(54)【考案の名称】充電器

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
この考案は、太陽光発電などのパワーコンディショナーに組み合わせて使う,充放電器に関する。

【従来の技術】

【0002】
昨今太陽光発電など自然エネルギー型発電装置が様々実用化され導入されているが,電力安定供給の観点からは問題点もある。たとえばそれら発電装置を系統連携した場合に,系統電圧が上昇して規定値を超えることがある。そこでその様な場合には発電を抑制して電圧上昇を抑えるようにすることが義務付けられている。また系統への逆潮流の代わりに、充電する方法が考案されたりしている。
【0003】

【効果】

【0008】
系統電圧の上昇による発電抑制が起こることを防ぎながら,太陽エネルギーをより有効に発電に利用出来る。
電力消費の少ない夜間にバッテリー充電を行い,それを昼間の電力消費が多い時間帯に利用する目的にも利用可能。
電力の安定供給の観点からも,将来のスマートグリッド構想の充電システムの一般家庭用として有効利用が可能。
【図面の簡単な説明】
【0009】
【図1】この考案の一実施形態を示す系統図。

【0010】
この考案の一実施形態を、図1に示す。
1は太陽電池で,太陽光エネルギーを直流電力に変える。2はパワーコンディショナーで,太陽電池で発電した直流電力またはバッテリーの直流電力を交流電力に変える機能,系統に電力を供給する機能,系統の異常時に発電を止める機能などの他,一般に自立発電機能なども持つ。系統電圧が設定された電圧以上になると発電を抑制する機能もこのパワーコンディショナーの機能である。3は充電用の蓄電池。4は蓄電池の充放電を制御および実施する装置。5は系統電圧を監視する装置。監視の結果を設定された条件と比較し,充電か,放電かを決めて結果を4の充放電制御装置に送る。充電か放電かの条件設定は,任意の系統電圧に設定出来るほか,無条件充電,無条件放電,なども選択できるようにする。
また4の充放電制御装置は,夜間の太陽光発電が発電を停止した後では,充電された電力をパワーコンディショナーに供給して消費に回すことを可能にするほか,深夜時間帯では6の系統電力充電経路によって夜間電力によるバッテリー充電も可能にする。この場合も放電するか充電するかは,太陽電池からの電力が無くなったこと,かつ時間帯が設定された時間帯であること,などを自動判断する機能の他,ユーザーによる任意の設定も可能にする。
【産業上の利用可能性】
【0011】
本考案は,一般家庭での適用を例に記述しているが,産業用または公共用太陽光発電システムや,公共電力送配電システムに於ける充電システムにも応用可能。
【0012】
1 太陽電池 2 パワーコンディショナー
3 充電用バッテリー 4 充放電制御装置 5 系統電圧監視装置
6 系統電力充電経路

(57)【要約】

【課題】より有効に太陽光エネルギーを利用し、割高感の無い充電システムを提供する。【解決手段】系統電圧などを監視し、発電抑制を行う電圧になる前に、発電電力を充電に回すことで、発電そのものは抑制しない様にする。系統電圧の上昇による発電抑制が起こることを防ぎながら、太陽エネルギーをより有効に発電に利用出来る。電力消費の少ない夜間にバッテリー充電を行い、それを昼間の電力消費が多い時間帯に利用する目的にも利用可能。電力の安定供給の観点からも、将来のスマートグリッド構想の充電システムの一般家庭用として有効利用が可能。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):