(54)【考案の名称】左官用鏝

(73)【実用新案権者】株式会社カネシカ

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図4

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、漆喰やアクリル系塗装材(以下「外壁仕上材等」という)を外壁に塗りつけた後、仕上げ処理のため、凹凸面をならしたり、模様を付けた時に生じる、左官鏝に起因する不要な線状の痕跡(以下「鏝波」という)の発生を抑制し、かつ塗り厚を均一にして塗り広げる左官鏝に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
従来の左官鏝の鏝板は、鉛直方向から見て、略台形の鏝板あるいは略台形の底辺のうち短辺が、底部を省略した略二等辺三角形になった鏝板の形状を有している。また、従来の左官鏝は、作業者が握る把柄から鏝板前端までの長さと、把柄から鏝板後端までの長さが異なっている。
【0003】

【効果】

【0008】
寒水石あるいは珪砂等の骨材を混入させた外壁仕上材等は一回の塗りつけで仕上げる場合もあるが、大抵はその後にスポンジなどでこすったり、ひきずり模様を付け、寒水石あるいは珪砂等の凹凸感を際立たせたり、あるいは逆に凹凸を押さえて均一に仕上げることが多い。
【0009】
凹凸を押さえて均一に仕上げる場合、左官鏝を外壁表面に垂直に押し付け、こすり付けていくが、本考案の左官鏝の鏝板の形状は、鉛直方向から見て真円であって、角および頂角部を有する形状ではないので、垂直に押し付け、こすり付けていく作業を行っても外壁仕上材等を引っかく、あるいは引きずるなどの鏝波は発生しない。
さらに、真円形の鏝板であるから、垂直に押し付ける力も鏝板の同心円上において同じ大きさで分布するので、塗り厚の不均一も発生しない。
【0010】
本考案は、鉛直方向から見た左官鏝の鏝板の形状を真円形にして、角および頂角部を有しない形状にする。
【0011】
外壁を仕上げる際に、外壁仕上材等を強く外壁表面に押し付けるため、鏝板が変形しやすくなる。
本考案では鏝板の補強として、鏝板と同心円で、かつ、鏝板より小さな適宜の寸法の半径と適宜の厚さを有する真円形の背金を鏝板の上面に固着する。
【0012】
また、把柄を作業者が握りやすく、かつ、力をこめやすい形状にするため、本考案では背金に立設する把柄を適宜の直径と高さを有する円柱形にする。
【0013】
本考案を図において説明すると、図1、2、3および4に示すとおり、鏝板の形状を真円形とし、背金の形状を該鏝板と同心円で、かつ、該鏝板より小さな適宜の寸法の半径である真円形とし、背金に立設する把柄の形状を適宜の直径と高さを有する円柱形とする。
さらに、把柄の上端部に面取りを施せば、より握りやすく、かつ、力をこめやすくなる。
【0014】
図3において鏝板は水平方向から見て同一平面であるが、第2実施例として図5に示すとおり、鏝板を真円中心から背金外周端部まで同一平面とし、背金外周端部から鏝板外周端部に向かって上方へ適宜の角度で直線状に折り曲げても同様の効果が得られる。
【0015】
さらに、第3実施例として図6に示すとおり、鏝板を真円中心から背金外周端部まで同一平面とし、背金外周端部から鏝板外周端部に向かって上方へ適宜の半径で曲線状に折り曲げても同様の効果が得られる。
【図面の簡単な説明】
【0016】
【図1】本考案を鉛直方向上方から見た平面図である。
【図2】本考案を鉛直方向下方から見た平面図である。
【図3】本考案を水平方向から見た側面図である。
【図4】本考案を右斜め上方から見た斜視図である。
【図5】本考案の第2実施例を水平方向から見た側面図である。
【図6】本考案の第3実施例を水平方向から見た側面図である。

【0017】
1 鏝板
1a 鏝板の上面
2 背金
3 把柄

(57)【要約】

【課題】仕上げ面の鏝波および塗り厚の不均一が生じない左官用鏝を提供する。【解決手段】鉛直方向から見た左官鏝の鏝板の形状を真円形にする。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):