(54)【考案の名称】切換スイッチ兼用スライドシャッター構造

(73)【実用新案権者】株式会社ナカヨ通信機

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】 図4

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、切換スイッチ兼用スライドシャッター構造に関する。

【従来の技術】

【0002】
電話機に代表される電子機器は、音声やデータの授受などのために、搭載する外部接続コネクタを介し電話回線などとの接続が不可欠となっている。電子機器における外部接続コネクタは通常外面に露出しており、電話回線などが接続されていない状態では外部接続コネクタの開口部に埃や塵などが侵入したり、外力による損傷を被る恐れがある。これを防ぐため、外部接続コネクタを閉塞するスライドシャッターやコネクタカバーを装着するのが一般的である(例えば、特許文献1)。
【0003】
スライドシャッターやコネクタカバーは、外部接続コネクタの使用に応じて開閉自在で、かつ電子機器から外れて紛失しないように、常に電子機器に連結している構造が望ましい。また、電子機器が備える機能を切り換えるスイッチと、その機能に応じる複数の外部接続コネクタを有する場合、スイッチ構造と、それとは別構造で構成するスライドシャッターやコネクタカバーが必要となる。しかしながら、従来の構造では、スライドシャッターやコネクタカバーの取り付けに係る部品および構造が複雑なため、取り付け作業が面倒であると共に、小型・構造簡素化に適さないという欠点があった。
【0004】

【効果】

【0007】
本考案によれば、単純な部品構成かつ簡単な作業で取り付け可能で、しかも電子機器が備える機能を切り換えるスイッチを兼用するスライドシャッター構造を実現できる。
【図面の簡単な説明】
【0008】
【図1】本考案の実施の一形態に係る通信機器を示す斜視図
【図2】図1の状態からスライドシャッターを片方に摺動した斜視図
【図3】リアケースとスライドシャッターの嵌合を示す図1のA−A線断面図
【図4】図1の状態からリアケースをはずした斜視図
【図5】図2の状態からリアケースをはずした斜視図

【0009】
以下に、電子機器として通信機器を例に、図面を参照しながら、本考案の実施の一形態について説明する。ただし、以下の説明は、あくまでも本考案の例示にすぎず、以下の記載によって考案の技術的範囲が限定されるものではない。
【0010】
図1は、本考案の実施の一形態に係る通信機器1を示す斜視図である。外部接続部20を備える通信機器1のリアケース2と、通信機器1のフロントケース3と、通信機器1に搭載する後述の配線基板4に備える外部接続コネクタ40又は後述の外部接続コネクタ41の未使用な一方のコネクタの挿入部位を塞ぐスライドシャッター5から成る構造を表している。本図は、外部接続コネクタ40の使用時を表している。
【0011】
図2は、図1の状態からスライドシャッター5を片方に摺動した斜視図である。本図は、外部接続コネクタ41の使用時を表している。
【0012】
図3は、リアケース2とスライドシャッター5の嵌合を示す図1のA−A線断面図である。リアケース2には、スライドシャッター5と遊嵌する部位に、対向する貫通孔21、22を設ける。スライドシャッター5には、リアケース2と遊嵌する部位に、半球状突起50、51を設ける。貫通孔21、22に半球状突起50、51が挿入することで、リアケース2とスライドシャッター5が遊嵌する。図2の場合も同様に、図1の状態からスライドシャッター5を片方に摺動すると、貫通孔21、22とは別に備える貫通孔に半球状突起50、51が挿入し、リアケース2とスライドシャッター5が遊嵌する。
【0013】
図4および図5は、図1および図2の状態からリアケース2をはずした斜視図である。スライドシャッター5が、所望の外部接続コネクタ40又は41の開口部の開閉と連動するスイッチ構造を表している。スライドシャッター5の一部に配線基板4に備えるスイッチ42を作用する継ぎ手52を設ける。スイッチ42はフォトインタラプタなどのセンサで構成され、継ぎ手52が遮蔽物となり、通信機器1に備える機能を切り換える。
【0014】
以上説明した通り、本考案によれば、単純な部品構成かつ簡単な作業で取り付け可能で、しかも電子機器が備える機能を切り換えるスイッチを兼用するスライドシャッター構造を実現できる。
【0015】
なお、実施の一形態においては、電子機器として通信機器を例に説明したが、本考案の構造は、電子機器一般に適用可能であり、通信機器以外に、特にモバイルパソコンなどの小型軽量性が求められる携帯機器にも適している。
【0016】
1…通信機器、2…リアケース、20…外部接続部、21…貫通孔、22…貫通孔、3…フロントケース、4…配線基板、40…外部接続コネクタ、41…外部接続コネクタ、42…スイッチ、5…スライドシャッター、50…半球状突起、51…半球状突起、52…継ぎ手

(57)【要約】

【課題】 単純な部品構成かつ簡単な作業で取り付け可能で、しかも電子機器が備える機能を切り換えるスイッチを兼用するスライドシャッター構造を実現する。【解決手段】 複数の外部接続コネクタを有する電子機器の外部接続コネクタの未使用なコネクタの挿入部位を塞ぐスライドシャッター構造において、複数の外部接続部を備える電子機器のケースと、ケースの所定の部位に遊嵌し所望の外部接続コネクタの開口部を開閉する開閉自在なスライドシャッターと、スライドシャッターの開閉と連動するスイッチ構造と、を有し、ケースとスライドシャッターの互いが遊嵌する部位にガイド形状を設け、スライドシャッターの一部に配線基板に備えるスイッチを作用する継ぎ手を設ける。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):