(54)【考案の名称】移動式太陽光発電機

(51)【国際特許分類】

H01L 31/042

(73)【実用新案権者】株式会社M.I.T

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、移動や運搬が容易な太陽光発電機に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
近年、ソーラーパネルを建物の屋上や広大な平地に並べる等して、太陽光を利用して発電するシステムが注目されている。
【0003】
しかしながら、従来の発電システムは、ソーラーパネルが屋上や平地に固定されるため、使用場所が制限されることとなっていた。
【0004】
かかる問題を解決するため、これまでに、太陽光を利用した発電を任意の場所で行うことを可能とした、移動式ソーラーシステムが開発されている(特許文献1)。しかしながら、かかる発電システムでは十分な発電量を得ることができなかった。
【0005】

【効果】

【0010】
本考案の移動式太陽光発電機は、複数のソーラーパネルを備えており、日照面積が大きいことから、十分な発電量を得ることができる。また、複数のソーラーパネルをコンパクトに折り畳んだ状態で移動、運搬できるため、太陽光発電を任意の場所、例えば災害発生時の停電地域等で容易に行うことができる。
【図面の簡単な説明】
【0011】
【図1】本考案の移動式太陽光発電機の一例を示す外観斜視図である。
【図2】ソーラーパネルBを折り畳んだ状態の外観斜視図である。
【図3】本考案の移動式太陽光発電機の正面図である。
【図4】本考案の移動式太陽光発電機の側面図である。

【0012】
図1や図2に示すように、本考案の移動式太陽光発電機10(以下、単に「発電機」と称する場合がある。)は、発電機10の移動を容易にする走行輪12と、発電機10を任意の場所に安定して設置する固定脚14とを備える架台16に、太陽光発電を行うソーラーパネルAと、ソーラーパネルAにヒンジ18を介して折り畳み可能に連結されているソーラーパネルBと、ソーラーパネルA及びBで発電された電気を蓄えるバッテリ20(図4参照)とが搭載されている。
【0013】
本考案の発電機10は、ソーラーパネルA及びBを備え、日照面積が大きいことから、大きな発電量を得ることができる。また、ソーラーパネルBはヒンジ18でソーラーパネルAに折り畳み可能に連結されており、かつ、ソーラーパネルAを介して架台16に固定されている。すなわち、ソーラーパネルBは架台16と直接固定化されていない。このため、本考案の発電機10は、これを移動したり運搬する際、図2や図3に示すようにソーラーパネルBを折り畳むことにより、架台16とソーラーパネルAの大きさまで省スペース化できる。さらに、ソーラーパネルAとBとを、各パネルの一端同士をヒンジ18で連結しているため、これらを折り畳めば、ソーラーパネル面が露出しないこととなる。その結果、本考案の発電機10を移動、運搬する際に、ソーラーパネル面が傷付くのを防止できる。
【0014】
ソーラーパネルAやBの大きさは、求められる発電量等に応じて設定すればよいが、移動や輸送に適したものにするのが好ましい。
【0015】
本考案の発電機10が備えるソーラーパネルAは、ソーラーパネルBが連結されている端部を除く任意の端部が、連結具24を介して架台16に固定されているのが好ましい。かかる構成により、図4に示すように、ソーラーパネルA及びBの傾斜角度を変えることが可能になる。具体的には、ソーラーパネルAの裏面に係止手段26を設けると伴に、架台16からアーム28を延ばすことにより、当該アーム28の先端を係止手段26に係止して、ソーラーパネルA及びBを傾斜させることができる。
【0016】
本考案において、係止手段26は、連結具24で固定されているソーラーパネルAの一端から他端の方向に向けて、複数設けるのが好ましい。これにより、アーム28の先端を係止手段26のいずれかに係止することにより、ソーラーパネルAおよびBの傾斜角度を、太陽光線が最も当たりやすいように適宜調整でき、発電量を増加させることができる。
【0017】
本考案の発電機10が備える走行輪12は、発電機10の移動を安定して行うために架台16の四隅に設けられることが好ましい。また、発電機10の走行方向のいずれか一対の走行輪(すなわち、前輪または後輪)の直径を150mm以上(より好ましくは200mm以上、さらに好ましくは350mm以上)とするのが好ましい。これにより、砂利道等での発電機10の移動が容易になる。
【0018】
本考案の発電機10は、図4に示すように、走行方向のいずれか一対の走行輪12にストッパ30を備えてもよい。これにより、発電機10を傾斜面に設置した際に、発電機10が移動するのを防止できる。さらに、走行方向のいずれか一対の走行輪12に、走行輪12の輪郭に沿ったカバーで構成される石よけ31を備えてもよい。これにより、発電機10を移動中に走行輪12が砂利を噛んでロックされるのを防ぐことができる。
【0019】
本考案の発電機10が備える固定脚14は、発電機10を任意の場所に安定して設置できれば、架台16のいずれの箇所に設けられてもよい。当該固定脚14は、その先端をねじ込み式にする等して、長さ調節可能にするのが好ましい。これにより、本考案の発電機10を傾斜地や凹凸のある地面等に設置する場合でも、発電機10を水平に設置することができる。
【0020】
本考案の発電機10が備えるソーラーパネルBには、その裏面に、折り畳み可能な支持脚32を設けるのが好ましい(図2)。これにより、ソーラーパネルBを展開して発電する際、ソーラーパネルBを支持脚32で支持できるため、発電機10を安定して設置できる。支持脚32の先端は、ねじ込み式にしておくのが好ましい。これにより、支持脚32の長さを適宜調節できる。
【0021】
図4に示すように、本考案の発電機10は、ソーラーパネルA及びBで発電した電気を蓄えるバッテリ20の他に、インバータやコンバータ等の制御機器22が搭載固定されているのが好ましい。これにより、太陽光を利用して得た電気を外部の電気機器に供給できる。本考案で用いるバッテリや制御機器は、従来公知のものであってよい。
【0022】
本考案の発電機10は、さらにカレンダータイマー(図示しない)を搭載してもよい。かかる構成により、発電機10より得られた電気を用いて、スプリンクラーや照明器具などの機器を作動させる作動時期を自動調節できる。
【0023】
本考案の発電機10は、図4に示すように、ハンドル34を備えるのが好ましい。これにより、発電機10を手押しにより移動させるのが容易になる。ハンドル34は、引き抜き可能に架台16に取り付けるのが好ましい。かかる構成により、発電機10を運搬したり、これを用いて発電する際は、ハンドル34の把持部を下方に向けて架台に取り付けて、省スペース化を図ることができる。また、発電機10を移動させる際は、ハンドル34を架台16より引き抜いた後、把持部を上方に向けて、再度架台16に挿入することにより、手押しを容易にできる。
【0024】
本考案の発電機10は、架台16に吊フック36を備えるのが好ましい。これにより、発電機10をトラックの荷台に積むのが容易になる。吊フック36は、架台16の四隅に設けるのが好ましい。これにより、本考案の発電機10をバランスよく吊り下げることができる。
【0025】
10 移動式太陽光発電機
12 走行輪
14 固定脚
16 架台
18 ヒンジ
20 バッテリ
22 制御機器
24 連結具
26 係止手段
28 アーム
30 ストッパ
31 石よけ
32 支持脚
34 ハンドル
36 吊フック

(57)【要約】

【課題】太陽光を利用した発電を任意の場所で行うことができるのみならず、十分な発電量を得ることができる移動式の太陽光発電機を提供する。【解決手段】本移動式太陽光発電機は、走行輪12と固定脚14とを備えた架台16に、ソーラーパネルAと、該ソーラーパネルAにヒンジで折り畳み可能に連結されているソーラーパネルBと、前記ソーラーパネルA及び前記ソーラーパネルBで発電された電気を蓄えるバッテリと、電気を制御する制御機器22とが搭載され、前記ソーラーパネルBは、前記ソーラーパネルAを介して前記架台に固定されていることを特徴とする。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):