(54)【考案の名称】弁当箱固定用ベルト

(73)【実用新案権者】株式会社まるき

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図3

【概要説明】

【分野】

【0001】
この考案は、弁当箱固定用ベルトの改良に関する。

【従来の技術】

【0002】
弁当箱として、おかずとご飯とを別個のボックスに納めそれらを積層状態して一体とする形態のものがあり、そのものでは積層状態のボックスを一体に固定する固定用ベルトが用いられる。また、蓋が安定しない場合には弁当箱を単独で用いる場合にも固定用ベルトが用いられる。現在、この固定用ベルトとしては、布とゴムとが一体に織り込まれた伸縮ベルトが汎用されている。
【考案の概念】

【効果】

【0009】
この考案の弁当箱固定用ベルトによれば、伸縮性、密着性に優れていることで各種形態の弁当箱、積層形態の弁当箱の固定が安定して行えるようになる。また、この考案の弁当箱固定用ベルトは、洗浄することで常に衛生的に使用でき、かつ、耐熱性に優れることで電子レンジ内における使用が支障なく行える実用性に優れるものである。

(57)【要約】

【課題】十分な伸縮性を持つことで異なる形態の弁当箱の固定が行え、密着性に優れることで安定して固定が行え、衛生的に使用でき、さらに、取り外すことなく電子レンジにおいて弁当の加熱が行える弁当箱固定用ベルトを提供する。【解決手段】環状形態で巻回装着されることで弁当箱10を固定するように用いられる弁当箱固定用ベルト1であり、シリコンゴムによりなる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):