(54)【考案の名称】ヘアアイロン

(73)【実用新案権者】株式会社LPCジャパン

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本発明はヘアアイロンに関することで、もう少し詳細には、成形板の側面に形成されたガイドレールとブラシの側面に形成されたガイドホームを利用して、新しいブラシを簡単に交替できるヘアアイロンに関することである。

【従来の技術】

【0002】
一般的に、ヘアスタイル(Hair Style)は美容において重要な部分で、時と場所によって適切な変化を追求して、美的感覚を発揮する手段で活用されることにより、ヘアスタイルを色々と演出するための努力がされている。
これのための美容道具の中の一つがヘアアイロン(Hair Iron)で、ヘアアイロンは高温の熱を発生させて、ヘアスタイルを美しく演出するのに使われる。
しかし、従来のヘアアイロンは使用直後、発熱板が加熱された状態が維持され、使用者の身に火傷の危険があったり、携帯時や保管時には、冷めるまで長時間待たなければならないという問題点がある。
またヘアスタイリング作業時、ヘアが片側に寄って固まってしまう現象が発生して、ヘアのスタイリング作業が難しく、その上ヘアがしばしばからまってしまうという問題点がある。
【考案が解決しようとする課題】
【0003】
本発明は前述した問題点を解決するためにブラシでヘアを押さえ、ホーム(9本の溝)でヘアが片側に寄って固まってしまうことを防止し、成形板の側面に新しくて多様な形態の他のブラシを着脱出来るヘアアイロンを提供することにその目的がある。

【効果】

【0005】
以上で説明した通り、本発明によると熱ロテイティングシリンダーを正方向または逆方向に回転させながら、ヘアアイロン作業を非常に簡単に行うことができる。またブラシはヘアをきちんと押さえる役割をして、ホームはヘアが寄り固まることを防止する役割をする。
また弾性敷突起は取っ手兼用本体とアームが弾力的に折れるようにアームに設けられるが、弾性敷突起の下部にサブPCB回路基板のタクトスイッチが位置されて、弾性敷突起が下方に押さえられて、上記タクトスイッチを加圧する場合にヒーターが自動駆動するようにする。
またブラシはブラシ着脱手段によって、成形板に着脱出来るように設けられるので、ブラシの側面に形成されるガイドホームの中にガイドレールが挿入されるようにして新しい他のブラシに簡単に取替ができる。
【図面の簡単な説明】
【0006】
【図1】 図1は本発明によるヘアアイロンを、取っ手兼用本体と下アームが開けられた状態で見せた斜視図である。
【図2】 図2は図1の正面図である。
【図3】 図3は本発明によるヘアアイロンを、取っ手兼用本体と下アーム閉められた(折られた)状態で見せた斜視図である。
【図4】 図4は図3の正面図である。
【図5】 図5は図3の平面図でる。
【図6】 図6は本発明の減速ユニットを見せた平面図である。
【図7】 図7は図3のI−I線断面図である。
【図8】 図8は熱ロテイティングシリンダーの変形例を見せた断面図である。
【図9】 図9は本発明のブラシ着脱手段を見せた斜視図でる。
【図10】 図10は本発明の円筒形のカバーを見せた斜視図である。

【0007】
図1乃至図7を参照すれば、本発明によるヘアアイロン(100)は内部に装着空間部(111)が形成されて、上記装着空間部(111)の中にPCB回路基板(113)と駆動モーター(115)が内蔵されて、一つの側に正逆スイッチ(117)とオンオフスイッチ(119)が設置される取っ手兼用本体(110);上記取っ手兼用本体(110)の装着空間部(111)の中に設置されて、上記駆動モーター(115)と連結する減速ユニット(120);上記減速ユニット(120)には回転軸(131)が連結されて、円筒形の熱筒(133)内部にはヒーター(135)が内蔵されるロテイティングシリンダー(130);上記取っ手兼用本体(110)の他側に回転出来るようにヒンジ(H)が結びついて、一つの側に上記取っ手兼用本体(110)と接触する間隔維持突起(141)が形成されるアーム(140);上記取っ手兼用本体(110)と上記アーム(140)が弾力的に折れるように上記アーム(140)に設置される弾性敷突起(150);上記アーム(140)の終端部に結合されて、上記のロテイティングシリンダー(130)と対向位置されて、内部にヒーター(161)が内蔵される成形板(160);上記の成形板(160)に着脱出来るように設けられたブラシ(170);上記の成形板(160)に上記のブラシ(170)を着脱出来るように結合するブラシ着脱手段(180);および上記のヒーター(135)(161)の温度を示す上記取っ手兼用本体(110)に設けられるLED温度インディゲーター(190);を具備する。
本発明によるヘアアイロン(100)の構成をもう少し詳細に説明すれば、上記取っ手兼用本体(110)は本体役割をしながら、取っ手にも使用できる形状で形成され、その内部に装着空間部(111)が形成されて、片方に開口部(111a)が形成される。
上記装着空間部(111)の中にはPCB回路基板(113)と駆動モーター(115)が固定され設けられる。
上記取っ手兼用本体(110)の対面後方には正逆スイッチ(117)とオンオフスイッチ(119)が設けられる。
上記正逆スイッチ(117)によって、駆動モーター(115)が正逆方向に回転して、これに伴いロテイティングシリンダー(130)も正逆方向に回転するように構成される。
上記減速ユニット(120:図2および図9参照)は、上記駆動モーター(115:図2参照)に連結され、上記駆動モーター(115)の回転を減速する装置で、センターに軸挿入ホール(121a)が形成される3階構造の円型板(121);上記円型板121に回転出来るように設けられる3個の遊星ギア(122);
上記遊星ギア(122)の間に位置する太陽歯車(123);上記円型板(121)が挿入されて、内周面に上記遊星ギア(122)と歯合されるスピンが形成される円筒(124);で構成される。
上記のロテイティングシリンダー(130)は上記減速ユニット(120)に連結される回転軸(131)と円筒形の熱筒(133)で構成されるが、上記熱筒(133)の内部にはヒーター(135)が装着される。
上記熱筒ロテイティングシリンダー(130)の外周面にはその外周面に沿ってヘアの寄り固まり防止のために多数のホーム(130a)が形成される。
上記熱ロテイティングシリンダー(130)のヒーター(135)は上記熱筒(133)の内部に密着させることもできるが(図7参照)、熱ロテイティングシリンダー(130’)のヒーター(135)は熱筒(133)と一定間隔(ギャップ)(t)を維持することもできる(図8参照).
このような構造において上記熱ロテイティングシリンダー(130’)は熱筒(133)と、上記)熱筒(133)と一定ギャップ(t)を置いて上記熱筒(133)内部に設置されるヒーター(135)を具備し、上記ヒーター(135)は上記熱筒(133)の外周面に固定されて、上記熱筒(133)と上記ヒーター(135)との間に隙間(t)に微細空気層が形成されて、上記熱筒(133)が均一に加熱できる。
また上記アーム(140)は上記取っ手兼用本体(110)の他側に回転出来るようにヒンジ(H)が結びついて、一つ側に上記取っ手兼用本体(110)と接触する間隔維持突起(141)が形成される。
上記弾性敷突起(150)は上記取っ手兼用本体(110)と上記アーム(140)が弾力的に折れるように上記アーム(140)に設けられ、その弾性敷突起(150)にはスプリングが設置されている。
上記弾性敷突起(150)の下部にはサブPCB回路基板(113’)のタクトスイッチ(未図示)が位置されて、上記弾性敷突起(150)が下方に押さえられて、上記タクトスイッチを加圧する場合にヒーター(135)(161)が駆動されるように構成されることもできる(図4参照).
上記成形板(160)は上記アーム(140)の終端部に結合されて、上記ロテイティングシリンダー(130)と対向位置されて、内部にヒーター(161)が内蔵される。
上記ブラシ(170)はブラシ着脱手段(180)によって、上記成形板(160)に着脱出来るように設けられる。
図8を参照すれば、上記ブラシ着脱手段(180)は上記ブラシ(170)の側面に形成されるガイドホーム(181)、上記ガイドホーム(181)と相応して、上記成形板(160)の側面に形成されたガイドレール(183)、および上記ブラシ(170)を位置ボルト(B)固定する固定弁(185)を具備する。
上記LED温度インディケーター(190)は上記ヒーター(135)(161)の温度を使用者に示すために上記取っ手兼用本体(110)に設けられる。
図10を参照すれば、熱ロテイティングシリンダー(130)の外部に円筒形カバー(C)が着脱出来るように結合することもできる。
熱ロテイティングシリンダー(130)の外部に円筒形カバー(C)をかぶせておけば、熱ロテイティングシリンダー(130)表面にホコリや異質物がつかなくて使用直後の火傷も効果的に防止できる。
これと共に構成された本発明にともなうヘアアイロン(100)の作動を説明すれば次のようになる。
オンオフスイッチ(119)を押して、ヘアアイロン(100)をオンさせる。
ヒーター(135)(161)を加熱し、駆動モーター(115)を駆動し、熱ロテイティングシリンダー(130)を回転させる。
正逆回転スイッチ(117)を稼動し、熱ロテイティングシリンダー(130)を正方向または逆方向に回転させながら、ヘアアイロン作業をする。
ここでブラシ(170)はヘアをきちんと押さえる役割をして、上記のヘア寄り固まり防止ホーム(130a)はヘアの寄り固まりを防止する役割をする。
上記弾性敷突起(150)は上記取っ手兼用本体(110)と上記アーム(140)が弾力的に折れるように上記アーム(140)に設けられ、上記の弾性敷突起(150)の下部にサブPCB回路基板(113’)のタクトスイッチ(未図示)が位置されて、上記弾性敷突起(150)が下方に押さえられて、上記タクトスイッチを加圧する場合にヒーター(135)(161)が駆動するようにする(図4参照).
また上記ブラシ(170)はブラシ着脱手段(180)によって、上記成形板(160)に着脱出来るように設けられる。
すなわち、上記ブラシ着脱手段(180)は上記ブラシ(170)の側面に形成されるガイドホーム(181)の中に、上記成形板(160)の側面に形成されたガイドレール(183)が挿入されるようにして新しいブラシを簡単に取替できる。
このように本発明の権利は上記に説明された実施例に限定されなく、請求範囲に記載されたことにより定義されて、本発明の技術分野で通常の知識を持った者が請求範囲内で記載された権利範囲内で多様な変形ができるということは自明である。
【0008】
100:ヘアアイロン
110:取っ手兼用本体
111:装着空間部
111a:開口部
113:PCB回路基板
113’:サブ回路基板
115:駆動モーター
117:正逆スイッチ
119:オンオフスイッチ
120:減速ユニット
121:円型板
121a:軸挿入ホール
122:遊星ギア
123:太陽歯車(Sun Gear)
124:円筒
130:熱ロテイティングシリンダー
130a:ヘア寄り固まり防止ホーム
131:回転軸
133:熱筒
131:回転軸
135:ヒーター
140:アーム
141:間隔維持突起
150:弾性敷突起
160:成形板
161:ヒーター
170:ブラシ
180:ブラシ着脱手段
190:LED温度インディケーター
180:ブラシ着脱手段
181:ガイドホーム
183:ガイドレール
185:固定便
B:ボルト
C:円筒形カバー
H:ヒンジ
t:間隔(ギャップ)

(57)【要約】

【課題】ヘアアイロンにおいて、成形板の側面に形成されたガイドレールとブラシの側面に形成されたガイドホームを利用して、新しいブラシを簡単に交替できるヘアアイロンを提供する。【解決手段】熱ロテイティングシリンダー130を正方向または逆方向に回転させながら、ヘアアイロン作業を行う。またブラシ170はヘアをきちんと押さえる役割をして、ホーム130aはヘアが寄り固まることを防止する役割をする。また弾性敷突起は取っ手兼用本体110とアーム140が弾力的に折れるようにアームに設けられるが、弾性敷突起の下部にサブPCB回路基板のタクトスイッチが位置されて、弾性敷突起が下方に押さえられて、上記タクトスイッチを加圧する場合にヒーターが自動駆動するようにする。またブラシはブラシ着脱手段によって、成形板160に着脱出来るように設け、ブラシの側面に形成されるガイドホームの中にガイドレールを挿入し他のブラシと交換する。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):