(54)【考案の名称】左官用へら

(73)【実用新案権者】株式会社カネシカ

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図6

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、塗り壁材、モルタルおよびパテ等の可塑性材料を攪拌し、さらに円筒形容器から掬い取る左官用へらに関するものである。

【従来の技術】

【0002】
可塑性材料を攪拌したり、円筒形容器から掬い取る、従来の左官用道具として、鏝板の形状が略二等辺三角形のブロック鏝および略ハート形のレンガ鏝ならびにへら板の形状が略半円形または略半楕円形で、左右両頂部を直線で接続した形状のへらがある。
【0003】

【効果】

【0010】
本考案の左官用へらは、へら板の先端が略半円形であるため、攪拌時の材料抵抗を軽減する。さらに、該円筒形容器内周に対しても点で接するのみならず、上記のようにへら板を研磨することにより、へら板先端部に可撓性を付与することができ、へらに上方から力を加えることによって、へら板先端部がしなって、該円筒形容器の底板にへら板の先端部が添うことが可能になり、該円筒形容器の底部のふち付近に溜まった可塑性材料を余すところなく掻き出し、掬い取ることができる。
【0011】
本考案は、左官用へらにおいて、従来の略半楕円形の左右両頂部を直線で接続したへら板の形状を、該直線部を略半円形にして、かつ、把柄取付部と略半円形であるへら板先端の間の把柄取付部から約4分の1の箇所を始点として、へら板先端へ掛けてへら板の厚みが漸進的に薄くなるよう、へら板に研磨を施した形状にする。
【0012】
本考案を図において説明すると、図4に示すとおり、へら板の先端形状を略半円形にし、図5に示すとおり、へら板に、把柄取付部とへら板先端の間の把柄取付部から約4分の1の箇所を始点として、へら板先端へ掛けて板の厚みが漸進的に薄くなるよう、研磨を施す。
【0013】
本考案を用いて円筒形容器底部のふち付近に溜まった可塑性材料を掻き出す場合、図7,8に示すとおり、へら板先端部がしなって、該可塑性材料を掻き出すことができる。
【図面の簡単な説明】
【0014】
【図1】従来のブロック鏝の斜視図である。
【図2】従来のレンガ鏝の斜視図である。
【図3】従来の左官用へらの斜視図である。
【図4】本考案の左官用へらの正面図である。
【図5】本考案の左官用へらの側面図である。
【図6】本考案の斜視図である。
【図7】本考案の左官用へらのへら板を円筒形容器底部のふち付近でしならせた斜視図である。
【図8】本考案の左官用へらのへら板を円筒形容器底部のふち付近でしならせたA−A断面図である。

【0015】
1 従来のブロック鏝の鏝板
1a 従来のブロック鏝の鏝板の直線部
1b 従来のブロック鏝の鏝板の先端部
2 従来のレンガ鏝の鏝板
2a 従来のレンガ鏝の鏝板の曲線部
2b 従来のレンガ鏝の鏝板の先端部
3 従来の左官用へらのへら板
3a 従来の左官用へらのへら板の直線部
3b 従来の左官用へらのへら板の両端角部
4 本考案の左官用へらのへら板
4a 本考案の左官用へらのへら板の先端部
4b 本考案の左官用へらのへら板の研磨部
5 本考案の左官用へらの把柄
6 円筒形容器

(57)【要約】

【課題】攪拌時の材料抵抗を軽減し、可塑性材料を余すところなく掻き出して掬い取ることができる左官用ヘラを提供する。【解決手段】略半円形または略半楕円形の左右両頂部を直線で接続した形状であるへら板の直線部を略半円形にして、かつ、把柄取付部と略半円形であるへら板先端の間の把柄取付部から約4分の1の箇所を始点として、へら板先端へ掛けて板の厚みが漸進的に薄くなるよう、へら板に研磨を施す。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):