(54)【考案の名称】電源装置

(73)【実用新案権者】有限会社石田整美堂

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は電源装置に関し、より具体的には、停電等の非常時に使用することのできる非常用の電源装置に関する。

【従来の技術】

【0002】
我々の身の回りの多くの製品は電気によって機能し、日常生活において電気は必須で欠くことのできないものとなっている。したがって、地震や雷等の自然災害等により電力会社からの送電がストップし停電となった場合、非常に不便な状況となり、場合によっては生命の危険に晒されることさえある。
【0003】
したがって、地震や雷等により停電が起こった場合、電力会社からの電気の供給に頼らず電気を得る備えが必要である。
【0004】
例えば下記特許文献1に、ソーラーパネルを上部に備えた非常用電源付のタワーサインが開示されている。
【0005】

【効果】

【0009】
以上、本考案によって、より信頼性が高く、持ち運びが容易な電源装置を提供することができる。特に、本考案では、ソーラー発電による充電機能と、交流電源(家庭用電源)による充電昨日の二つの充電機能を兼ね備えており非常に信頼性が高い。
【図面の簡単な説明】
【0010】
【図1】実施形態1に係る電源装置の概略を示す図である。
【図2】実施形態1に係る電源装置の筺体内部の概略図である。
【図3】実施形態1に係る電源装置の概略を示す図である。
【図4】実施形態2に係る電源装置の筺体内部の概略図である。

(57)【要約】

【課題】可動式であって、揺れ等に対し安定で、常時十分な充電が可能な電源装置を提供する。【解決手段】ソーラーパネル2と、キャスター31、ソーラーパネル接続口32、直流コンセント33及び交流コンセント34を備えた筺体3と、ソーラーパネルとソーラーパネル接続口を接続するソーラーパネル接続コード21と、筺体に収納される直流バッテリー、該直流バッテリーに接続され直流バッテリーの出力を交流に変換し交流コンセントを介して外部に電力を供給するための交流変換機、直流バッテリーに接続され直流バッテリーに充電するための充電器、直流バッテリーに接続されバッテリーの状態を表示するモニタ装置、及び、直流バッテリーとソーラーパネル接続口に接続されソーラーパネルからの入力電圧を調節するソーラーチャージコントローラを有する電源装置1とする。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):