモを取りたいような場合でも、掌の上で台紙が撓むことなく、書き易いという優れた効果を奏する。
【0016】
また、本考案の携帯用の付箋紙またはメモ紙によれば、財布やポケットなどに必要最小限の大きさでコンパクトに納まる携帯用の付箋紙またはメモ紙であることから、外出先で書き写しや差し替えを必要としないメモ紙や手帳の代用品として手軽にメモを取ることができる優れた効果を奏する。
【0017】
また、本考案の携帯用の付箋紙またはメモ紙によれば、付箋紙が貼付される紙製の台紙が手帳ならびに樹脂製のシート、ファイル、ケース等の比較的形状が大きな付属収納物を伴わない必要最小限のコンパクトサイズであることから、嵩張ったり、取り出しづらかったりしない優れた効果を奏する。
【0018】
また、本考案の請求項2に係る携帯用の付箋紙またはメモ紙によれば、紙製の台紙の端部を内側に折り込んで台紙全体に撓み剛性を持たせる紙を材料としたもので、化石燃料を原料と合成樹脂素材と比較して紙の再生処理と焼却による二酸化炭素排出量の削減が図れる地球環境に配慮した優れた効果を奏する。
【0019】
また、本考案の本考案の請求項3に係る携帯用の付箋紙またはメモ紙によれば、パルプモールド製法の製造工程においては、有害な化学物質を使っておらず、従がって溶かした水から有害な物質が流れ出すことがなくまた燃やした灰は草や木を燃やしたのと同じで有害な物質が発生しない上、焼却時に塩化水素や黒煙を出すこともないものである。また、使用済みのパルプモールドを地中に埋めることによって地中のバクテリアにより分解されて土に戻す製法を採用することによってゴミの排出量削減が図れる地球環境に配慮した優れた効果を奏する。
【図面の簡単な説明】
【0020】
【図1】本考案の携帯用の付箋紙またはメモ紙における実施形態を示す全体斜視図である。(実施例1)
【図2】本考案の携帯用の付箋紙またはメモ紙における台紙を立体的に折り込む下方から見た実施形態を示す説明図である。(実施例2)
【図3】本考案の携帯用の付箋紙またはメモ紙におけるパルプモールド製法による下方から見た実施形態を示す説明図である。(実施例3)
【図4】本考案の携帯用の付箋紙またはメモ紙におけるその他の実施形態を示す説明図である。(実施例4)

【0021】
本考案の携帯用の付箋紙またはメモ紙の紙製の台紙に撓み剛性を持たせる構成を採用したことを最大の特徴とするもので、以下、実施例を図面に基づいて説明する。
【0022】
図1は、本考案の携帯用の付箋紙またはメモ紙における実施形態を示す全体斜視図である。図1(a)は複数枚の書類に突き出し辺を作り易い一般的な長方形状の付箋紙10を積層して、本考案に係る台紙13に備えた付箋紙1を例示したもので、図1(b)はメモ書きができる面積を確保した大きさのメモ紙11を積層して、本考案に係る台紙13に備えたメモ紙1を例示したものである。本考案の携帯用の付箋紙またはメモ紙1は、携帯用の付箋紙10またはメモ紙11であって、離粘着剤12が裏面の一部に塗布される複数の付箋紙10またはメモ紙11と、該付箋紙10またはメモ紙11を積層する台紙13からなり、該台紙13が、補強構造14を備えた紙製の台紙13で形成されている
【0023】
付箋紙10は、例えば、長さ76mm×幅25mm×厚み0.1mm〜0.2mmの矩形の紙材で短冊状に形成され、長さ方向の一端に離粘着剤12を塗布し、10〜20枚程度積層されて形成されるものである。
【0024】
メモ紙11は、例えば、長さ76mm×幅76mm×厚み0.1mm〜0.2mmの正方形の紙材で形成され、端辺の一端に離粘着剤12を塗布し、10〜20枚程度積層されて形成されるものである。
【0025】
台紙13は、複数の付箋紙10またはメモ紙11を離粘着剤12で積層して備えるための台紙であり、厚さ0.6mm〜1mm程度の紙製で形成されているものである。
【0026】
図2は、本考案の携帯用の付箋紙またはメモ紙1を下方から見た実施形態を示す説明図である。
補強構造14は、紙製の台紙13を立体的に折り込んでリブ部16を設けて書類トレー15状の形態にしたものである。
【0027】
携帯用の付箋紙またはメモ紙1の台紙は、紙製の台紙13を立体的に折り込んで書類トレー15状の形態にした構造である。
【0028】
図2(a)は携帯用の付箋紙またはメモ紙1の側面図を示すものである。
底面が書類トレー15状に立体的に折り込んだ紙製の台紙13の上面に積層された付箋紙10またはメモ紙11の裏面の一部に離粘着剤12が塗布されて形成されているものである。図で示すように付箋紙10またはメモ紙11と台紙13が必要最小限の大きさのコンパクトサイズで形成されていることから、携帯するに当たって嵩張ったり、取り出しづらかったりしないものである。
【0029】
図2(b)は紙製の台紙13の縁を二重に折り込んだ状態を示す説明図である。
紙製の台紙13の周辺を立ち上げて二重に折り込んだもので、二重に折り込むことで立ち上げられた周辺に撓み剛性が生まれることによって、付箋紙10またはメモ紙11の筆記時の台紙13の撓み防止が図れるものである。
【0030】
図(c)は紙製の台紙13の縁を二重に折り込み、さらに糊代を補強した状態を示す説明図である。
紙製の台紙13の周辺を立ち上げて二重に折り込み、さらに糊代を補強したもので、二重に折り込み、さらに糊代を補強することで立ち上げられた周辺に強固な撓み剛性が生まれることによって、付箋紙10またはメモ紙11の筆記時の台紙13の撓み防止が図れるものである。
【0031】
図(d)は紙製の台紙13の二重に折り込んで三角状のリブ部16を形成した状態を示す説明図である。
紙製の台紙13の周辺を立ち上げて二重に折り込み、さらに三角状のリブ部16を形成して補強したもので、二重に折り込み、さらに三角状のリブ部16を形成して補強することで立ち上げられた周辺に強固な撓み剛性が生まれることによって、付箋紙10またはメモ紙11の筆記時の台紙13の撓み防止が図れるものである。
【0032】
図3は、本考案の携帯用の付箋紙またはメモ紙におけるパルプモールド製法による下方から見た実施形態を示す説明図である。
台紙13は、複数の付箋紙10またはメモ紙11を離粘着剤12で積層し、厚み1mm〜2mm程度のパルプモールドで形成されているものである。
【0033】
パルプモールド製の台紙13の補強構造14は、パルプモールド製法を利用したリブ部16を持たせた構造としたものである。
【0034】
図3(a)はX状にリブ部16を形成して補強した状態を示し、図3(b)は十字状にリブ部16を形成して補強した状態を示し、図3(c)はトラス状にリブ部16を形成して補強した状態を示すもので、パルプモールド製法を利用したリブ部16を持たせた構造とすることによってパルプモールド製の台紙13の撓み剛性を確保するものである。
【0035】
図4は、本考案の携帯用の付箋紙またはメモ紙におけるその他の実施形態を示す説明図である。
補強構造14は、紙製の台紙13を付箋紙10が積層される側へ三辺を立体的に折り込んで、一辺が開放された書類トレー15状の形態にしたものである。
【0036】
付箋紙10またはメモ紙11を周辺の一辺が開放されて上下を逆さまにした書類トレー15内に収納することによって、携帯時における付箋紙10またはメモ紙11の型崩れを防止すると共に、台紙13ともなるもので、外出先で書き写しや差し替えを必要としないメモ紙や手帳の代用品として手軽にメモを取ることができるものである。なお、図示上では、リブ部16の高さが積層される付箋紙10より低く記載しているが、型崩れを防止する効果、撓み剛性、及び、付箋紙10が減ってきたときの周囲凸状物の存在によるメモのし易さ確保等の観点から決定することが望ましい。
【産業上の利用可能性】
【0037】
本考案の携帯用の付箋紙またはメモ紙は、構成される要素が全て再生可能な紙製品で形成されていることから、製品自体が再生紙を利用して製造することができると共に、使用後においても再生紙としてリサイクルできることから、本考案における携帯用の付箋紙またはメモ紙の産業上の利用可能性は大とするものと解する。
【0038】
1 携帯用の付箋紙またはメモ紙
10 付箋紙
11 メモ紙
12 離粘着剤
13 台紙
14 補強構造
15 書類トレー
16 リブ部



(57)【要約】

【課題】外出先での携帯性、収納性、及び掌での書き易さなどの利便性の向上に資する携帯用の付箋紙またはメモ紙を提供する。【解決手段】携帯用の付箋紙10またはメモ紙11であって、離粘着剤12が裏面の一部に塗布される複数の付箋紙またはメモ紙と、該付箋紙またはメモ紙を積層する台紙13からなり、該台紙が、補強構造を備えた紙製の台紙で形成される手段を採る。また、前記補強構造が紙製の台紙を立体的に折り込んで書類トレー状の形態にした構造である手段、又は前記補強構造がパルプモールド製法を利用したリブ部を持たせた構造である手段を採用することもできる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):