(54)【考案の名称】立体仕掛けの名刺および印刷物

(73)【実用新案権者】株式会社トライ

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、主として名刺、さらに詳しくは名刺の使用者の顔写真や似顔絵、任意の絵柄や写真、意匠デザインの輪郭を一部切り抜いた名刺に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
従来から名刺に付加価値を付与すべく、単に氏名、住所、会社名、役職などを表示するだけでなく、カラフルなデザインとしたり、更には、例えば実用新安登録第3020384号、第3146276号、3133313号に開示されるように、氏名が表示される人物の顔を絵や写真で表示したり、立体化するなど、様々なアイデアが盛り込まれた名刺が種々提案されている。
【0003】

【効果】

【0007】
この名刺上の肖像の立体化を、より簡便に創作する事により、注意喚起力、印象力を高め、従来の一般的な名刺との差別化、個性化が可能となる。また立体化の工程は、従来の名刺に切り込みを入れるだけである。かつ保管面では、従来通りの1枚だけの名刺である為、厚さに困難が無く従来通りの名刺保管が可能である。

(57)【要約】

【課題】加工の手間を減らし、名刺1枚の厚さで保管に利便性をもたせながらも、名刺を渡した相手に意外性、注視性、興趣性を高め、使用者への直感的な好印象を与えせしめうる立体的な名刺を提供する。【解決手段】名刺の肖像部分に切り抜きスリット3−aを入れ、必要な場合は、飛び出し表示片3−bを、裏側1−aから指で押して、表側1−bに起き上げ、固定したければ谷折り目4で折り曲げて置くことにより、立体的な肖像を形成できるようにして名刺を構成する。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):