(54)【考案の名称】情報読取装置

(73)【実用新案権者】松翰科技股▲ふん▼有限公司

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、家庭用電化製品に関し、特に情報読取装置に関する。

【従来の技術】

【0002】
現在市場にはオーディオ学習教材や教育用具があり、通常教育用具には電圧性回路装置及び音声ICが埋設されており、ユーザーがこの電圧性回路装置が設置されているエリアに直接触れると、この電圧性回路装置に関連するボイスモジュールが音声を発出して、オーディオ学習の目的が達せられる。
【考案が解決しようとする課題】
【0003】
しかしながら、現在のオーディオ学習教材又は教育用具は単調で変化に乏しく、学習の相互作用効果に欠けており、自分で教材内容を拡張できないため、オーディオ学習教材の使用モデルに制限がある。
【0004】
本考案の目的は情報読取装置を提供することであり、周知技術における欠点を克服するものである。

【効果】

【0013】
本考案は、以下のような有益な効果を有する。
【0014】
本考案の上記実施例において、この種の情報読取装置は、発光素子によりOIDコードが印刷された物品を照射した後、ドットコード識別ユニットがリード情報をマイクロプロセッサに生成し、又、ボイスユニットにより音声が発せられる。ユーザーは機能切替モジュールを自ら操作してリード情報をインタラクティブ情報に変換し、伝送インターフェースによりインタラクティブ情報を外部装置と送信又は受信する。よって、本考案は学習者のインターアクションが向上し、学習に対する興味が高められ、ユーザーが各種物品上でインタラクティブ学習をより容易に操作でき、インタラクティブ学習の応用性が増加する。
【図面の簡単な説明】
【0015】
【図1】本考案の実施例の情報読取装置の外観図である。
【図2】図1の構成略図である。
【図3】本考案の別の実施例の使用に基づく情報読取装置の図である。
【図4】本考案の別の実施例の使用に基づく情報読取装置の図である。
【図5】本考案の実施例に基づく、ユーザー管理用の情報読取装置の構成略図である。
【図6】本考案の別の実施例に基づくリード情報編集装置の図である。

【0016】
本考案が有する情報読み取り機能は主に光学識別(optical identify, OID)技術を利用し、情報読取装置が、OID識別コードが印刷されている媒体の情報を読み取るとき、ユーザーのために媒体上の光学識別コードを容易に読み取り且つ音声を発出する。この種の情報読取装置は、マイクロプロセッサ、ドットコード識別ユニット、ボイスユニット、発光素子、メモリモジュール、伝送インターフェースモジュール及び機能切替モジュールを有する。情報読取装置は、発光素子によりOIDコードを印刷された物品を照射した後、ドットコード識別ユニットがリード情報をマイクロプロセッサに生成し、且つボイスユニットが音声を発する。ユーザーは機能切替モジュールを自ら操作してリード情報をインタラクティブ情報に変換し、伝送インターフェースモジュールによりインタラクティブ情報を外部装置に送信または受信し、又、外部装置により更に多くのインタラクティブモードを実行する。よって、本考案は学習者のインタラクティブを向上させ、インタラクティブ学習に対する興味を増加させ、ユーザーのために各種物品の相互学習の操作をより容易にさせ、且つ学習の応用性が増加する。
【0017】
本考案の実施例によれば、情報読取装置は、マイクロプロセッサ、ドットコード識別ユニット、ボイスユニット、発光素子、メモリモジュール、伝送インターフェースモジュール及び機能切替モジュールを有する。この種の情報読取装置のドットコード識別ユニット、ボイスユニット、発光素子、メモリモジュール、伝送インターフェースモジュール及び機能切替モジュールはそれぞれマイクロプロセッサに電気的に接続される。そのメモリモジュールはドットコードに対応する音声データを保存でき、且つ発光素子は不可視光を発出できる。情報読取装置は発光素子によりOIDコードが印刷された物品を照射した後、ドットコード識別ユニットはマイクロプロセッサにリード情報を生成し、且つボイスユニットにより音声が発せられる。ユーザーは機能切替モジュールを自ら操作してリード情報をインタラクティブ情報に変換し、伝送インターフェースモジュールによりインタラクティブ情報を外部装置に送信または受信する。よって、本考案が提供する情報読取装置は、学習者のインタラクティブを向上させ、相互学習に対する興味を増加させ、ユーザーのために各種物品のインタラクティブ学習の操作をより容易にさせ、且つ学習の応用性及び拡張性が増加する。
【0018】
本考案の別の実施例による情報読取装置において、ユーザーは情報読取装置によりOIDコードを有する立体教育用具、おもちゃ、教材などの物品を読み取り、ドットコード識別ユニットがリード情報を識別し、更に音声を発し、オーディオ学習の目的が達成できる。この他、教本を重複貼り剥し可能なシール、ステッカー、マットなどの物品に変更でき、ユーザーが容易に移動でき且つ周囲の環境に付加することができる。よって、本実施例の情報読取装置によりユーザーはより豊富な学習環境に接することができ、更に娯楽効果も備えている。
【0019】
本考案の別の実施例による情報読取装置において、ユーザーが、OIDコードが印刷された疑似キーボード、楽器等疑似物品を情報読取装置により読み取る。これら疑似物品に実体キーボードのパターンが印刷されており、よって、ユーザーはドットコード識別ユニットにより疑似物品上のリード情報を識別し、又、ボイスユニットが疑似鍵盤又は楽器上の実体キーパターンから音声を発出することができる。且つ疑似鍵盤又は楽器上の文字又は音楽データを伝送インターフェースモジュールを介して外部装置に送信し表示させることもできる。この他、ユーザーは外部装置を介して情報読み取り後の文字又は音楽を編集して、各種楽曲の学習ができる。よって、本考案の情報読取装置はユーザーにOIDコードが印刷された疑似物品により実体物品の体験機能を実感させることができる。また、外部装置により、相互学習の効果がより達成できる。
【0020】
本考案の実施例によれば、情報読取装置は、リーダーペン(スキャナ)とリード情報編集装置を有する。リーダーペンがOIDドットコードが印刷された物品を読み取ると、音声データが生成され、伝送チャンネルを通過してリード情報をリード情報編集装置へ送信し、ユーザーが電子出力装置により検索又は表示したい情報がリアルタイムで得られる。よって、本考案はユーザーが地図を見たり地理情報を検索するのに便利なほかに、手軽にリアルタイムでネットを検索して適切な旅行情報が得られ、旅行の利便性が向上する。
【0021】
本考案の別の実施例によれば、情報読取装置のリード情報編集装置は、ネットワークリンクモジュール、情報処理モジュール、イメージテキスト編集モジュール、ドットコード音声配列モジュール及び出力モジュールを有する。ユーザーがリーダーペン(reader pen)により情報を読み取る場合、情報処理モジュールがリード情報を処理し、ネットワークリンクモジュールにより即時にインターネットに接続する。よって、ユーザーは電子出力装置により更に多くの関連情報を閲覧することができる。この他、ユーザーはイメージテキスト編集モジュールによりデジタル写真の情報を記録編集することができ、ドットコード配列モジュールによりドットコード音声と編集済みの写真を組み合わせて、最後に出力モジュールにより写真を、OIDドットコードを有する画像として印刷出力することができる。よって、リーダーペンにより自分で画像を管理編集出力し、又リーダーペンにより自分で定義した音声を発出、又はリード情報編集装置により更に画像の付加情報を表示することができる。従って、本実施例が提供するこの種のユーザー管理の情報読取装置は、ユーザーが自分でファイルを管理し、編集に高度の自主性が得られるほかにも、テキストイメージの整合性が向上し、情報読み取りにより情報が容易に得られ、更に実用性が増す。
【0022】
本考案の更に別の実施例のリード情報編集装置は、ユーザーがリーダーペンにより自分で選択した音声を録音することができ、又、ユーザーがリード情報が位置する情報の録音情報を記録し、又はリード情報編集装置によりリード情報と録音情報を表示したり編集するのを補助する。よって、本実施例が提供するこのユーザー管理の情報読取装置は、ユーザーが自分で録音情報を定義し、リード情報の連結関係が高度の自主性が得られる以外にも、ユーザーが、リード情報が位置する録音情報を検索し記録するのを助け、より多くの機能が増加する。
【0023】
本考案の上記特徴及びメリットを更にわかり易く説明するために、下記で実施例を挙げ図面とともに詳しく説明する。
【0024】
図1は本考案の実施例の情報読取装置の構成図である。本実施例において、情報読取装置10は、本体100と、表示モニター110と、OIDコードリードピックアップ130と、メモリモジュール140と、発声モジュール150と、及び確認キー121と取り消しキー122と発送キー123からなるキー群を有する。メモリモジュールは前記OIDコード情報に対応する発声信号を保存する。この他、前記情報読取装置10は、OIDコード読み取りモジュール(図示せず)と、マイクロプロセッサ(図示せず)と及び情報送受信モジュール(図示せず)を更に内部に有する。ユーザーがOIDコードリードピックアップ130をOIDコードが印刷されている読み取りたいメニュー160に当てると、前記情報読取装置10内部のOIDコード読み取りモジュールが対応するOID編集情報を読み取り、OIDリード情報を生成し、このOIDリード情報はマイクロプロセッサに送信され、処理されて表示モニター110に送信され表示される。又、発声モジュール150により対応リード情報の音声信号が発出される。ユーザーは表示モニター110に表示された情報及び音声信号に基づき、自分でキー群のボタンを押して伝送したい情報を決定する。前記情報はユーザーが選択した後に先ずマイクロプロセッサに送信され、次にマイクロプロセッサが前記情報を処理して情報送受信モジュールへ送信する。情報送受信モジュールはユーザーが伝送したい情報を即時に遠隔の受信装置へ送信し、ユーザーがリード情報を自分で読み取り即時にリード情報を送信する機能を完了する。遠隔の受信装置は無線ネットワーク通信又はブルートゥースなどの無線送受信ができる如何なる装置であってもよく、且つ、遠隔受信装置は遠隔データベースを有する。この他、リード情報は情報読取装置10の実体USB伝送インターフェース(図示せず)を介して受信装置へ送信し他の情報処理モードを実行できる。よって、本実施例の情報読取装置はその効率を高めるほかにも、ユーザーの情報読み取り作業をより容易にし、リード情報を遠隔装置に更に速く送信することができ、リーダーペン使用時によりフィレキシビリティを持たせることができる。他に前記メモリモジュール140はメモリを拡充でき、且つ前記メモリモジュール140はSDカードやUSBメモリなどのストレージ装置であってもよい。
【0025】
図2は、本考案の実施例の情報読取装置の構造図である。本実施例において、情報読取装置10は、本体100を有し、本体100はユーザーが握りやすいものである。情報読取装置10は、マイクロプロセッサ210と、ドットコード識別ユニット220と、ボイスユニット240と、発光素子230と、メモリモジュール270と、伝送インターフェースモジュール260と、及び機能切替モジュール250を更に有する。ドットコード識別ユニット220と、ボイスユニット240と、発光素子230と、メモリモジュール270と、伝送インターフェースモジュール260と、及び機能切替モジュール250はそれぞれ電気的にマイクロプロセッサ210に接続される。メモリモジュール270は、ドットコードに対応する音声データを保存でき、且つ発光素子230は不可視光を発出でき、情報読取装置10が発光素子230によりOIDコードが印刷されている物品を照射した後、ドットコード識別ユニット220はリード情報をマイクロプロセッサ210に生成し、又ボイスユニット240により音声が発せられる。ユーザーは機能切替モジュール250を自ら操作してリード情報をインタラクティブ情報に変換し又は音量を調整できる。また、伝送インターフェースモジュール260によりインタラクティブ情報を外部装置と送受信しインタラクティブ情報を表示または出力できる。伝送インターフェースモジュール260は例えばUSB伝送インターフェースや無線通信方式により情報を外部装置に送信でき、外部装置によりさらに多くのインタラクティブモードが実行できる。例えば外部装置が表示モニターを有するホストであれば、アンサーシステム画面を提供してユーザーはより多くの相互学習が行える。よって、本実施例が提供するこの種の情報読取装置10は、相互性を向上し且つユーザーがインタラクティブ学習への興味を高めることができるばかりではなく、ユーザーはこの物品でインタラクティブ学習の操作が容易に行え、学習の応用性が増加し、且つメモリモジュール270はユーザーのニーズに応じて異なる媒体物品のドットコード音声データを拡張し、本考案の拡張性を向上することができる。
【0026】
ここにおいて、本実施例はOIDコードが印刷されている物品の形式、数量又は外観に制限を設けず、OIDコードが提供できる媒体であればいずれも本実施例に適応可能であり、且つこのOIDコードを有する媒体物は、ここで青緑色(Cyan,C)、赤色(Megenta,M)、黄色(Yellow,Y)が印刷された方式により媒体物に豊富な色彩を呈することができる以外に、その黒(Black, K)インクは不可視光を吸収するので、OIDのドットコードを印刷できる。よって、この発光素子230が発出する不可視光はOIDドットコードが印刷された黒インクにより吸収され、ドットコード識別ユニット220がリード情報を識別できる。
【0027】
図3は、本考案の別の実施例に基づく略図である。本実施例はユーザーが情報読取装置10によりOIDコードを有する立体教育用具、おもちゃ、教本など教育用品30を読み取るとき、ドットコード識別ユニット220によりリード情報を識別し音声を発してオーディオ学習の目的を達成する。この他、更に教本を繰り返し貼り剥しができるシール、壁ステッカー、マットなどの物品に変更してもよく、これにより、ユーザーが容易に移動して周囲の環境に付加できる。よって、本実施例の情報読取装置10はユーザーに更に豊富な学習環境をもたらし娯楽効果も兼ね備えられる。
【0028】
図4は、本考案の別の実施例に基づく略図である。本実施例はユーザーが情報読取装置10によりOIDコードが印刷された疑似鍵盤、楽器等の疑似物品40を読み取る。これら疑似物品40は実体キーのパターンが印刷されている。これにより、ユーザーはドットコード識別ユニット220により疑似物品上のリード情報を識別し、ボイスユニット240により疑似鍵盤又は楽器上の実体キーパターンから音声を発出し、且つ疑似鍵盤又は楽器上に有する文字または音楽情報を伝送インターフェースモジュール260を介して外部装置へ送信し表示する。この他、ユーザーは外部装置により読み取った後の文字または音楽を編集し各種音楽学習が行える。よって、本実施例の情報読取装置10はユーザーがOIDコードが印刷された疑似物品を通して、実体物品の機能を体験している感覚が達成される。又外部装置により更に多くの相互学習効果が達成できる。
【0029】
図5は、本考案の実施例に基づく、ユーザー管理用の情報読取装置の構成略図である。本実施例において、情報読取装置60は、リーダーペン600とリード情報編集装置700を有する。リーダーペン600がOIDドットコードが印刷された物品620を読み取ったのち、オーディオ情報の生成又はオーディオ情報の録音が行われる。OIDドットコードが印刷された物品620は例えば、旅行マップや旅行ガイドなどのファイルであり、ユーザーはポイントしてOIDドットコードが印刷された物品620の情報を読み取る。また、伝送チャンネル640によりリード情報をリード情報編集装置700へ送信し、かつリード情報編集装置700は電子出力装置630中に設置され、ユーザーは電子出力装置630を介してリアルタイムで検索したり、表示したい情報が得られる。例えば、リーダーペン600がOIDドットコードが印刷されている旅行ガイドを読み取ったのち、リアルタイムで電子出力装置630上にホテル情報、地理情報、商店情報などのような旅行に必要な情報を表示でき、更には、電子出力装置630上でホテルのネット予約、飛行機のネット予約などの作業が行える。よって、本実施例で提供されたこの種のユーザーが管理に用いる情報読取装置60はユーザーが地図を見たり地理情報を検索したりするのに便利なほかに、手軽にリアルタイムでネットを検索して適切な旅行情報が得られ、旅行の利便性が向上する。
【0030】
ここにおいて、本実施例は伝送チャンネル640の形式に制限されるものではなく、リード情報の送信が行える如何なる送信方式も本実施例に適用可能であり、例えば無線ネットワーク、USB伝送インターフェースなどの伝送方式でもよい。
【0031】
図6は、本考案の別の実施例に基づくリード情報編集装置の図である。本実施例のリード情報編集装置700は、ネットワークリンクモジュール710と、情報処理モジュール720と、イメージテキスト編集モジュール730と、ドットコード音声配列モジュール740と、および出力モジュール750を有する。そのうち、ユーザーはリーダーペン600によりリード情報を得るとき、情報処理モジュール720はリード情報を処理し、ネットワークリンクモジュール710によりリアルタイムでインターネットに接続する。よって、ユーザーは電子出力装置630を使用して、より多くの関連情報を閲覧することができる。他に、ユーザーが旅行の過程で旅行観光ポイントのデジタル写真を電子出力装置630に保存する場合、イメージテキスト編集モジュール730によりデジタル写真の撮影時間、地点、イベントおよび感想などの情報を記録・編集でき、ドットコード音声配列モジュール740によりドットコード音声と編集済みの写真を組み合わせることができ、最後に出力モジュール750により写真をOIDドットコードを有する画像としてプリントアウトすることができる。よって、ユーザーはリーダーペン600により容易に読み取り、自分で画像の管理編集出力が行え、またリーダーペン600によりユーザーが自分で定義した音声を発出することができ、リード情報編集装置700によりさらに画像に付加情報を表示することができる。よって、本実施例が提供するこの種の情報読取装置60はユーザーが自分でファイルを管理したり、編集に高度な自主性が得られたりするほか、ユーザーが画像に付加情報を記録するのを助け、テキストイメージの整合性が向上し、ポイントするだけで容易に情報が獲得でき、さらに多くの実用性が増す。
【0032】
本考案のさらに別の実施例のリード情報編集装置により、ユーザーがリーダーペン600によりユーザーが自分で定義した音声を録音でき、ユーザーはリード情報が位置する情報の録音情報を記録し、または、リード情報編集装置700によりリード情報と録音情報を表示や編集が行える。よって、本実施例が提供するこの種のユーザー管理の情報読取装置60はユーザーが自分で録音情報を定義し、リード情報の連結関係に高度な自主性が得られるほかに、ユーザーがリード情報の位置の録音情報を検索・記録するのに便利で、さらに多くの機能が増加する。
【0033】
以上より、本考案の上記の実施例において、この種の情報読取装置は、ドットコード識別ユニット、ボイスユニット、発光素子、メモリモジュール、伝送インターフェースモジュール、および機能切替モジュールを有し、それぞれ電気的にマイクロプロセッサに接続される。このメモリモジュールは、ドットコードに対応する音声データを保存し、かつ発光素子は不可視光を発出する。情報読取装置が発光素子によりOIDコードが印刷されている物品を照射したのち、ドットコード識別ユニットはリード情報をマイクロプロセッサに生成し、ボイスユニットにより音声が発せられる。ユーザーが機能切替モジュールを自ら操作してリード情報をインタラクティブ情報に変換し、伝送インターフェースモジュールにより、インタラクティブ情報を外部装置と送受信する。よって、本考案が提供するこの種の情報読取装置は、相互性を高め、ユーザーにインタラクティブ学習への関心を高め、さらにユーザーのために応用性と拡張性を向上させ、OIDコードが印刷されている疑似物品を通して、実際に体験しているような感覚が与えられ、また、外部装置により相互学習の効果が達成できる。
【0034】
このほか、本考案の上記の実施例において、この種の情報読取装置はさらに、リード情報編集装置を有する。情報読取装置がOIDドットコードが印刷されている物品を読み取ったのち、音声データが生成され、伝送チャンネルを介して、リード情報がリード情報編集装置へ送信される。ユーザーは電子出力装置により検索、表示したい情報が即時に得られる。したがって、本考案によって、ユーザーが地図を見たり地理情報を検索したりするのに便利なほか、手軽にリアルタイムでネット検索して適切な旅行情報が得られ、旅行の利便性が向上する。他にも、ユーザーが情報読取装置により容易にポイントして読み取れ、リード情報編集装置により写真を自ら管理・編集・出力でき、リード情報編集装置により図面の付加情報を再度表示させることができる。よって、本実施例が提供したこの種の情報読取装置はユーザーがファイルを自ら管理し、かつ編集に高度な自主性が得られるほかに、テキストイメージの整合性が向上し、情報読取装置でポイントするだけで容易に情報が得られ、実用性がさらに増す。
【0035】
本考案は実施例で上述したように開示するが、これは本考案を制限するものではなく、当業者が本考案の本質および範囲を逸脱しなければ、変更及び修整を加えることもできる。故に、本考案が保護しようとする範囲は登録請求の範囲に定義されている内容に準ずる。
【0036】
10 情報読取装置
100 本体
210 マイクロプロセッサ
220 ドットコード識別ユニット
230 発光素子
240 ボイスユニット
250 機能切替モジュール
260 伝送インターフェースモジュール
140、270 メモリモジュール
30 教育用品
40 疑似物品

(57)【要約】

【課題】オーディオ学習教材において、情報読取装置を付加することにより、インタラクティブ学習の応用性を増加せしめる光学的な情報読取装置を提供する。【解決手段】情報読取装置10は、発光素子によりOIDコードを印刷された物品を照射した後、ドットコード識別ユニットがリード情報をマイクロプロセッサに生成し、且つボイスユニットが音声を発する。ユーザーは機能切替モジュールを自ら操作してリード情報をインタラクティブ情報に変換し、伝送インターフェースモジュールによりインタラクティブ情報を外部装置に送信または受信し、又、外部装置により更に多くのインタラクティブモードを実行する。よって、学習者のインタラクティブを向上させ、インタラクティブ学習に対する興味を増加させ、ユーザーのために各種物品の相互学習の操作をより容易にさせ、且つ学習の応用性が増加する。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):