(54)【考案の名称】携帯式移動電源

(73)【実用新案権者】雲奇科技有限公司

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図5

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は電源供給に関し、特にソーラーパネルユニットを利用し太陽エネルギーを吸収して必要な電力を蓄電し、さらに搭載台の機動性と利便性を利用し必要な場所へ移動させられ、無停電効果を達成することができる携帯式移動電源に関する。

【従来の技術】

【0002】
停電、或いは電源切断時の生活、或いは仕事上での不便を回避するためには、無停電システム(UPS)が有効である。UPS内のバッテリーには電力を蓄えることができるため、必要に応じて、バッテリーから出力して、電力を供給することができる。
【0003】
一般に蓄電する場合には、100V〜220Vの交流電源を取り込み、それを12Vの直流電源に変換して蓄電、12Vの直流電源を再度100V〜220Vの交流電源に変換して出力する。既に開発されているソーラーパネル携帯式移動電源は、ソーラーパネルを利用し太陽エネルギーを吸収して蓄電し、それを12Vの直流電源に変換して電池に貯蔵するものである。これらは、先に電力を貯蔵し、出力して使用することができるが、すべて単一電圧、或いは単一の取り込み方式、或いは単一の出力方式に限定され、さまざまな使用状態に適用することはできず、これは解決すべき一大課題である。
【0004】
また、一般のUPSは、固定式で移動させることができないため、緊急事態に遭遇した時にも、便利かつ迅速に必要な場所に移動させ、緊急の必要に間に合わせることができない。本考案は、従来の無停電システムの上記した欠点に鑑みてなされたものである。
【考案が解決しようとする課題】
【0005】
本考案が解決しようとする第一の課題は、平時はソーラーパネルユニットを利用して太陽エネルギーを吸収し、或いは外部電源から必要な電力を蓄え、搭載台の機動性と利便性を利用して、求められる場所へと迅速に移動し、各種電源及び照明に電力を提供する携帯式移動電源を提供することである。
本考案が解決しようとする第二の課題は、ソーラーパネルユニットを利用し、太陽エネルギーを吸収し、無停電効果を提供することができる携帯式移動電源を提供することである。

【効果】

【0007】
本考案の携帯式移動電源は、平時はソーラーパネルユニットを利用し、太陽エネルギーを吸収し、或いは外部電源により必要な電力を蓄え、搭載台の機動性と利便性を利用して必要な場所へと迅速に移動させられ、必要な電源及び照明を提供することができ、さらに、ソーラーパネルユニットを利用して太陽エネルギーを吸収することで、無停電効果を達成することができる。
【図面の簡単な説明】
【0008】
【図1】本考案アダプターとバッテリー及び外殻の立体分解図である。
【図2】図1の立体組合せ図である。
【図3】図1の別の角度からの立体組合せ図である。
【図4】図2に外殻を加えた状態の外観模式図である。
【図5】本考案全体を組合せ、携帯して移動可能な状態を示す外観模式図である。
【図6】本考案を交流電源に接続して充電する実施例を示す模式図である。
【図7】本考案ソーラーパネルを展開して斜めに設置する実施例を示す模式図である。

【0009】
以下に図面を参照しながら本考案を実施するための最良実施形態について詳細に説明する。
【0010】
図1〜5に示すように、本考案はアダプター10、搭載台20、ソーラーパネルユニット30、外殻40、結束ベルト50を備える。アダプター10上方には、バッテリー11を搭載する。アダプター10内には、整流器、電子パーツ(図示なし)を備える。アダプター10上方からは、2本の電源伝送線12が伸び出ており、これによりバッテリー11の正極111、負極112に連接し、蓄電、或いは電源供給の伝送作用を実施することができる。アダプター10後上方には、後板13を設置する。後板13とアダプター10との間には、サポート作用を備える平行な2個のサポート板131を設置する。しかも、後板13には、数個の穿孔132を設置し、これに緊密結束ベルト133を通す。緊密結束ベルト133によりバッテリー11周囲をぐるりと固定し、バッテリー11と後板13とは堅固な一体を呈する。これにより、本考案を移動させる時にも、バッテリー11が落下、或いは分離することはない。アダプター10周囲側面には、第一制御パネル14、第二制御パネル15、第三制御パネル16、第四制御パネル17をそれぞれ設置する。
【0011】
第一制御パネル14は、アダプター10の右前方に位置する。第一制御パネル14には、100V〜220V交流電源の電源出力コンセント141を2個、100V〜220V交流電源の電源入力コンセント142を1個、全体の運転状況が正常であるか否かを示すインジケーター144、ノーヒューズスイッチ145、給気口146、主電源スイッチ147を設置する。
【0012】
第二制御パネル15は、アダプター10前側に位置する。第二制御パネル15には、複数のLED照明灯151、及びLED照明灯151を制御する切換スイッチ152を設置する。切換スイッチ152の切り換えにより、LED照明灯151の持続点灯または消灯させる。
【0013】
第三制御パネル16は、アダプター10の左側に位置する。第三制御パネル16には、片側に排気口161を設置し、それに相対する側には、ソーラーパネルコンセント162を設置する。排気口161とソーラーパネルコンセント162との間には、USBに電源を出力するUSBコンセント163を設置し、USBコンセント163上方には、アダプター10の状態を示すことができるアダプター状態インジケーター164を設置する。USBコンセント163片側には、電力残量インジケーター165を設置し、電力残量インジケーター165上方には充電インジケーター166を設置し、充電インジケーター166片側には交流電源インジケーター167を設置する。電力残量インジケーター165は、バッテリー11の電力残量を点灯により表示する。充電インジケーター166は、充電状態が正常であるか否かを表示する。交流電源インジケーター167は、交流電源の入力状態が正常であるか否かを表示する。
【0014】
第四制御パネル17は、アダプター10の後ろ側に位置する。第四制御パネル17上には、片側に、給気口171を設置する。
【0015】
搭載台20は、アダプター10を載せることができ、脚部21をアダプター10下方に設置し、伸縮ハンドル22をアダプター10後方に設置し、脚部21と連接する。伸縮ハンドル22と脚部21との間には、少なくとも2個の車輪23を設置する。伸縮ハンドル22上には、少なくとも1個のフックフレーム24、係合制御フレーム25を設置する。
【0016】
ソーラーパネルユニット30は、フックフレーム24と係合制御フレーム25に置いて収納することができる。ソーラーパネルユニット30は、折畳み可能な2枚のソーラーパネル31で、伝送線32は、ソーラーパネルコンセント162に挿入して設置し、アダプター10内のバッテリーに蓄電することができる。任意のソーラーパネル31内には、収蔵或いは展開可能な定位フレーム33を設置し、これによりソーラーパネルユニット30は展開して、地面上に斜めに置くことができ、こうして太陽エネルギーを吸収することができる。
【0017】
外殻40は、アダプター10上方、及び後板13の前方に嵌めて設置する。後板13により、バッテリー11を内部に包み覆う。
【0018】
結束ベルト50は、搭載台20、ソーラーパネルユニット30の外周をぐるりとまとめ、ソーラーパネルユニット30を、搭載台20上に一体を呈するよう緊密に結束する。
【0019】
引き続き、図1〜5に合わせて、図6、7に示すように、上記した構成部材により本考案の構造を組成する。すなわち、バッテリー11を、アダプター10上に設置し、2個の電源伝送線12をバッテリー11の正極111と負極112にそれぞれ連接する。しかも、緊密結束ベルト133を利用し、バッテリー11外周をぐるりと固定し、これにより後板13と堅固に一体を呈する。さらに、外殻40を、アダプター10上方、及び後板13の前方に嵌めて設置し、同時に、後板13によりバッテリー11を内部に包んで覆う。
【0020】
図6に示すように、通常の蓄電時には、電源入力コンセント142を利用し、110V〜220Vの交流電源を、本考案構造に入力する。同時に、切換スイッチ152を、切り換える。これにより、110V〜220Vの交流電源の電源入力コンセント142が切断した場合、LED照明灯151が点灯してそれを表示する。
【0021】
太陽光がある場所では、定位フレーム33を地面に展開する。これにより、ソーラーパネル31は展開して地面に斜めに置かれ、太陽エネルギーを吸収する(図7参照)。さらに、伝送線32を、ソーラーパネルコンセント162に挿入して設置し、アダプター10内に電源を供給し、必要時に備えて、バッテリー11中に蓄電する。同時に、充電インジケーター166は点灯し、正常充電中であることを表示し、電力残量インジケーター165は点灯し、バッテリー11内の電力残量を表示する。
【0022】
電力が満充電になった後、収蔵する時には、先ず、ソーラーパネルユニット30を、伸縮ハンドル22のフックフレーム24と係合制御フレーム25の間に収納する(図5参照)。同時に、結束ベルト50を利用し、搭載台20、ソーラーパネルユニット30の外周をぐるりとまとめ、ソーラーパネルユニット30を、搭載台20上に結束し一体とする。こうして、収納時に占めるスペースを節減でき、しかも携帯における利便性をも備える。
【0023】
地震が発生し停電となり、或いは戸外でピクニックやキャンプ等をする際に、電源を必要とする場合には、伸縮ハンドル22のフックフレーム24と係合制御フレーム25の間にソーラーパネルユニット30を既に収納(図3、5参照)してある本考案構造において、搭載台20を引いて目的地まで移動させる。次に、主電源スイッチ147をオンにし、インジケーター144が正常を表示すると、電源出力コンセント141を利用し、110V〜220Vの交流電源を出力し、必要な電力を供給する。
【0024】
また、USBコンセント163を利用し、携帯電話端末、或いは一般の3C製品に、必要な電源を供給することもできる。
【0025】
明るさが不足し周囲を照らす必要のある場所では、切換スイッチ152を起動し、LED照明灯151を点灯させる。
【0026】
バッテリー11の電力が不足している時には、上記した方式により、ソーラーパネルユニット30の定位フレーム33を地面に展開する。これにより、ソーラーパネル31は地面に斜めに展開され、太陽エネルギーを吸収する(図7参照)。さらに、伝送線32を、ソーラーパネルコンセント162に挿入して設置し、バッテリー11に電源を提供する。
【0027】
上記したように、本考案は、平時はソーラーパネルユニット30を利用し、太陽エネルギーを吸収し、或いは外部電源により必要な電力を蓄え、搭載台の機動性と利便性を利用して必要な場所へと迅速に移動させられ、必要な電源及び照明を提供することができる。さらに本考案は、ソーラーパネルユニット30を利用して太陽エネルギーを吸収することで、無停電効果を達成することができる。
【0028】
上記の本考案名称と内容は、本考案技術内容の説明に用いたのみで、本考案を限定するものではない。本考案の精神に基づく等価応用或いは部品(構造)の転換、置換、数量の増減はすべて、本考案の保護範囲に含むものとする。
【産業上の利用可能性】
【0029】
本考案は実用新案登録の要件である新規性を備え、従来の同類製品に比べ十分な進歩を有し、実用性が高く、社会のニーズに合致しており、産業上の利用価値は非常に大きい。
【0030】
10 アダプター
11 バッテリー
111 正極
112 負極
12 電源伝送線
13 後板
131 サポート板
132 穿孔
133 緊密結束ベルト
14 第一制御パネル
141 電源出力コンセント
142 電源入力コンセント
144 インジケーター
145 ノーヒューズスイッチ
146 給気口
147 主電源スイッチ
15 第二制御パネル
151 LED照明灯
152 切換スイッチ
16 第三制御パネル
161 排気口
162 ソーラーパネルコンセント
163 USBコンセント
164 アダプター状態インジケーター
165 電力残量インジケーター
166 充電インジケーター
167 交流電源インジケーター
17 第四制御パネル
171 給気口
20 搭載台
21 脚部
22 伸縮ハンドル
23 車輪
24 フックフレーム
25 係合制御フレーム
30 ソーラーパネルユニット
31 ソーラーパネル
32 伝送線
33 定位フレーム
40 外殻
50 結束ベルト

(57)【要約】

【課題】ソーラーパネルユニットを利用した、緊急事態に対応可能な携帯式移動電源を提供する。【解決手段】携帯式移動電源はバッテリーを設置するアダプター10を備え、アダプター10周囲の側面には数個の制御パネル14、15等を設置し、搭載台20はアダプター10とソーラーパネルユニット30を搭載する。上記の構成により、ソーラーパネルユニット30を利用して太陽エネルギーを吸収し蓄電し、搭載台20の機動性と利便性を利用して必要な場所へと移動させられ、絶えず電力を供給することができる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):