(54)【考案の名称】カレンダー付私製はがき(絵はがき)

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本件の考案は私製はがき(絵はがき)をより有効的に活用することを目的としたものである。

【従来の技術】

【0002】
従来の私製はがき(絵はがき)は郵便はがきとして使用することを目的としたものでありました。
【考案が解決しようとする課題】
【0003】
従来の私製はがき(絵はがき)では先方に送付することを目的とし、図柄・文字等を充分活用できていない部分がありました。

【効果】

【0005】
カレンダーであることより広告媒体としても常時展示されること。また、使用した後は切り取り線より切り離し、定型の私製はがきとして再利用できるため、無駄のないエコ商品としてアピールできる。
【図面の簡単な説明】
【0006】
【図1】表面展開図
【図2】裏面展開図

【0007】
私製はがき(絵はがき)として再利用する目的のため、材質は定形郵便物に定める程度の厚みを有する素材が望ましい。
展示方法は様々ですが、再利用する観点より、透明なケースに収めて使用することが望ましい。
【0008】
カレンダー・広告媒体として使用の後、図1(表面)及び図2(裏面)の状態で切り離し、私製はがき(絵はがき)として再利用する。
【0009】
1は私製はがき(絵はがき)図柄・文字等面
2はカレンダー部分
3は広告部分
4は切り取り線
4’は切り取り線
5は私製はがき(絵はがき)宛名等面

(57)【要約】

【課題】はがきとして使用するだけではなく、図柄・文字等付のカレンダー及び広告媒体として使用することができるカレンダー付私製はがきを提供する。【解決手段】平板の片面の一部に図柄・文字等を印刷し、その余白部分にカレンダー及び広告部分を印刷し、はがき部分との境界に切り取り線加工を施す。また、平版のもう一方の片面に郵便番号枠及び切手貼付枠を印刷する。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):