(54)【考案の名称】左官用鏝板

(73)【実用新案権者】株式会社カネシカ

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図8

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は漆喰、聚楽、珪藻土等の塗り壁材、モルタルあるいはパテなどの可塑化された材料(以下「壁材等」という)を塗る時に使用する鏝板に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
通常、鏝板の形状は略長方形である。壁材等を塗る時、作業者は、鏝板の長辺が壁に平行になるように鏝板を保持する。これにより、作業者は壁と正対することになり、鏝等を真直ぐ壁へ向かって押し出すことによって、鏝板上の壁材等を鏝の裏面にすくい上げ、最短距離で壁に塗り付ける。
従来の鏝板は、鏝板の裏面に、相対する長辺に対して平行になるように、各長辺より鏝板の内側に梁部をそれぞれ設け、該両梁部に対して錯角が略45度の角度となるように把持部を取り付ける。把持部を握れば、無理なく鏝板の長辺が壁と平行になる構造になっている。すなわち把持部と鏝板の長辺は略45度の角度を形成している。
しかし、図1〜図3に示すように、鏝板の把持部は右利きの人が使用する、すなわち左手で鏝板を保持することを前提に取り付けられているため、右利き用の鏝板を左利きの作業者が使用すると略長方形の短辺が壁と平行になり、壁材等の塗り付けの作業性が低下する。
【0003】

【効果】

【0008】
鏝板の対角線上に把持部を配置することによって、鏝板の辺のうち、壁と平行になる辺と把持部が形成する角度は45度になる。
【0009】
鏝板の形状が正方形であるから、従来の鏝板のように長辺、短辺の区別がなく、鏝板を左手から右手、または右手から左手に持ち替える、すなわち鏝板を90度回転させるだけで、把持部を取り付け直すことなく、左利き用にも右利き用にも使える。
【0010】
作業員が右利きであれば、鏝、へら等に付着した余分な壁材等を、壁と直交する鏝板の右側の辺でそぎ落とすことが多い。このため鏝板の該辺部は著しく磨耗するが、鏝板を180度回転させれば、壁と直交する鏝板の左側の辺が右側になり、右利きの作業員は磨耗がない辺で再びそぎ落とすことができるので、該鏝板の寿命が延びる。
【0011】
鏝板の形状を、角部を曲線または直線で面取りした正方形とし、鏝板裏面において、鏝板の対角線中心が把持部の中心となるように対角線上に把持部を配置し、梁部は把持部両端においてそれぞれ該把持部と直交し、かつ直交位置が梁部中心となるよう配置するとともに、両梁部の端部が、正方形である鏝板各辺と同じあるいは内側に位置する形態にする。
【0012】
本考案を図において説明すると、図8〜11に示すとおり、鏝板1の形状を、角部を曲線または直線で面取りした正方形とし、鏝板裏面において、鏝板の対角線中心が把持部2の中心となるように対角線上に把持部を配置し、梁部3は把持部両端においてそれぞれ該把持部と直交し、かつ直交位置が梁部中心となるよう配置するとともに、両梁部の端部が鏝板各辺4と同じあるいは内側に位置する形態にする。
【図面の簡単な説明】
【0013】
【図1】従来の鏝板の平面図である。
【図2】従来の鏝板の底面図である。
【図3】従来の鏝板のA矢視図である。
【図4】従来の鏝板の、把持部を左利き用に付け替えた平面図である。
【図5】他の従来の鏝板の平面図である。
【図6】他の従来の鏝板の底面図である。
【図7】他の従来の鏝板のB矢視図である。
【図8】本考案の鏝板の平面図である。
【図9】本考案の鏝板の底面図である。
【図10】本考案の鏝板のC矢視図である。
【図11】本考案の鏝板のD矢視図である。

【0014】
1 鏝板
2 把持部
3 梁部
4 辺
4a 長辺
4b 短辺

(57)【要約】

【課題】把持部を取り付け直すことなく、左利き用にも右利き用にも使える鏝板を提供する。【解決手段】鏝板の形状を、角部を曲線または直線で面取りした正方形とし、鏝板裏面において、鏝板の対角線中心が把持部の中心となるように対角線上に把持部を配置し、梁部は把持部両端においてそれぞれ該把持部と直交し、かつ直交位置が梁部中心となるよう配置するとともに、両梁部の端部が、正方形である鏝板各辺と同じあるいは内側に位置する形態にする。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):