(54)【考案の名称】携帯電話イヤホーン用受話ケース

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図2

【概要説明】

【分野】

【0001】
携帯電話のマイク付きイヤホーンを携帯電話イヤホーン用受話ケースに装着することに関するものである。

【従来の技術】

【0002】
携帯電話に付属されているマイク付きイヤホーンを耳に挿入して電話をしていた。
【考案が解決しようとする課題】
【0003】
携帯電話をマイク付きイヤホーンで通話をしていると周りの人から独り言をする人に見られる。携帯電話でマイク付きイヤホーンは、電話がかかってきた時に耳にイヤホーンをするのが面倒である。

【効果】

【0005】
電話をしている時に見た目がよく、卓上用の電話の受話器を使用している感覚で通話ができる。また、イヤホーンでの通話なので、携帯電話本体から人体(脳)に悪い電波を防ぐことができる。
【図面の簡単な説明】
【0006】
【図1】本発明の正面図
【図2】本発明の側面からの断面図である。

【0007】
以下、本発明を実施するための形態について説明する。
合成樹脂や金属等で作られた本体(1)に、イヤホーンのスピーカーの音が出る穴(2)とイヤホーンのマイクの穴(3)が開けてある。内部はマイク収納溝(4)イヤホーンのケーブルの収納溝(5)、使用しないスピーカー収納溝(6)、使用するスピーカーの収納溝(7)、マイク付きイヤホーンのケーブル穴(8)、マイク付きイヤホーンのスイッチを押す穴(9)から本体は形成され,本体の底(10)に本体の蓋(11)が被さるようになっている。尚、点線部分はマイク付きイヤホーンを表している。
【0008】
1 本体
2 スピーカー穴
3 マイク穴
4 マイク収納溝
5 余分なケーブル収納溝
6 使用しないスピーカー収納溝
7 使用するピーカー収納溝
8 ケーブル穴
9 スイッチを押せる穴
10 本体底
11 本体蓋

(57)【要約】

【課題】携帯電話のマイク付きイヤホーンを簡単に装着することができ、卓上電話機の受話器のように使用できる受話ケースを提供する。【解決手段】携帯電話のマイク付イヤホーンのスピーカーが装着されるスピーカー収納溝6、7と、マイクが装着されるマイク収納溝4を有し、マイクが装着される裏面部分にスイッチ穴が設けられる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):