(54)【考案の名称】複数の筒状エレメント上のバーコードを読取る装置

(73)【実用新案権者】マス オートメイション コーポレイション

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、筒状エレメント(cylindrical element)上のバーコードに関し、特に、電池などの筒状エレメントを回転させてエレメントのバーコードを読取ったり、エレメントの搬送トレー・バーコードを読取ったりする装置に関する。

【従来の技術】

【0002】
従来の電子、光電、機械の分野における製品のエレメント組立て工程では、バーコード・リーダーを使用し、手作業によりエレメント・バーコードを読取り、エレメントの連番などの情報を記録することができるように、識別用のバーコードがエレメントの表面に貼付されることがある。
【0003】
一般に、バーコードが貼付されるエレメントは、形状がブロック状、筒状などである。例えば、エレメントが電池の場合、特許文献1及び特許文献2では、搬送治具(又は搬送トレーとも称する)上に複数のブロック状電池を載置し、電池上にバーコードがそれぞれ貼付され、バーコード・データをリーダーにより読取って記録する技術が開示されているが、バーコードを読取る技術の詳細については開示されていない。特許文献3では、バーコードを読取る方式により、複数の筒状電池を記録し、電池の作動位置を検知する技術が開示されているが、手作業によりリーダーを操作し、筒状電池上のバーコード・データを逐一走査して記録しなければならなかったため、バーコード・データを走査するのが不便である上、読取りにエラーが発生し易いという問題点がある。また、特許文献4では、手作業により逐一リーダーを操作してバーコードを走査する方式を改善した技術が開示され、ガイドレール上にリーダーを配置し、手作業で移動したり電気方式で駆動したりして垂直方向及び水平方向で移動させ、架台上に配置された複数の筒状電池のバーコードを走査する際、表面が弧状である筒状エレメント上に貼付されたバーコードを、所定の弧長範囲内に入れる必要がある。そのため、手作業又はその他の方式により筒状電池を回転させて位置決めさせずに、リーダーを移動させるだけでは、弧状の表面上に貼付されたバーコードを走査する際、走査が不完全となったり、読取りに失敗したりすることがある上、弧状の表面に貼付されたバーコードの位置がずれたときに、バーコード・リーダーにより読取ることが困難となる虞がある。
【0004】

【効果】

【0014】
本考案の複数の筒状エレメント上のバーコードを読取る装置は、筒状エレメント上のエレメント・バーコードをエレメント・リーダーにより自動的に走査したり、バーコード・データを自動的に読取ったりすることができる。
【図面の簡単な説明】
【0015】
【図1】本考案の一実施形態による複数の筒状エレメント上のバーコードを読取る装置を示す斜視図である。
【図2】本考案の一実施形態による複数の筒状エレメント上のバーコードを読取る装置を示す平面図である。
【図3】図2の線A−Aに沿った断面図である。
【図4】図2の線B−Bに沿った断面図である。
【図5】図4の部分拡大図である。
【図6】本考案の一実施形態による複数の筒状エレメント上のバーコードを読取る装置を使用するときの状態を示す平面図である。
【図7】図6の搬送トレー及び支持台を使用するときの状態を示す平面図である。
【図8】図3の次の使用状態を示す側面図である。
【図9】図8の次の使用状態を示す側面図である。
【図10】図9の次の使用状態を示す側面図である。
【図11】図3のもう一つの使用状態を示す側面図である。
【図12】図2のエレメント・リーダーと筒状エレメントとの関係を示す模式図である。

【0016】
以下、本考案の実施形態について図に基づいて説明する。なお、これによって本考案が限定されるものではない。
【0017】
図1に図2〜図4を併せて参照する。図1〜図4に示すように、本考案の一実施形態による複数の筒状エレメント上のバーコードを読取る装置は、少なくとも作動台1、プッシャ3、捕捉装置5、伝動器6、搬送トレー・リーダー4及びエレメント・リーダー7から構成される。作動台1は、直線状の伝達経路10と、伝達経路10上に設けられた検査エリア13と、を有する。作動台1の両端には、第1の端部11及び第2の端部12がそれぞれ伝達経路10上に設けられている。検査エリア13は、第1の端部11と第2の端部12との間に位置する。プッシャ3は、作動台1上に配置され、作動台1の頂部に設けられた支持台30を有する。プッシャ3は、実際にはモータと、モータにより駆動されるベルトと、複数のローラ又はボルトなどのエレメントと、を含む。作動台1上には、伝達経路10に対して平行に2つのスライドレール14が配置され、支持台30の両側底部は、スライドレール14上にそれぞれ摺設され、スライドレール14により案内されて変位する。プッシャ3は、支持台30を伝達経路10に沿って移動させる。支持台30の端部には、伸縮可能な係止用爪31が設けられ(図5参照)、係止用爪31は、実際には、支持台30の端部に配置されたシリンダ32により駆動され、伸縮動作を行う。
【0018】
支持台30上には、搬送トレー(carrying tray)8を載置することができる(図6及び図7参照)。搬送トレー8の端部には、搬送トレー・バーコード21が貼付されている(図3参照)。搬送トレー・バーコード21に記載されるデータには、搬送トレー8の連番、種類、製造メーカ、製造日などが含まれてもよい。搬送トレー8上には、立設した複数の筒状エレメント9を収納することができるように、伝達経路10の軸方向で複数の収納孔81が間隔をおいて設けられ、搬送トレー8上に筒状エレメント9を収納し、伝達経路10の軸方向で間隔をおいて配列されている。本実施形態の筒状エレメント9は、電池を例にしており、円弧面91が外壁に設けられている。円弧面91上には、エレメント・バーコード22が貼付されている。このエレメント・バーコード22に記載されるデータには、筒状エレメント9の連番、種類、製造メーカ、製造日などが含まれる。搬送トレー8の端部には、支持台30上に搬送トレー8を保持するために、係止用爪31を挿入する係合溝82(図5参照)が少なくとも1つ設けられている。この構成により、プッシャ3は、支持台30の駆動により搬送トレー8を移動し(図8参照)、搬送トレー8を駆動して伝達経路10に沿って移動させ、筒状エレメント9を駆動し、伝達経路10に沿って検査エリア13にそれぞれ進入させる(図11参照)。
【0019】
支持架台50は、伝達経路10の上方に掛け渡すように、作動台1上に配置されている。捕捉装置(capturing means)5は、支持架台50上に、検査エリア13の頂部に掛け渡すように配置され、伝達経路10に対して垂直方向で移動する把持爪51を有する。捕捉装置5は、実際にはモータと、モータにより駆動されるベルト、ボルトなどのエレメントと、含む。この構成により、捕捉装置5は、把持爪51を駆動させ、支持架台50上で上下に移動させ(図9参照)、把持爪51を利用し、検査エリア13に入った筒状エレメント9を捕捉するとともに、把持爪51を利用し、筒状エレメント9を所定の高さ位置131まで上向きに移動させる(図10参照)。伝動器6は、把持爪51上に位置し、捕捉装置5に接続され、検査エリア13の頂部に掛け渡すことにより、把持爪51により上下に移動する。伝動器6は、実際にはモータと、モータにより駆動されるベルトなどのエレメントと、を含む。伝動器6を使用し、捕捉装置5の把持爪51を駆動し、所定の高さ位置131にある筒状エレメント9を挟持し、所定回転角度で回転させる(図12参照)。この所定回転角度とは、720度以下である。
【0020】
搬送トレー・リーダー4は、伝達経路10上の第2の端部12の作動台1上に配置され、伝達経路10上の搬送トレー8の搬送トレー・バーコード21を読取り(図8参照)、伝達経路10上の搬送トレー8を識別して記録する。支持バー70は、伝達経路10の上方で、作動台1上に掛け渡すように配置されている。エレメント・リーダー7は、支持バー70上に配置され、検査エリア13の頂部に掛け渡すように配置されるため(図10参照)、伝達経路10に沿って移動する筒状エレメント9を邪魔することがない。このように、エレメント・リーダー7を使用し、所定の高さ位置131において、回転中の筒状エレメント9上のエレメント・バーコード22を読取り、筒状エレメント9を所定回転角度で回転させることにより、筒状エレメント9の円弧面91及びエレメント・バーコード22をエレメント・リーダー7の走査範囲に通過させる。これにより、エレメント・リーダー7によりエレメント・バーコード22を完全に読取り、検査エリア13に入った筒状エレメント9を自動的に識別して記録する。エレメント・リーダー7が筒状エレメント9において回転する角度が720度より小さいとき、エレメント・バーコード22の読取りを完了し、所定回転角度を720度より小さくする。捕捉装置5の把持爪51は、エレメント・リーダー7によりエレメント・バーコード22を読取った後、所定の高さ位置131の筒状エレメント9を下向きに移動させて復位させる。
【0021】
また、搬送トレー8と支持台30との間には、互いに組み合わせて使用するポカヨケ設計(fool proofing design)が施されている。このポカヨケ設計とは、組立て又は操作の間違いを防止する安全設計である。このポカヨケ設計は、搬送トレー8の端部に形成された斜面部83(図7参照)を含み、斜面部83の形状に合致したストッパ傾斜面33が支持台30の端部に設けられ、支持台30に載置される搬送トレー8の方向が正確である場合、ストッパ傾斜面33に斜面部83が当接され、支持台30の頂部の正確な位置に、搬送トレー8を載置させることができる。支持台30に載置する方向が正しくない場合、ストッパ傾斜面33により搬送トレー8の外壁が止められ、支持台30の頂部に搬送トレー8を完全に載置させることができなくなる。
【0022】
本実施形態の把持爪51及びエレメント・リーダー7は、複数セットを配列させ、捕捉装置5の把持爪51を同期で駆動して移動させてもよい。伝動器6は、把持爪51を駆動させて同期で回転させる。搬送トレー8上の収納孔81は、複数セットを並列配置し、マトリクス状に間隔をあけて配列された収納孔81により、筒状エレメント9をマトリクス状に間隔をあけて配列させる。このため、同一列に配列された筒状エレメント9が、伝達経路10に沿って検査エリア13内に入ると、エレメント・リーダー7により同期で走査することができる。
【0023】
上述の構成により、エレメント・バーコード22は、エレメント・リーダー7の走査範囲内で筒状エレメント9が所定角度回転する際に、エレメント・リーダー7により走査し、エレメント・リーダー7によりエレメント・バーコード22を完全に読取ることにより、バーコード・リーダーを移動させるだけでは、筒状エレメントの弧状の表面上に貼付されたバーコードを有効に走査することが困難であるという従来技術の問題点を解決することができる上、筒状エレメント9のエレメント・バーコード22のデータを自動的に読取り、記録することができる。筒状エレメント9が電池である場合、搬送トレー8に筒状エレメント9を収納し、上述のバーコードを自動的に識別した後に、後続のバインド工程(binding)を行う。これにより、電池を容易に製造することができる。
【0024】
当該分野の技術を熟知するものが理解できるように、本考案の好適な実施形態を前述の通り開示したが、これらは決して本考案を限定するものではない。本考案の主旨と領域を逸脱しない範囲内で各種の変更や修正を加えることができる。従って、本考案の実用新案登録請求の範囲は、このような変更や修正を含めて広く解釈されるべきである。
【0025】
1 作動台
3 プッシャ
4 搬送トレー・リーダー
5 捕捉装置
6 伝動器
7 エレメント・リーダー
8 搬送トレー
9 筒状エレメント
10 伝達経路
11 第1の端部
12 第2の端部
13 検査エリア
14 スライドレール
21 搬送トレー・バーコード
22 エレメント・バーコード
30 支持台
31 係止用爪
32 シリンダ
33 ストッパ傾斜面
50 支持架台
51 把持爪
70 支持バー
81 収納孔
82 係合溝
83 斜面部
91 円弧面
131 所定の高さ位置

(57)【要約】

【課題】筒状エレメント上のエレメント・バーコードをエレメント・リーダーにより自動的に走査したり、バーコード・データを自動的に読取ったりする複数の筒状エレメント上のバーコードを読取る装置を提供する。【解決手段】複数の筒状エレメント上のバーコードを読取る装置は、作動台1、プッシャ3、伝動器6及びエレメント・リーダー7を備える。作動台1は、伝達経路と、伝達経路上に設けられた検査エリアとを有する。プッシャ3は、作動台1上に配置され、立設した複数の筒状エレメント9を伝達経路に沿って検査エリアに入れ、筒状エレメント9の外壁にエレメント・バーコードが貼付される。伝動器6は、検査エリア内に配置され、検査エリア内に入る筒状エレメント9を所定回転角度で回転させる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):