(54)【考案の名称】携帯端末用カバー

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、携帯端末の音響を改善する、携帯端末用カバーに関するものである。

【従来の技術】

【0002】
スピーカー開口部5が、背面または側面にある携帯端末4で使われている従来の携帯端末用カバー1の図9または図10では、スピーカー開口部5を塞がないように出口開口3が開いているだけなので、スピーカーから発生した音が拡散してしまい、正面に向かう量が少なくなり、音質や音量の低下を招き、聞き取りにくい。
【0003】
特許文献1に開示されているような、携帯パソコンのバスレフポートの音を取り入れて、音質を改善する携帯パソコン用拡張音響箱が提案されている。
【0004】

【効果】

【0011】
請求項1または請求項2の考案によれば、スピーカーの音は、携帯端末用カバーと携帯端末との間にできた空洞を通って、拡散せず携帯端末用カバーの正面から出るため、音量の低下を防ぐことができ、指向性の強い高音域の音も出て音質も改善できる。
【0012】
請求項3または請求項4の考案によれば、スピーカーの音は、携帯端末用カバーと携帯端末との間にできた空洞を通って、拡散せず携帯端末用カバーの正面から出るため、音量の低下を防ぐことができ、指向性の強い高音域の音も出て音質も改善できる。さらに取込口から出口開口までの空洞部分は、携帯端末用カバーの厚さを周りの部分より薄くすることで作っているため、請求項1または請求項2よりもコストが削減できる。
【考案を実施するための最良の形態】
【0013】
(実施形態1)
図1は、本考案の実施形態1にかかる携帯端末用カバーの斜視図である。携帯端末用カバー1の取込口2から入ったスピーカーの音は、携帯端末用カバー1の正面に設けた出口開口3から出るようになっている。
【0014】
図2は、図1を携帯端末4に装着した状態のA―A矢視断面図である。携帯端末4のスピーカー開口部5から出てきた音は、取込口2から携帯端末用カバー1と携帯端末4との間にできた空洞を通って、携帯端末用カバー1の正面に設けられた出口開口3から出るようになっているため、音の拡散を防止し、音量や高音域の音質の低下を改善できる。
【0015】
(実施形態2)
図3は、本考案の実施形態2にかかる携帯端末用カバーの斜視図である。スピーカーの音は、携帯端末用カバー1の正面に設けた出口開口3から出るようになっている。
【0016】
図4は、図3を携帯端末4に装着した状態のB―B矢視断面図である。携帯端末4のスピーカー開口部5から出てきた音は、取込口2から携帯端末用カバー1と携帯端末4との間にできた空洞を通って、携帯端末用カバー1の正面に設けられた出口開口3から出るようになっているため、音の拡散を防止し、音量や高音域の音質の低下を改善できる。
【0017】
(実施形態3)
図5は、本考案の実施形態3にかかる携帯端末用カバーの斜視図である。携帯端末用カバー1の取込口2から入ったスピーカーの音は、携帯端末用カバー1の正面に設けた出口開口3から出るようになっている。
【0018】
図6は、図5を携帯端末4に装着した状態のC―C矢視断面図である。携帯端末4のスピーカー開口部5から出てきた音は、取込口2から携帯端末用カバー1と携帯端末4との間にできた空洞を通って、携帯端末用カバー1の正面に設けられた出口開口3から出るようになっているため、音の拡散を防止し、音量や高音域の音質の低下を改善できる。さらに取込口2から出口開口3までの空洞部分は、携帯端末用カバー1の厚さを周りの部分より薄くすることで作られているため、実施形態1よりコストが削減できる。
【0019】
(実施形態4)
図7は、本考案の実施形態4にかかる携帯端末用カバーの斜視図である。スピーカーの音は、携帯端末用カバー1の正面に設けた出口開口3から出るようになっている。
【0020】
図8は、図7を携帯端末4に装着した状態のD―D矢視断面図である。携帯端末4のスピーカー開口部5から出てきた音は、取込口2から携帯端末用カバー1と携帯端末4との間にできた空洞を通って、携帯端末用カバー1の正面に設けられた出口開口3から出るようになっているため、音の拡散を防止し、音量や高音域の音質の低下を改善できる。さらに取込口2から出口開口3までの空洞部分は、携帯端末用カバー1の厚さを周りの部分より薄くすることで作られているため、実施形態2よりコストが削減できる。

(57)【要約】

【課題】携帯端末に装着して、携帯端末の背面や側面にある内蔵スピーカーの音響を改善する携帯端末用カバーを提供する。【解決手段】外形が略四角形で所定の厚さを有する携帯端末を覆うカバーに、携帯端末の背面を覆う背面部と、この背面部に連続し携帯端末の周囲側面を覆う側面部と、この側面部に連続し携帯端末の正面の縁を覆う縁部と、携帯端末とカバーとの間に空洞を作ることでスピーカーの音を誘導するために、背面部に形成され携帯端末の背面にあるスピーカー開口部を覆う取込口と、この取込口に連続して側面部に形成される空洞部と、この空洞部に連続して縁部に形成される出口開口とを設ける。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):