(54)【考案の名称】表紙部材

(73)【実用新案権者】大比良工業株式会社

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、ペンを保持可能としたペンホルダー部を備えた手帳カバーや家計簿カバー、ノートカバー、冊子の表紙等の表紙部材に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
従来より、数多くの手帳カバー等の表紙部材が知られているが、例えば、手帳カバーは、手帳表面を保護し、手帳の小口等の汚れ防止という本来の機能の他に、手帳に不可欠なペン(筆記具)や各種の携帯品を装着、収納できるようにしたものが多く見られる。
手帳カバーにおいて、キャッシュカードや名刺等を収納できるカード収納部や、ペンホルダー部を設けたものが知られている。カード収納部としては、例えばシートを重ねてカードの表面領域よりやや大きな領域を有するようにして開口部を設けたものや、基材に切り込みを設けてカードを差すことができるようにしたものが知られている。
【0003】
図4は、従来の表紙部材の一例として、手帳カバーにおいてペンホルダー部を設けたものを示す図であり、(a)は平面図、(b)は断面模式図を示す。
図4において、樹脂シートからなる基体部1の両側に、手帳の両側平部をそれぞれ支持する支持片2を積層し、さらにキャッシュカードや名刺等を収納できるカード収納部片4を積層し、基体部1と支持片2、カード収納部片4との3辺外縁部を溶着している。さらに、図中、右側外縁部には、ペンホルダー部3が設けられている。このペンホルダー部3は、帯状の樹脂シートをリング状にしてその両端縁を支持片2の外縁部に重ねて溶着したものであり、このリング状の部分内にペンを通すことで手帳カバーにペンを差すことができる。
【考案が解決しようとする課題】
【0004】
しかし、図4のような従来の手帳カバー等の表紙部材において、手帳等を使用する場合の多くはペンが必要になるので、ペンホルダー部3を有さない手帳カバーであるときは、手帳の表紙等に直接ペンを差さなければならず、携帯時にペンが脱落しやすいという問題があった。
【0005】
一方、ペンホルダー部3を設けた手帳カバーの場合は、基体部1に支持片2を積層し、支持片2の3辺外縁部を溶着するときは、基体部1と支持片2、カード収納部片4との3枚の樹脂シートを溶着することになるが、図4に示す例のようにペンホルダー部3をさらに溶着するときは、ペンホルダー部3の両端縁(2枚重ねた部分)がさらに基体部1と支持片2、カード収納部片4の上に積層されるので、この部分では、樹脂シートが5枚重ねられることになる。つまり、図4のペンホルダー部3の形状の場合、図4(b)の断面模式図のように、3枚の樹脂シートから5枚の樹脂シートへと急激に厚みが増すことになる。
【0006】
溶着工程では、図4(b)のカード収納部片4と、ペンホルダー部3の両端縁との交点5の部分の溶着の加工条件の設定が非常に困難となる。つまり、5枚の樹脂シートが確実に溶着され、さらに、交点5の部分は引張り応力が頻繁にかかる部分であるため、十分な強度を確保する必要がある。
【0007】
例えば、基体部1と支持片2、カード収納部片4との3枚を溶着する場合を基準にして溶着を行うと、ペンホルダー部3の5枚の樹脂シートを重ねた部分では、溶着強度が不十分になり、手帳カバーの使用中にペンホルダー部3が手帳カバーからとれてしまう場合があるという問題があった。
【0008】
逆に、ペンホルダー部3を十分に溶着できるように5枚の樹脂シートを溶着する場合を基準にして溶着を行うと、ペンホルダー部3のない部分、すなわち基体部1と支持片2、カード収納部片4との樹脂シートが3枚重なる部分では、加工効果が過度に作用し、支持片2や基体部1が過度に融解してしまう場合があるという問題があった。このため、ペンホルダー部3を溶着で手帳カバーに設ける場合は、溶着時の加工条件の設定等が非常に困難であるという問題があった。
【0009】
また、図4のような従来の手帳カバーに設けられたペンホルダー部では、基体部1の外縁部とペンホルダー部3が直角に溶着されているため、ねじれ等の引張り応力が集中しやすく、場合によっては剥がれてしまうため、樹脂シートの厚さを厚くしたり、強度の強いシート材を使用する必要があった。
【0010】
本考案は上記を鑑みてなされたものであって、製作時の加工条件の設定が容易で、低コスト及び高強度で剥がれにくく、かつペンの不使用時には邪魔にならないペンホルダー部が設けられた表紙部材を提供することである。

【効果】

【0013】
請求項1の考案では、本考案の表紙部材は、ペンホルダー部の固着された頂点部分が重ならないので、図4のような従来のペンホルダー部での溶着のように、重ねられた頂点部分のみの厚さが急激に厚くなって溶着時の加工条件の設定等が非常に困難になるようなことが無く、品質の維持も非常に容易となる利点がある。
【0014】
さらに、ペンホルダー部の不使用時にはペンホルダー部が平坦に折り曲げられているので、ペンホルダー部が邪魔になることがない。
【0015】
また、請求項2の考案では、ペンホルダー部の固着される端部がテーパー状となっているので、ペンホルダー部が引張られても、端部が外縁部と直角に固着される場合よりも固着端部分に引張り応力が集中しにくい形状となっているため剥がれにくいという利点がある。そのため、基体部とペンホルダー部が直角に溶着されている場合に比べ、樹脂シートの厚さを薄くすることができたり、強度の強いシート材を使用する必要が無くなるので、製作コストを削減することができる。
【図面の簡単な説明】
【0016】
【図1】本考案の表紙部材の実施形態の一例を示す平面図である。
【図2】本考案の表紙部材のペンホルダー部の溶着前の展開図である。
【図3】本考案の表紙部材のペンホルダー部の製作工程の拡大図である。(a)は溶着前のペンホルダー部の拡大図、(b)はペンホルダー部の断面模式図、(c)は溶着後のペンホルダー部の拡大図を示す。
【図4】従来の手帳カバーの一例を示す図であり、(a)平面図を示し、(b)はペンホルダー部の断面模式図を示す。

【0017】
以下、図面等を参照して、本考案の実施形態について説明する。本考案の表紙部材は、手帳カバーや家計簿カバー、ノートカバー、冊子の表紙等に適用可能であるが、本実施例では手帳カバーに適用した場合の表紙部材の実施形態について説明する。
図1は、本考案による表紙部材(手帳カバー)の実施形態の一例を示す平面図を示す。
図1の表紙部材10において、基体部11及び支持片12a,12bは、透明、半透明又は黒色や青色等に着色された樹脂シートを長方形状に形成したものである。これらの樹脂の種類としては、例えばPVC(ポリ塩化ビニル)、PE(ポリエチレン)、EVA(エチレンビニルアセテート)、PP(ポリプロピレン)が挙げられる。
支持片12a,12bは、基体部11の内面の左右両側にそれぞれ設けられている。支持片12a,12bは、基体部11の背側の1辺のみが開口されるとともに、他の3辺の外縁部は基体部11の外縁部に高周波ウェルダー等の溶着によって固着されている。
【0018】
また、ペンホルダー部13が基体部11及び支持片12bの外縁部の所定の位置に溶着されている。通常、右手ききが多いので、手帳を開いたときにペンを取り出しやすいように、図1のように平面図右上の外縁部にペンホルダー部13が設けられ、邪魔にならないように折り目側が手帳カバー内に納まるように配置されるが、これに限らず、溶着される位置や、折り目側が外側に向いていても良い。
【0019】
さらに、基体部11の左側には、支持片12aにスリット15が形成されている。スリット15は、表紙部材10に紙片状体を収納しておく部分であり、図1中、左側の支持片12aにおいて、一部を斜め方向に細長く開口した切り欠きから構成されている。ここで、本考案において紙片状体とは、例えば種々のカード(キャッシュカード、ICカード等)、名刺、領収書又はメモ片等の表紙部材10に収納可能な比較的厚みの薄い媒体をいう。スリット15の水平方向の幅は、汎用カードを挿入可能な長さに形成することが好ましい。なお、スリット15の切り欠き方向は水平でも良いが、本実施形態のように斜めにすることで、挿入された紙片状体を押さえる長さが増加するので、好ましい。
【0020】
基体部11の右側には、支持片12bと紙片状体収納部16の2枚の樹脂シートの積層体からなり、基体部11の周縁に合わせて2枚の樹脂シートの3辺外縁部が溶着され、かつ紙片状体収納部16の所定の位置を支持片12bとライン状に溶着することによって、2枚の樹脂シート間にカードC等の紙片状体を収納することができる。
【0021】
次に、ペンホルダー部13の構造及び製作工程を図2及び図3を用いて説明する。
ペンホルダー部13は、図2の展開図のように、帯状の樹脂シートの端部にテーパーが設けられた形状であり、対角同士が同じテーパー形状となっている。具体的には、図2の左上と右下のテーパー13aが同じ形状であり、逆に、左下と右上のテーパー13bが同じ形状となっている。
【0022】
また、ペンホルダー部13の左右には突き当て13c及び13dが形成されている。さらに、ペンホルダー部13の中心部には縦方向に棒状の型押し13eが形成されている。型押し13eの端部はペンホルダー部13の外縁部に達しない程度の長さとなっており、これによってペンホルダー部13を折り曲げて平坦にしやすくしているのと同時に外縁部まで型押ししていないので強度も確保することができる。型押し13eはペンホルダー部13の材質が折り曲げやすいもの等、不要の場合は形成しなくとも良い。
【0023】
なお、図2のうち一点鎖線で描かれている垂直線13fは溶着後の表紙部材10の外縁部となる線を表し、頂点14a〜14dは溶着後の基体部11とペンホルダー部13との頂点(交点)となる。
【0024】
図3はペンホルダー部13を溶着する工程の図である。図3(a)はペンホルダー部13を基体部11に溶着するためにセットした際の図である。図3(b)はペンホルダー部13部分の断面模式図である。また、図3(c)は基体部11の外縁部に沿って、ペンホルダー部13の所定の位置を高周波ウェルダーによって溶着するとともに、不要部分となる突き当て13c及び13dを溶断分離した図である。
【0025】
ここで、ペンホルダー部13の突き当て13c及び突き当て13dは、ペンホルダー部13を基体部11に溶着する際の突き当てガイドの役割を果たすものである。
ペンホルダー部13は中心部分から折り曲げて溶着されるが、基体部11にセットする際、突き当て13cと突き当て13dの角部分をぴったりと重ねて折り曲げることにより、図3(a)のようにセットした際、図3(b)の断面図のように、重ねられたペンホルダー部13の樹脂シートと基体部11の外縁部との交点、つまり頂点14a〜14dが重ならずに確実にセットすることができるという利点がある。
これによって、図3(c)のように溶着する際に、本考案の効果である、重ねられた頂点部分のみの厚さが急激に厚くなって溶着時の加工条件の設定等が非常に困難になるようなことが無く、確実にペンホルダー部13を溶着することができる。
【0026】
また、ペンホルダー部13に設けられたテーパー13a及びテーパー13bは溶着部分がテーパー状になっているのでねじれ等の引張り応力を分散することができるため非常に剥がれにくくなっている。このため、図4のような従来の手帳カバーに設けられたペンホルダー部のような、基体部とペンホルダー部が直角に溶着されている場合に比べ、樹脂シートの厚さを薄くすることができたり、強度の強いシート材を使用する必要が無くなるので、製作コストを削減することができる。
【産業上の利用可能性】
【0027】
本考案の実施の形態では、表紙部材の一例として、手帳カバーに溶着しやすく剥がれにくいペンホルダー部を設けているが、これに限らず、樹脂製の容器等に本考案のペンホルダー部を設けることもできる。
【0028】
10 表紙部材
11 基体部
12a 支持片
12b 支持片
13 ペンホルダー部
13a テーパー
13b テーパー
13c 突き当て
13d 突き当て
13e 型押し
14a〜14d 頂点
15 スリット
16 紙片状体収納部

(57)【要約】

【課題】製作時の加工条件の設定が容易で、低コスト及び高強度で剥がれにくく、かつペンの不使用時には邪魔にならないペンホルダー部が設けられた表紙部材を提供する。【解決手段】表紙部材10は基体部11の内面の左右両側にそれぞれ支持片12a,12bが設けられ、支持片12aにはスリット15が形成されて紙片状体を収納しておくことができ、支持片12bには樹脂シートが積層溶着されて紙片状体収納部16を形成している。また、外縁部にはペンホルダー部13が溶着されている。ペンホルダー部13の溶着部分はテーパーが形成され、各頂点14a〜14dが重ならないように溶着されている。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):