(54)【考案の名称】自動化電気自動車ステーション

(73)【実用新案権者】▲ショウ▼▲ゲン▼科技股▲ふん▼有限公司

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、電気自動車に関し、特に電気自動車の充電技術に関する。

【従来の技術】

【0002】
地球温暖化の深刻化、及び石油資源の徐々の枯渇により、低エネルギー消耗、低汚染の電気自動車が将来の交通運輸の主流となることが確実となっている。但し、電気自動車が普及できるか否かの重要な要因は、充電ステーションの密度及び充電プロセスの利便性にあり、現有の充電ステーションは、その充電プロセスは、従来のガソリンスタンドの方式に大きく類似し、充電待ち車両の充電条件、例えば、電圧及び電流等を人工で確認する必要があり、人力で充電銃を取り、充電待ち車両に接続し、充電を行い、支払い方式については、貨幣投入式を主流とし、簡易に述べれば、充電プロセスは、ほぼ全て人工作業に依頼し、大量の人力資源を消費するだけでなく、運営コストを上昇し、且つ人工で確認した充電条件では、ミスが発生し易く、軽度であれば、充電作業が円滑に進行できなくなり、重度であれば、車両電池の損壊を招く可能性があり、実際に改善が必要となっている。
【0003】

【効果】

【0006】
本考案の自動化電気自動車充電ステーションは、充電待ち車両の充電条件を自動読み取り可能であり、該充電条件を基礎とし充電を行い、自動充電機構全自動化作業により、人工作業を全く必要とせず、大量の人力コストを節減できるだけでなく、更に人為的ミスの可能性を回避することができる。
【図面の簡単な説明】
【0007】
【図1】本考案の充電システムのブロック図である。
【図2】本考案の自動充電機構が側面に充電ポートを配置した電気自動車に適合する充電説明図である。
【図3】本考案の自動充電機構が底面に充電ポートを配置した電気自動車に適合する充電説明図である。
【図4】本考案の充電方法フロー参考説明図である。

【0008】
本考案の特徴についてより分かり易くする為、図面に併せ、詳細を説明する。
【0009】
図1を参照し、それは、本考案のシステムブロック図であり、本考案の充電ステーションシステムは、制御盤1と、RFID(Radio-Frequency Identification)2と、自動充電機構3と、から構成され、そのうち、RFIDシステム2及び自動充電機構3は、それぞれ制御盤1と接続し、RFIDシステム2は、電気自動車4内に搭載する電子タグ41と適合し、該電子タグ41は、該電気自動車4の充電条件等に関する情報、例えば、充電電圧、充電電流及び電池容量等を記録し、該電子タグ41を搭載した電気自動車4は、充電ステーションの充電領域に入る時、該RFIDシステム2は、電波を発し、電子タグ41を励起し、それを該電気自動車の充電条件情報をRFIDシステム2に発送し、読み取りを行い、RFIDシステム2が該充電条件情報を受け取った後、自動充電機構3に転送し、該自動充電機構3は、基本的にロボットハンド(robot hand)であり、電気自動車4の充電ポート42の所在位置を検出でき、充電プラグを該充電ポート42に精確に移動させ、両者に接続を完成させ、該充電ポート42は、電池モジュール43に接続し、自動充電機構3及び充電ポート42に接続を完成後、電気自動車4の電池モジュール43に対し充電を行うことができる。充電条件の情報は、RFIDシステム2を介し、読み取りを行い、人工操作を経由する必要がないので、人為ミスの発生を回避することができる。
【0010】
自動充電機構3は、2種の形態を配置でき、その1つは、充電ポート42が車体側面に設けられる電気自動車4に対応し、図2に示すようであり、もう1つは、充電ポート42が車体底部に設けられる電気自動車4に対応し、図3に示すようである。図2を参考とし、充電ポート42が車体側面に設けられる電気自動車4については、自動充電機構3は、充電領域の近傍に設けられ、その充電ポート42と接続し、充電ポート42が車体底部に設けられる電気自動車4については、自動充電機構3が充電領域の地面上に設けられ、上向きに上昇する方式で接続を行う。充電ステーションは、この2種の形態を同時に設ける自動車充電機構3は、RFIDシステム2が読み込む充電条件情報に基づき、対応する自動充電機構3を自動選択し、充電作業を行うことができる。
【0011】
好適実施例において、制御盤1は、自動支払いメカニズムに電気接続することができ、充電完成後、クレジットカード、プリペイドカード、又はキャッシュカードにより電子支払作業を行うことができる。
【0012】
続いて、図4を参照し、それは、本考案の充電方法プロセスの参考図であり、先ず、充電待ち車両の充電条件の読み取りを電子化し(S1)、例えば、RFIDシステムにより読み取りを行い、該読み取った充電条件情報に基づき、該充電待ち車両に対し充電を行い(S2)、充電完了後、好ましくは、自動支払いメカニズムを実行し、支払いを行い(S3)、例えば、クレジットカード、プリペイドカード又はキャッシュカードにより支払を行う。
【0013】
なお、本考案では好ましい実施例を前述の通り開示したが、これらは決して本考案に限定するものではなく、当該技術を熟知する者なら誰でも、本考案の精神と領域を脱しない均等の範囲内で各種の変動や潤色を加えることができることは勿論である。
【0014】
1 制御盤
2 RFIDシステム
3 自動充電機構
4 電気自動車
41 電子タグ
42 充電ポート
43 電池モジュール
S1〜S3 ステップ

(57)【要約】

【課題】充電待ち車両の充電条件を自動読み取り可能であり、該充電条件を基礎とし充電を行い、自動充電機構全自動化作業により、人工作業を全く必要とせず、大量の人力コストを節減できるだけでなく、更に人為的ミスの可能性を回避することができる自動化電気自動車充電ステーションを提供する。【解決手段】本自動化電気自動車ステーションは、RFIDシステムにより充電待ち自動車の充電条件を読み取り、該充電条件が制御盤に送られ、該制御盤は、該読み取った充電条件に基づき、自動充電機構を制御し、該車両に対し充電を行い、該自動充電機構は、該車両の充電ポートの所在位置を自動検出し、ロボットハンドにより自動接合し、充電完了後、自動支払いメカニズムを起動し、支払いを行うこともできる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):