(54)【考案の名称】電気コネクタ

(73)【実用新案権者】正▲うえ▼精密工業股▲ふん▼有限公司

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図6

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は一種のコネクタに係り、特に、一種の構造が強固で且つ防水機能を具えた電気コネクタに関する。

【従来の技術】

【0002】
科学技術の進歩に伴い、各種の電子システム中において、電気コネクタは機器と機器、装置と装置、システムとシステムの間で電気接続と信号伝送を行い、完全なシステムを構成するのに必要な基礎部品である。現在、電気コネクタは広くパーソナルコンピュータ或いは携帯電話等の電子製品中に応用される。
【0003】
現在ある電気コネクタは一般に絶縁本体、ケース及び複数の導電端子を包含する。絶縁本体には導電端子と一対一で対応する複数の端子溝が開設され、複数の導電端子は端子溝内にそれぞれ収容され、ケースは絶縁本体外を被覆し並びに収容空間を形成し、導電端子及び絶縁本体はいずれも収容空間内に収容される。現在ある導電端子はそれぞれ端子溝内に収容され、これにより導電端子と端子溝の間には隙間が存在し、接続部材が本考案の電気コネクタに接続される時、接続部材が収容空間内に収容され並びに導電端子に接続され、隙間が存在する状況で導電端子は接続部材の接触により変形を発生しやすく、これにより、電気コネクタと接続部材の接触効果が不安定となり、電気コネクタの電気性能が低くなる。このほか、現在ある電気コネクタ中には防水構造が設けられておらず、このため電気コネクタの防水効果は低く、このため使用時に安全性の問題がある。
【0004】
以上不足点に基づき、導電端子の構造が強固で且つ防水機能を有する電気コネクタが必要とされている。
【考案が解決しようとする課題】
【0005】
本考案の目的は、上述の周知の技術の不足に対して、一種の電気コネクタを提供することにあり、該電気コネクタの導電端子の構造は強固で、これにより電気コネクタの電気性能は良好で、同時に電気コネクタは防水機能を有し、これにより使用が安全で信頼性があるものとする。

【効果】

【0007】
上述したように、本考案の電気コネクタの複数の端子は絶縁本体中に嵌め込まれ、これにより、複数の端子の構造は強固で、これにより接続部材が複数の端子に接触する時に変形を発生するのを防止でき、これにより複数の端子と接続部材の接触が安定し、且つ電気性能が良好となる。このほか、電気コネクタのシールリングが密封を形成するように隔離手段と接続し、液体が進入する時、シールリングが液体が前収容空間から後ろ収容空間に進入するのを防止し、これにより、電気コネクタに電気的に接続された電子機器に損壊をもたらすのを防止し、これにより、電気コネクタの使用の安全性と信頼度を増す。
【図面の簡単な説明】
【0008】
【図1】本考案の電気コネクタの構造表示図である。
【図2】本考案の電気コネクタの別の角度の構造表示図である。
【図3】本考案の電気コネクタの部分構造表示図である。
【図4】本考案の電気コネクタの表面構造表示図である。
【図5】図4の電気コネクタのA−A方向の断面図である。
【図6】本考案の電気コネクタの構造分解図である。

【0009】
本考案の技術内容、構造特徴、その達成しようとする目的及び作用効果を達成し、図面と合わせて説明する。
【0010】
図1から図5を参照されたい。本考案の電気コネクタ1は絶縁本体10、ケース20、複数の端子30及びシールリング40を包含する。ケース20は収容空間200を形成する。絶縁本体10と複数の端子30は収容空間200内に収容される。ケース20の内側は隔離手段210を具え、隔離手段210はケース20の内表面に添って一周囲み収容空間200を前収容空間201と後ろ収容空間202に分ける。絶縁本体10は前本体110と後ろ本体120を包含する。前本体110は前収容空間201内に収容する。後ろ本体120は後ろ収容空間202内に収容され、シールリング40は前本体110に嵌合され、並びに密封を形成するように隔離手段210と接続され、複数の端子30は絶縁本体10中に嵌め込まれ並びに複数の端子30の一端が後ろ本体120外に突出し、別の一旦は前本体110の表面より突出する。
【0011】
図3、図5及び図6を参照されたい。前本体110は後ろ本体120の側面中部より前向きに延伸されて形成され、且つ前本体110の表面に、複数の端子30と一対一で対応する端子溝112が開設されている。前本体110と後ろ本体120の境界部分に凹環114が形成され、シールリング40が凹環114内に設けられ、並びに密封を形成するように隔離手段210と接続する。シールリング40はほぼ長方形の構造を呈する。
【0012】
複数の端子30は複数の導電端子31と複数の接地端子32を包含する。導電端子31は第1の嵌合部311と第1の接触部312を包含する。第1の嵌合部311は後ろ本体120内に嵌め込まれ且つ第1の嵌合部311の一端は後ろ本体120外に突出し、第1の接触部312は第1の嵌合部311の別一端は前向きに延伸され並びに一対一で対応するように前本体110の端子溝112の表面より突出し、第1の接触部312の末端は下向きに折り曲げられ並びに端子溝112の表面より突出する。接地端子32は第2の嵌合部321と第2の接触部322を包含し、第2の嵌合部321は後ろ本体120内に嵌め込まれ、且つ第2の嵌合部321の一端は後ろ本体120外に突出し、第2の接触部322は第2の嵌合部321の別端は前向きに延伸されて一対一で対応するように前本体110の端子溝112の表面より突出し、第2の接触部322の末端は下向きに折り曲げられ並びに端子溝112の表面に嵌め込まれる。26個の導電端子31と四つの接地端子32を有し、導電端子31の両側にそれぞれ二つの接地端子32が分布する。
【0013】
図6を参照されたい。ケース20は第1ケース21と第2ケース22を包含する。第1ケース21は絶縁本体10外を被覆し、並びに収容空間200を形成し、第1ケース21上に嵌合溝211が開設され、第2ケース22に嵌合溝211にマッチングする嵌合部221が設けられ、第2ケース22は嵌合溝211と嵌合部221により第1ケース21外を被覆するように固定される。第1ケース21の左右両側壁に連接部品50が設けられ、第2ケース22の左右両側壁に開孔223が設けられ、連接部品50は開孔223をとおり第2ケース22外に突出し、連接部品50により電気コネクタ1がその他の電子部品に取付けられる。
【0014】
上述したように、本考案の電気コネクタ1の複数の端子30は絶縁本体10中に嵌め込まれ、これにより複数の端子30の構造は強固となり、接続部材が複数の端子30に接触する時の変形を防止し、これにより複数の端子30と接続部材の接触が安定し且つ電気性能が良好となる。このほか、電気コネクタ1のシールリング40が密封するように隔離手段210と接続され、液体が進入する時、シールリング40が液体の前収容空間201から後ろ収容空間202に進入するのを防止し、これにより電気コネクタ1に電気的に接続された電子機器に損壊が形成されるのを防止し、これにより電気コネクタ1の使用を安全で信頼できるものとする。
【0015】
1 電気コネクタ 10 絶縁本体
110 前本体 112 端子溝
114 凹環 120 後ろ本体
20 ケース 200 収容空間
201 前収容空間 202 後ろ収容空間
21 第1ケース 211 嵌合溝
22 第2ケース 221 嵌合部
223 開孔 30 端子
31 導電端子 311 第1の嵌合部
312 第1の接触部 32 接地端子
321 第2の嵌合部 322 第2の接触部
40 シールリング 50 接続部材

(57)【要約】

【課題】導電端子の構造が強固で且つ防水機能を有する電気コネクタを提供する。【解決手段】電気コネクタ1は絶縁本体、ケース、複数の端子及びシールリング40を包含し、該ケースが収容空間を形成し、絶縁本体及び複数の端子が該収容空間内に収容され、ケースの内側に隔離手段があり、該隔離手段はケースの内表面を一周囲み、収容空間を前収容空間と後ろ収容空間に仕切り、絶縁本体は前本体110と後ろ本体120を包含し、前本体は前収容空間内に収容され、後ろ本体は後ろ収容空間内に収容され、シールリングは前本体に嵌合され並びに密封状態で隔離手段と接続され、複数の端子が絶縁本体中に嵌め込まれ、且つ複数の端子の一端が後ろ本体外に露出し、別の一端が前本体の表面に露出する。該電気コネクタの導電端子31の構造は強固で、これにより電気コネクタの電気性能は良好であると共に、防水機能を有し、これにより使用が安全で信頼性がある。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):