(54)【考案の名称】立体パズル

(73)【実用新案権者】三洋紙業株式会社

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】 図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、プラスチック・モデルキットとジグソーパズルの醍醐味を兼備した立体パズルに関する。

【従来の技術】

【0002】
従来のプラスチック・モデルキットの一例としては、合成樹脂の射出成形により、ランナーに複数のパーツを連結したものが知られている(例えば、特許文献1参照)。このプラスチック・モデルキットでは、ランナーとパーツの接続部をニッパー等により切断してパーツをランナーから切り離し、パーツを切り離した後のランナーは廃棄される。したがって、ランナーの合成樹脂の分、無駄になる。
【0003】
また、プラスチック材料としてはポリスチレン(PS)が多用されるが、これは柔軟性が無いので、非常に砕け易く、折り曲げることはできない。
【0004】
さらに、パーツ同士等を接着剤により接着する際に、接着剤等で白濁することが多く、美観を害する。
【0005】
一方、ジグソーパズルは、複数のピースの表面の絵柄、写真、模様等を揃え、隣り合うピースのかみ合せが可能か否かを考えながら、絵等を完成させる楽しみがある(例えば、特許文献2参照)。
【0006】

【効果】

【0010】
本考案によれば、複数のパーツの嵌合部同士の嵌合が可能か否かを考えながら所定形状の立体に組み立てるので、隣り合うピースの嵌合の可否を考えながら絵等を完成させるジグソーパズルと同様の醍醐味を提供することができる。
【0011】
また、本考案は、所定形状の立体に組み立てるので、その組立のプロセスでプラスチック・モデルキットと同様の醍醐味を提供することができる。
【図面の簡単な説明】
【0012】
【図1】本考案の第1の実施形態に係る自動車の組立完了後の斜視図。
【図2】(A)は図1で示す自動車の一対の側面部の展開図、(B)は同,車輪部の展開図。
【図3】図1で示す自動車の本体部の分解展開図。
【図4】図2(A)で示す一対の側面部の一方を折り曲げる折曲工程を示す斜視図。
【図5】図2で示す一対の側面部の他方を折り曲げる折曲工程を示す斜視図。
【図6】図1で示す自動車の前面部と後面部とを形成する工程を示す斜視図。
【図7】図3で示す本体部の組付け位置の位置合せをする工程の斜視図。
【図8】同,本体部の一部の嵌合部の拡大斜視図。
【図9】(A),(B)は、車輪部の折り曲げによる組立工程をそれぞれ示す斜視図。
【図10】組立後の本体部に、車輪部を組み付ける際の位置合せの工程を示す斜視図。
【図11】同本体部に車輪部を組み付けた工程の斜視図。
【図12】同本体部と、一対の側面部との位置合せの工程を示す斜視図。
【図13】同,組立完了後の自動車の斜視図。
【図14】本考案の第2の実施形態に係るタワーであり、組立完了後のタワー本体と、その載置台の斜視図。

【0013】
以下、本考案の実施形態を図面に基づいて説明する。複数の図面中、同一または相当部分には同一符号を付している。
【0014】
図1は、本考案の第1の実施形態に係る立体パズル1の組立完了後の立体の一例である自動車2の一部省略斜視図であり、図2,図3は、そのパーツの展開図、図4〜図13はこれらパーツの組立工程を順次示す斜視図である。
【0015】
図1に示すように組立完了後の自動車2は、例えば透明のPET(ポリエチレンテレフタレート)により構成されており、PET製の透明平板によりそれぞれ形成された図中左右一対の側面部3,4、前面部5、後面部6、本体部7および車輪部8のパーツを有する。なお、自動車2の屋根の天板を形成する屋根天板部と、フロントガラスや前面ボンネット等の前面を形成する前面部については、図1〜図13中、図示省略している。
【0016】
上記各パーツ3〜8は、例えば透明PET製平板のプレス打抜き加工等により量産可能の平板により形成され、折り曲げや折畳みにより塑性変形可能である。
【0017】
図2(A)は、左右一対の側面部3,4の分解展開図である。図2(A)に示すように左右一対の側面部3,4は、自動車2の左右の側面を形成する側面本体3a,4aの底面同士を平板よりなる底板9により一体に連成してなる1枚の透明平板から形成されている。
【0018】
左右一対の側面部3,4は、その側面本体3a,4aに、自動車2の複数の側面窓に相当する複数の側面窓用開口3b,3b,…、4b,4b,…、車輪用開口3c,3c、4c,4cをそれぞれ形成している。
【0019】
また、左右一対の側面部3,4は、その複数の側面窓用開口3b,3b,…、4b,4b,…のやや内側にて、図中破線で示す窓側折り線10a,10bを図中水平方向に形成し、底板9の幅方向両端との境界部にて、図中破線で示す底部側折り線11,12を図中水平方向に形成している。
【0020】
左右一対の側面部3,4は、その図2(A)中の左端部に、水平方向に突出する一対の帯状前面部5a,5bを一体に形成する一方、図中右端部に、水平方向に突出する一対の帯状後面部6a,6bを形成している。これら帯状前面部5a,5bと後面部6a,6bは、図中縦方向に破線で示す複数の湾曲折り線13…,14…,15…,16…を所要のピッチを置いて形成している。
【0021】
これら各折り線10a,10b、11〜16は、例えばプレス押圧加工により薄肉に形成されることにより形成され、折り曲げにより、弾性変形または塑性変形可能に形成される加工であればよく、プレス加工に限定されない。
【0022】
そして、一対の帯状前面部5a,5bは、その先端部に、図中下端が開口する一対の前面嵌合孔17a,17bを図中縦方向に形成している。また、一対の帯状後面部6a,6bの先端部には、図中下端開口の一対の後部嵌合孔18a,18bを図中縦方向に形成している。これら前,後部嵌合孔17a,17b、18a,18bは、その閉塞終端部近傍の一側面に、孔側に突出する係合凸部Sを一体に形成している。
【0023】
底板9は、その前部と後部(図2(A)では左右端部)かつ底板9の幅方向ほぼ中央部に、嵌合孔9a,9bを形成している。
【0024】
図2(B)に示すように、4個の車輪部8,8,…は、自動車2の車輪に相当する左右一対の車輪本体8a,8b同士を帯板状の連成帯8cにより一体に連結した平板により形成されている。各車輪本体8a,8bには、嵌合孔8d,8eを半径方向に形成している。これら嵌合孔8d,8eの閉塞終端部近傍にも上記係合凸部Sを一体に形成している。
【0025】
図3は、本体部7の分解展開図である。本体部7は、左右一対の外側縦板20,21、中央縦板22、前面側横板23、前面横板24、後面側横板25、後面横板26、前中板27、中中板28、後中板29を有する。
【0026】
一対の外側縦板20,21と中央縦板22は、その図3中下端部に、その下端で開口する複数の下嵌合孔30,30,…を図中縦方向に形成している。これら下嵌合孔30,30,…は、外側縦板20,21と中央縦板22の長手方向中間部で最も深く形成され、長手方向両端部に行くに従って漸次浅くなるように形成されている。
【0027】
また、これら下嵌合孔30,30,…の閉塞終端部近傍には上記係止凸部Sをそれぞれ形成している。
【0028】
上記中央縦板22は、その長手方向の前部と後部とに、上記底板9の前,後嵌合孔9a,9bに嵌合する嵌合舌片22a,22bを形成している。
【0029】
そして、前面側横板23、前面横板24、後面側横板25、後面横板26、前中板27、中中板28、後中板29には、図3中上端部に、その上端に開口する複数の上嵌合孔31,31,…を図中縦方向にそれぞれ形成している。これら上嵌合孔31,31,…は、上記下嵌合孔30,30,…にそれぞれ嵌合し、各係止凸部S同士の係止により、その嵌合状態の解除ないし抜脱を防止するようになっている。
【0030】
図3に示すように、上記前面側横板23と後面側横板25の長手方向(図3では横方向)の両端部の下端に、図2(B)で示す各車輪本体8a,8bの嵌合孔8d,8eに嵌合する左右一対の車輪用嵌合孔32,32を縦方向にそれぞれ形成している。
【0031】
次に、図4〜図13に基づいて、自動車2の組立方法を説明する。
【0032】
まず、図4,図5に示すように、左右一対の側面部3,4を、その底部側折り線11,12に沿って、それぞれ谷折りすることにより、底板9に対してほぼ直角に起立させて塑性変形させる。また、窓側折り線10a,10bをやや内側に傾けるように折り曲げる。
【0033】
この後、左右一対の帯状前面部5a,5bを、その複数の湾曲用折り線13,14に沿って順次内側に湾曲させるように折り曲げることにより、底板9の前面湾曲端に沿って内側に折り曲げて湾曲させ、左右一対の前部嵌合孔17a,17bの一方に、その他方を幅方向から押込み嵌入させる。すると、一方の前部嵌合孔、例えば17aの係止凸部Sと、他方の前部嵌合孔17bの係止凸部Sが衝突して弾性変形し、互いに乗り越えて、その反対側に移動する。このために、一対の前部嵌合孔17a,17b同士の引き抜き方向に外力が作用すると、これら一対の係止凸部S,S同士が係止し、その引き抜きが阻止される。
【0034】
また、左右一対の帯状後面部6a,6bを、その複数の湾曲用折り線15,16に沿って順次内側に湾曲させるように折り曲げることにより、底板9の後面湾曲端に沿って湾曲させ、左右一対の後部嵌合孔18a,18b同士を幅方向から嵌合させ、湾曲後部6を形成する。これにより、図6に示すように一対の側面部3,4と前,後面部5,6が形成される。
【0035】
次に、図7に示すように左右一対の外側縦板20,21と中央縦板22に、前面側横板23、前面横板24、後面側横板25、後面横板26、前中板27、中中板28および後中板29をそれぞれ位置合せし、各下嵌合孔30,30,…に、各上嵌合孔31,31,…を押し込み、相互に嵌合させる。これら上,下嵌合孔31,30,…の嵌合は、その一方の、例えば上嵌合孔31に、下嵌合孔30を押し込むと、これら両嵌合孔31,30の係止凸部S,S同士がまず衝突し、さらに押し込むことにより、これら両係止凸部S,S同士が共に弾性変形し、その反対側にそれぞれ移動し、相互に係止する。このために、これら両係止凸部S,Sに引き抜く方向に外力が作用すると、これら両係止凸部S,S同士が係止し、その抜脱が阻止される。
【0036】
図8に示すように、これら各上,下嵌合孔31,30の嵌合時には、これら上,下嵌合孔31,30の各係止凸部S,S同士が図8中上下方向、すなわち、嵌合方向で係合するので、その嵌合状態が保持され、抜脱を防止できる。
【0037】
図9(A),(B)は、左右一対の車輪本体8a,8bと連接帯8cの両端との両境界部を谷折りしてコ字状に折り曲げることにより、左右一対の車輪本体8a,8b同士を対向させ、左右一対の車輪本体8a,8bに見せかけの厚みを持たせる。
【0038】
次に、図10に示すように、組上げられた本体部7の前後左右の車輪用嵌合孔32に各車輪部8の一対の嵌合孔8d,8eをそれぞれ嵌合させる。
【0039】
これにより、図11に示すように本体部7に4つの車輪部8を組み付ける。
【0040】
次に、図12に示すようにこの本体部7を一対の側面部3,4の底板9上に置き、本体部7の中央縦板22の前後一対の嵌合舌片22a,22bを底板9の嵌合孔9a,9bに押込み嵌合させる。この嵌合時、底板9の嵌合孔9a,9bの係止凸部Sが嵌合舌片22a,22bの矩形嵌合孔h(図3参照)に嵌合されるので、その抜脱を防止できる。
【0041】
これにより、図13に示すように自動車2に組み上げられる。この図13で示すように自動車2は、図1で示す組立完了後の自動車2と同じであるが、図1では、視認し易いように図1のものよりも透明度を作図上、低下させているに過ぎない。
【0042】
以上説明したように、本実施形態によれば、この立体パズル1によれば、一対の側面部3,4、前面部5、後面部6、本体部7および車輪部8等、複数のパーツの組付け位置が正しくなければ、目的とする自動車2に正しく組み立てることができない。
【0043】
したがって、例えばジグソーパズルのように、パーツの組付け位置を考えながら、楽しく組み立てて行く醍醐味を提供することができる。
【0044】
また、ジグソーパズルは、2次元の平面であるが、本実施形態は3次元の立体であるので、組立の困難性を上げることがジグソーパズルよりも容易であり、その困難性のアップに対して、ユーザが組立に成功したときの達成感をアップさせるという醍醐味をさらに向上できる。
【0045】
また、この立体パズル1は、左右一対の側面部3,4、前面部5、後面部6、本体部7および車輪部8等のパーツをユーザの指により容易に折り曲げて湾曲面や円筒面等種々の曲面を容易に形成し、塑性変形させることが可能であるので、従来の脆弱なプラスチック・モデルキットには存在しなかった斬新な醍醐味と美感を提供できる。
【0046】
さらに、この立体パズル1は、パーツが折り曲げ可能であるので、パーツを平板により形成しても湾曲面等曲面を容易に形成することができる。
【0047】
このために、パーツを平板により形成することができるので、従来のプラスチック・モデルキットよりもパーツの製造コストの低減を図ることができる。
【0048】
すなわち、この立体パズル1は、パーツを平板により形成するので、PET等の合成樹脂製平板のプレス打抜加工により量産が可能であり、従来のプラスチック・モデルキットのパーツのように合成樹脂の射出成形により形成する場合よりも製造コストの低減を図ることができる。
【0049】
そして、立体パズル1によれば、パーツ同士の組付けを嵌合孔の嵌め込みにより接続し、接着剤を使用しないので、接着剤を用いるプラスチック・モデルキットよりもパーツの組付けが容易かつ迅速であるうえに、接着剤によるパーツの汚れやユーザの手の汚れ等を未然に防止できる。また、接着位置のズレ等による組立誤差が発生せず、誰でも同じ形状の物が形成できる。
【0050】
しかも、本実施形態によれば、嵌合孔同士を単に嵌合させることにより、これら嵌合孔の係止凸部S同士の係止により、その嵌合状態の抜脱ないし解除を防止できる。また、各パーツが透明であるので、透明によりもたらされるシースルーやスケルトン等、独特の美感を提供できる。
【0051】
なお、上記自動車2では、屋根部とフロント部を省略した場合について説明したが、これは本考案の説明の便宜上省略したに過ぎないので、屋根部やフロント部を設けてもよく、そのまま省略してもよい。
【0052】
図14は本考案の第2実施形態に係るタワー(塔)1Aの組立完了後の斜視図である。このタワー1Aは、例えば東京タワーや東京スカイツリー等種々のタワーを模したタワーであり、上記自動車2とほぼ同様に、透明平板状の複数のパーツ同士の嵌め込みや折り曲げ等により組み立てられるが、この組立完了後のタワー本体Aと、これを載置する載置台40と、この載置台40内に内蔵された照明装置41と、を有し、置物としても楽しめる点に主な特徴を有する。
【0053】
載置台40は、例えば角筒台状の紙製、または合成樹脂製の箱により形成されており、タワー本体Aのパーツが収容されている。
【0054】
載置台40は、パーツを出入する開閉可能の出入口を有し、例えばその上面上に、タワー本体Aの下端部42を嵌合させて立設する複数の嵌合孔43と、内蔵照明装置41の照明光を投光する投光開口44を形成している。タワー本体Aは、その下端部42の3辺に、図14中下方に先細の矢印形状の嵌入用舌片42a,42a,42aを形成しており、これら嵌入用舌片42a,…を載置台40の嵌合孔43,43,…に嵌入させ、固定する。
【0055】
照明装置41は、例えば電池駆動または商用電源駆動のLED(発光ダイオード)やEL(エレクトロルミネセンス)、白熱豆電球等を光源として具備しており、白色光の他に、R,G,B(赤,緑,青)等の有採色の単色光または組合せ光でもよく、さらに、点滅または駆動等させてもよい。
【0056】
これによれば、上記自動車2とほぼ同様の作用効果を奏することができるうえに、立体パズル1を置物としても楽しむことができる。また、タワー1A以外に、東京ドームやレインボーブリッジ等、種々の建造物、飛行機、船舶、種々の機械、人形等立体であれば何でもよい。さらに、照明装置41は省略してもよい。
【0057】
以上、本考案の幾つかの実施形態を説明したが、これらの実施形態は、例として提示したものであり、本考案の範囲を限定することは意図していない。これら新規な実施形態は、その他の様々な形態で実施されることが可能であり、本考案の要旨を逸脱しない範囲で、種々の省略、置換え、変更を行うことができる。これら実施形態やその変形は、本考案の範囲や要旨に含まれるとともに、実用新案登録請求の範囲に記載された考案とその均等の範囲に含まれる。
【0058】
1…立体パズル、2…自動車、3,4…左右一対の側面部、5…前面部、6…後面部、7…本体部、8…車輪部。

(57)【要約】

【課題】プラスチック・モデルキットとジグソーパズルの醍醐味を兼備した立体パズルを提供する。【解決手段】嵌合孔30,31を有する折り曲げ可能の複数の合成樹脂製のパーツである一対の側面部3,4、前面部5、後面部6、本体部7および車輪部8を具備し、これらパーツ3〜8の嵌合孔同士を嵌合させて所定形状の立体の自動車2に組み上げられる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):