(54)【考案の名称】ラミネート葉書

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、ラミネート葉書に関し、より詳細には、葬儀のあったことを故人の関係者に通知するためのラミネート葉書に関する。

【従来の技術】

【0002】
近年、家族関係の多様化などにより、知り合いの葬儀に出席できない場合などもあるし、大がかりな葬儀自体、故人の希望により行われない場合もある。この様な場合、葬儀のあったことや亡くなったことを葉書を利用して通知する場合がある。葬儀を通知する場合、文面のみでその旨を通知することもできるが、故人の写真などを印刷して通知することにより、葬儀に出席できなかった人も故人を回想することができ、故人の記憶をより長く止めておくことができる。
【0003】
しかしながら、葬儀の通知に写真を印刷することは、親戚やよほどの知り合いでない場合、捨てるわけにも行かず、その処理に困る場合が多い。郵便や葉書でない場合には、仏具や神具、その他ゆかりの物品を丁寧に処分してくれる専門の業者もあるが、葉書の場合、この様なサービスを行ってくれる業者はなく、あったとしても受取人が高額な費用を負担しなければならないという問題があった。
【0004】
これまでにも写真を印刷した葉書や封書は知られており、例えば、特開2002−52871号公報(特許文献1)には、写真などの個人情報を印刷したメッセージカードを郵便として送付する点を記載している。しかしながら、テキストベースのメッセージであれば、受取人もその処分に困ることはないだろうが、特に葬祭に関するものである場合、そのまま捨てるわけには行かず、その処分に困るという問題を認識したものではない。また、意匠登録第1239004号公報(非特許文献1)には、寺社用の往復折りたたみ葉書が記載されており、返信用の往復葉書の裏面に祈願を行うための絵馬を印刷して、寺社に送付するための往復葉書が記載されている。
【0005】

【効果】

【0009】
本考案によれば、受取人の心理的負担を軽減しながら、上述した葬儀サービスを可能とするラミネート葉書を提供することができる。
【図面の簡単な説明】
【0010】
【図1】本考案のラミネート葉書を示した図。
【図2】本考案のラミネート葉書のためのラミネート装置を示した図。
【図3】本考案のラミネート葉書の表側印刷面の第1の実施形態を示した図。
【図4】本考案のラミネート葉書の表側印刷面の第2の実施形態を示した図。
【図5】本考案のラミネート葉書の裏側印刷面の実施形態を示した図。

【0011】
以下、本考案を実施形態をもって説明するが、本考案は後述する実施形態に限定されるものではない。図1は、本考案のラミネート葉書100の実施形態を示す。ラミネート葉書100は、通信文を記載する面(以下裏面として参照する。)に、写真又はポートレイトの写真印刷面102および通信の文を印刷する通信面106を備えている。写真印刷面102は、往復葉書の内返信用葉書に相当する位置に印刷され、その他個人情報が知られる様な記述はまったくなされていない。
【0012】
一方、通信面106には、挨拶文が印刷されており、左手側の写真の故人について葬儀が終了したことなど、およびそのお礼などの文書が記載されている。図1に示したラミネート葉書は、易剥離性の界面を有する2層構造のベースフィルム104を挟んで裏面同士を矢線Aで示す方向に折りたたんで面々重ね合わせた後、図2に示すラミネータに通すことによって、裏面同士が密着した易剥離性のラミネート葉書100とされる。ベースフィルム104の葉書に対する接着は、ベースフィルム104の葉書に相対する面に施された熱可塑性接着剤を、図2に示すラミネータに通過させて、熱可塑性接着剤を葉書に接着することにより行われる。
【0013】
なお、ラミネート葉書100に対して易剥離性接着処理を施すためには、上述した実施形態の他にも、ベースフィルム104の易剥離性の界面をエンボス加工して易剥離性とする処理や、易剥離性の界面にニスをコーティングして、易剥離性を付与する処理を用いることができ、これまで知られたいかなる手法でも本居ことができる。
【0014】
図2は、本実施形態に使用することができるラミネータ200を示す。ラミネータ200は、筐体202内にのり付け装置、フィーダ、熱定着器などを収容しており、フィーダトレイ204にラミネート葉書を折りたたんで挿入し、ラミネータ200を起動すると、熱圧着されて裏面同士が易剥離性接着剤により接着されて、排出トレイ206上に排出される。
【0015】
図3は、本実施形態のラミネート葉書100の表面300の実施形態を示す。表面は、宛先を記載し、郵便切手を貼付する面302と、返信先を印刷した面304とを含んでおり、面304の裏側に写真が印刷される。また、面304には、葉書の内容を受取人に認識させることができるように、図3に示した実施形態では、「葬儀事後通知」などの言葉と適切な写真が印刷されている。また、面304の適切な箇所には、切手貼付欄と返信先306とが印刷されていて、受取人が写真を返却して供養してもらいたいと考える時には、折り目308で切り取り、切手を貼付して、投函するだけで心理的な負担をかけることなく写真の始末を行うことができる。
【0016】
図4は、本実施形態のラミネート葉書100の第2の表面400の実施形態を示す。図4に示した実施形態は、表面400のうち、面404に印刷された画像部分が異なるのみで、その他は、同様の構成とされている。なお、他の実施形態では面404の画像を絵はがき程度の大きさとして面404の下側に配置し、返信先を面404の上側に配置する、いわゆる絵はがきの形式として構成することができる。
【0017】
図5は、本実施形態のラミネート葉書100を受取人がラミネートをはがして見たときの裏面の状態500を示す図である。面504には、写真またはポートレイトまたはその他故人を偲ばせる物品の写真や、絵画などが印刷されている。また向かって右手側の面502には挨拶文が記載されており、個人情報を秘匿しながら受取人に送付でき、また故人を偲んでもらうには十分な作用効果を有する。しかしながら、面504に高名な故人の書や絵画などが印刷されていれば記念に取っておこうと思う人もいれば、写真の場合にはその取扱に困る人もいることは想像するに難くない。
【0018】
受取人が、写真が負担になると考える場合、切手を面504の裏側に貼付し、折りしろ506から切り取って投函するだけで、受取人の心理的負担を著しく軽減しながら写真に対する対応を行うことができる。なお、折りしろ506は、切り取りやすいように予めミシン目加工しておくことができる。なお、ラミネートする前に返信用の切手を同封しラミネートすることで、受取人の費用的負担も無くすることができる。
【0019】
また、図2に示したラミネータ200は、小型軽量であり、小ロット作成に用いやすいので、大手葬儀社の他、中小葬儀社においてもそのサービスの一環として本考案のラミネート葉書100を作成し、サービスを行うことができる。
【産業上の利用可能性】
【0020】
本考案によれば、受取人の心理的負担を無くし、新たな葬儀サービスを提供することが可能なラミネート葉書を提供することができる。
【0021】
100 ラミネート葉書
104 ベースフィルム
200 ラミネータ
300、400 表面
500 裏面

(57)【要約】

【課題】葬儀のあったことを故人の関係者に通知するためのラミネート葉書を提供すること。【解決手段】 ラミネート葉書100は、往復葉書の通信文を記載する面に故人に関連する画像と挨拶文とが印刷され、易剥離性のベースフィルム104によって郵送時には通信文を記載する面が接着されており、画像102が返信する部分の裏面に配置され、挨拶文106が送信宛先が記載された部分の裏面に記載されており、易剥離性のベースフィルム104が画像を含む裏面同士を剥離可能に接着することで、個人情報の保護を可能とし、受取人の心理的負担を軽減しながら葬儀サービスを拡大することができる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):