(54)【考案の名称】電力自立型の植物工場

(73)【実用新案権者】山本工業株式会社

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図2

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は植物を工場内で生産する場合の電力に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
従来、植物工場は電力会社より送電線を用い、電力の供給を受けることで照明等を維持していた。その為、地震等の自然災害や、人為的な停電により電力の供給が制限される場合もあった。

(57)【要約】

【課題】ソーラーパネルを用いた太陽光発電の電力を用い、施設内の電力として供給し、夜間は前記方法により得た電力をバッテリーに蓄えることで、電力の供給を行うことの出来る電力自立型の植物工場を提供する。【解決手段】建物に設置されたソーラーパネルによって、太陽光発電を行う。太陽光発電された電力はバッテリーFに蓄えられる。これらは、LEDライトCによる照明や植物が行う光合成の為の光源となる。この光源によって、植物生育培地Dに植えられた植物Eを育成させる。また、バッテリーFよりの電力は流通バッテリーGを充電して、他の場所での電力として使われる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):