(54)【考案の名称】仮想罫線模様つき葉書・便箋・封筒・熨斗・慶弔に用いる袋及び画用紙

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、無罫葉書・便箋・封筒・及び画用紙等に大小の模様を直線状に付けて仮想罫線上に縦横に文字の大きさを自由に選択して更に文字の歪を抑制して、葉書・便箋・封筒・熨斗・慶弔に用いる袋等に見映えの良い美しい文章や住所・宛名を書き易くしたものである。更に画用紙に大小の模様を付けると、それ等が目印となり縦・横の線も引き易く、寸法も割り出し易く図画が非常に描き易くなり教育的指導に於ても大いに役に立つものである。

【従来の技術】

【0002】
従来は、仮想罫線を目覚めさせる様な模様の描かれた葉書・便箋・封筒・熨斗・慶弔に用いる袋及び画用紙等は無かった。
【考案が解決しようとする課題】
【0003】
従来、葉書や封筒等に文章・或いは宛名等を記述する場合、文章の長さや住所・氏名の文字数を予測して全体のバランスをよく考えてレイアウトをしなければならず、書き慣れない人にとっては頭の痛い至難の技であり、尚、文字の連なりを直線的に書き表わすことは非常に困難な作業であり、書き慣れた人でさえ不可能に近いと言う問題点があった。
亦、便箋等に於ては罫線間隔が実線を用いて縦用・横用と専用化された不便さが有った。
尚、今日では文字の美しさを、より一層、引き立たせる為に目障りな為か実線で引かれた罫線を無くして紙面に線状の窪みの加工を施し罫線化したものが有るが、光線の角度、射し込み具合で殆んど見えなくなる。夜間に限らず照明の下では全く見えなくなる不便さがあった。
更に画用紙にも類似した点が有り何の目印も無く憶測でバランスそしてレイアウトを強いられると言った問題点があった。
【課題を解決する為の手段】
【0004】
葉書や封筒等に模様1と模様2を直線状に施して縦・横の罫線の仮想を容易に目覚めさせ、その仮想罫線上に文章又は、住所・氏名の文字数を予測して全体のバランスを考え縦書き横書きを自由に選択してレイアウトを容易にした。
【0005】
便箋に等間隔で縦・横に直線状に模様1と模様2を施して、それを目安として縦・横の罫線を仮想してバランスよくレイアウトが出来る様にした。
更に従来の様な罫線が妨げにならず縦書き文字も横書き文字も自由に書ける様にした。
【0006】
仮想罫線を目的とした模様1と模様2であるが、光線の角度や射し込み具合で模様が消える事の無い様にした。
【0007】
画用紙に模様1と模様2を施し、直線的に縦線・横線を引き易くすると共に構図を描き易くした。

【効果】

【0008】
葉書や封筒等の様に白紙状態・無地をも含む様な物に文字を直線的に書き連ねるのは非常に難しく、模様1と模様2を施すことで縦・横の位置関係が判り易く、模様や色を変化させることで、より一層の感覚的な表現、楽しさが倍増する。と共に葉書や封筒等は勿論のこと、画用紙等に於ても、その位置関係に依り、縦・横の直線的な構図が割り出し易く、絵や図面等も描き易くなる。
便箋に於ても、一冊の便箋で、又、葉書に於ても制約を受けず縦書きにも横書きにも自在に使用することが出来る。
筆無精の解決をも測り、筆まめの一助となる。更に日本の文字文化の衰退を懸念して更なる発展を涵養することが出来る。
従来、通信のみを目的とした伝統的手法を刷新して文通の楽しさを倍増させることが出来る。

(57)【要約】

【課題】縦書き、横書きを自由に選択でき、バランス良く文字を書くことができる仮想罫線模様つき葉書、便箋、封筒等を提供する。【解決手段】葉書や封筒等の表裏に、縦・横の等間隔の大小の模様を直線状に並べ付ける。模様の形状や色合いを様々に変化させる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):