(54)【考案の名称】照明用ポールの支持装置

(51)【国際特許分類】

F21S 8/08 ・支柱のあるもの[7]

(73)【実用新案権者】株式会社 アドヴァン

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図2

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、地面に差すために先端が鋭角となっている照明用ポールを支持し、コンクリートその他ポールを差すことのできない場所に照明を設置するための、照明用ポールの支持装置に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
照明用ポールは、上部に取り付けられる照明具の重量によって転倒してしまうことのないよう、下部を強固に支持する必要がある。ポールを地面に差すことなく支持する装置(特許文献1)や、ポールの先端に地面に差すための部分を付加して支持する装置(特許文献2)等、多くの支持装置が開示されている。
【0003】
照明具を販売する者や、使用する者にとっては、同じ照明具をポールが差せる土の地面の上にも、ポールが差せないコンクリート等の上にも設置できることが好ましい。照明具はポールとのセットで販売されるので、1種類のポールによって地面の上にもコンクリート等のポールを差すことのできない場所にも設置できるものであることが好ましい。
また、地面に差すことを前提とした照明具は、販売店(屋内)において地面に差さずに展示することで売上の向上が期待される。
しかし、1つのポールをポールが差せる土の地面の上にも、ポールが差せないコンクリート等の上にも設置できるようにする装置は開示されていなかった。
【0004】

【効果】

【0009】
本考案の照明用ポールの支持装置によれば、地面に差して支持するポールをコンクリート等のポールを差すことのできない場所においても支持することができる。同じ照明具を地面の上にも、コンクリート等のポールを差すことのできない場所にも設置できる。
【図面の簡単な説明】
【0010】
【図1】図1は、照明用ポールの支持装置を示す図である。
【図2】図2は、照明用ポールの支持装置の使用状態を示す図である。
【図3】図3は、筒部のサイズを示す図である。
【図4】図4は、筒部とポールとの関係を示す断面図である。
【図5】図5は、照明用ポールの支持装置の意匠の例を示す図である。

【0011】
以下、実施例において具体的な形状及びサイズを例示する。
【0012】
図1は、照明用ポールの支持装置を示す図である。照明用ポールの支持装置1はコンクリート製であり、立方体状である。その中央に筒部2が設けられている。なお、図に示されたレンガ状の模様は、照明用ポールの支持装置1の美観を高めるための意匠であり、本考案とは無関係である。
図2は、照明用ポールの支持装置の使用状態を示す図である。ポール3を筒部2に差して使用する。照明具4に比して、コンクリート製の照明用ポールの支持装置1は十分に重く、照明具4と照明用ポールの支持装置1の全体の重心は低位置になる。
【0013】
図3は、筒部のサイズを示す図である。図は断面図であり、筒部2は円錐台状である。上端の直径uは35mm、下端の直径vは15mmである。また、立方体状の照明用ポールの支持装置1の高さ(立方体の1辺の長さ)hは150mmである。
下端の直径vが15mmであるので、筒部2に水が入っても容易に排水できる。
【0014】
図4は、筒部とポールとの関係を示す図である。
ポール3と筒部2との直径の大小関係及びポール3の先端部と筒部2の形状の尖鋭度の関係により、図(a)、(b)又は(c)のようにポール3が支持される。
図(b)の場合には、ポール3と筒部2との間には空隙があることになる。しかし、空隙は数mm程度であり、ポール3は空隙の分の遊びを持って安定して支持される。更に、土、砂、小砂利、セメント等を充填して空隙を埋め、より安定して保持することもできる。この際、土、砂又は小砂利を充填すれば、筒部からの排水に支障がない。なお、筒部2に土、砂、小砂利、セメント等を充填してポール3を安定させることは、図(a)及び(c)の場合にも可能である。
【0015】
図5は、照明用ポールの支持装置の意匠の例を示す図である。コンクリート製でも、このようなレンガ模様の意匠とすることが可能である。
【産業上の利用可能性】
【0016】
同じ照明具を地面の上にも、コンクリート等のポールを差すことのできない場所にも設置できるようにする照明用ポールの支持装置であり、多くの照明具生産者、家庭による活用が考えられる。
【0017】
1 照明用ポールの支持装置
2 筒部
3 ポール
4 照明具


(57)【要約】

【課題】1つのポールをポールが差せる土の地面の上にも、ポールが差せないコンクリート等の上にも設置できるようにする照明用ポールの支持装置を提供する。【解決手段】ポール3の下部を強固に支持出来る様に照明用ポールの支持装置1を形成する。照明用ポールの支持装置は、その上端から下端に貫通した上端側の直径が下端側の直径よりも大きい略円錐台形状の孔であるポールを差し込む筒部を有する。コンクリート製若しくはコンクリートよりも大きな比重の物質製として、全体の重心を低位置にする。略円錐台形状の孔の傾き及び下端の直径を所定の値として、殆ど全ての照明具4を安定して支持することができる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):