(54)【考案の名称】メッセージカード

(73)【実用新案権者】株式会社サクライカード

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】 図2

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、お祝いや招待状などに用いるメッセージカードに関する。

【従来の技術】

【0002】
慶事や招待状に用いられるメッセージカードは、種々のデザインが施されることが一般的である。このようなメッセージカードのデザインにおいて、レースをモチーフとするものは上品であり定番となっている。
このようなレースをメッセージカードのデザインに利用する場合、従来は、カードに直接レースの模様を印刷する方法、カードの大きさに合わせてカットした本物のレースをカードに重ねて2枚仕立てにする方法、本物のレースに代えて、紙にレースの網目を模した穴を開けて、この紙をカードに重ねて2枚仕立てにする方法などが用いられてきた。
【考案が解決しようとする課題】
【0003】
しかし、レース模様を直接カードに印刷するものは簡易であり複雑な模様の形成も可能であるが、立体感はなく平板的なものとなってしまう。一方、2枚仕立てにしたものは高級感があり、立体的に形成できるが、本物のレースを使用するものは高価になり、また、柔らかいので紙に重ねる場合の扱いが難しい。紙にレースの網目を模した穴を開けて擬似的なレースを紙で作成する場合、扱いは容易であるが、実際のレースに近い細かな網目を形成することは難しい。
本考案は、このような問題に鑑みて、メッセージカードにレースを模した紙を重ねて2枚仕立てとする場合において、細かな網目を再現可能にすることを課題とする。

【効果】

【0005】
請求項1に記載の考案は、2枚仕立てのメッセージカードのカバー用紙として、加熱型押しした部分が溶けて半透明又は透明になる合成紙を用いて、レースの網目部分を加熱型押しすることでレースを表現するため、細かな網目を再現しても実際に穴が開くわけではないので紙の破れなどを考慮する必要がなく、レース模様の網目の表現に制限がない。また、網目部分は半透明又は透明となり、裏側の色が透けて見えるので、一見して本物のレースと変わらないような表現が可能である。
請求項2に記載の考案は、カバー用紙を重ねた状態でメッセージカード本体の外側が表出することで、カバー用紙の半透明又は透明に形成されるレースの網目部分からメッセージカード本体が透けてメッセージカード外側の色が見えることと相まって、カバー用紙の網目が透けていることがより明確にわかり、実際のレースに近い印象を与えることができる。
【図面の簡単な説明】
【0006】
【図1】実施形態に係るメッセージカードの斜視図である。
【図2】実施形態に係るメッセージカードの分解斜視図である。

【0007】
以下、本考案の実施の形態について、図面を参照しながら説明する。
図1に実施形態に係るメッセージカードXの斜視図を示し、図2にメッセージカードXの分解斜視図を示す。メッセージカードXは、メッセージカード本体10、カバー用紙20、止めゴム30から構成される。メッセージカード本体10は、長方形状の一般的な洋紙や和紙を、二つ折りにしたものであり、二つ折りにした内側にメッセージが表示される。メッセージは、メッセージカード本体10の内側に印刷や手書きなどにより直接表示される他、メッセージを表示した薄い紙をメッセージカード本体10の内側に挟むことで表示される。
カバー用紙20は、加熱型押しした部分が溶けて半透明になる合成紙からなる。ここでは、このような合成紙として株式会社竹尾が販売するパチカ(登録商標)を用いている。カバー用紙20は、メッセージカード本体10に重ねたときに、メッセージカード10の外側が表出するように、メッセージカード本体10と同じ大きさ長方形の外縁の一部を切り取った形状をしている。そして、カバー用紙20には、カバー用紙20の大きさに合わせてデザインされたレース模様の網目部分が凸状に表されたマグネシウム板、銅板又は真鍮板の型が加熱押圧されることで、レースを模した網目部分が半透明に形成される。これにより、カバー用紙20は、一見してレースと違わない外観とすることができる。カバー用紙20は二つ折りにされて、メッセージカード本体10の外側に重ねられる。なお、重ねたときに網目部分がよくわかるようにカバー用紙20とメッセージカード本体10の外側とは互いに異なる色が採用される。
止めゴム30は、糸ゴムの周りを皮糸で包んだ丸ゴムをリング状にして端部を結んだものであり、メッセージカード本体10の折り目部分を表裏周回した長さよりもやや短い周回長さを有する。止めゴム30は、メッセージカード本体10とカバー用紙20とを折り目が一致するように重ねた状態で、重なった折り目部分に周回させて固定する。これにより、メッセージカード本体10とカバー用紙20とは離れないよう保持される。
【0008】
以上のような構成を有するメッセージカードXは、レースに模したカバー用紙は切り抜かずに加熱型押しすることで透明部分を網目として生成されるので、レースの糸部分がどんなに細くても強度的に破れる恐れがなく、極めて細かなレースを表すことができ、また、型があれば低コストで大量に生成することができる。従って、カバー用紙を実際のレースで使用する場合に比較して低コストで大量に製造することができ、また、実際のレース以上に細かな模様も表現することができる。また、紙であるので実際のレースよりも形状が安定し扱いやすい。また、紙にレースの網目部分を穴を開けてレースのようにした場合に比較した場合、極めて細かな模様が実現できる。また、網目部分は、実際には穴が開いておらず半透明部分は少し凹んでいるだけなので、なめらかな手触りを実現することができる。
【0009】
X メッセージカード
10 メッセージカード本体
20 カバー用紙
30 止めゴム

(57)【要約】

【課題】メッセージカードにレースを模した紙を重ねて2枚仕立てとする場合において、細かな網目を再現可能にすることを課題とする。【解決手段】メッセージカードXとして、メッセージを表示する二つ折のカードであるメッセージカード本体10と、加熱型押しした部分が溶けて半透明又は透明になる合成紙を用いて、レース模様の網目部分を加熱型押しすることでレース模様が表示された、前記メッセージカード本体10の外側に重ねられる二つ折のカバー用紙20とから構成する。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):