(54)【考案の名称】識別子読取装置

(73)【実用新案権者】旭硝子株式会社

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、識別子読取装置に関する。

【従来の技術】

【0002】
特許文献1には、商品の包装、又は商品棚等に貼り付けられて、その商品を識別するためのバーコードを読み取るバーコード読取装置が開示されている。
【0003】
このバーコード読取装置は、携帯型端末装置本体と、この携帯型端末装置本体に着脱自在に装着されるハンディ型装置とからなる。前記携帯型端末装置本体には、文字及び画像を表示する表示ユニット、及び前記ハンディ型装置のスキャナによって入力されたバーコードの示す値に基づいて所定の演算処理を行う演算処理ユニットが設けられている。一方、前記ハンディ型装置には、バーコードの入力を行う前記スキャナ、及びテンキーが設けられている。また、前記携帯型端末装置本体は、前記ハンディ型装置から無線によって送信されてくるデータを受信する受信ユニットを備えており、前記ハンディ型装置は、前記スキャナ又は前記テンキーによって入力されたデータを前記携帯型端末装置本体に無線によって送信する送信ユニットを備えている。
【0004】

【効果】

【0018】
本考案の識別子読取装置によれば、高所にある識別子の情報を容易に確認することができ、また、スキャナ部を、継手を介して棒体に取り付けることにより、狭い間隔で隣り合うように複数の商品が並べられ、その商品の対向する面に識別子が付されている状況においても、その識別子をスキャナ本体で読み取ることができる。
【図面の簡単な説明】
【0019】
【図1】実施の形態のバーコード読取装置の使用形態を示した説明図
【図2】図1に示したバーコード読取装置の全体図
【図3A】ロッドに対するハンディターミナルの取付構造図
【図3B】ロッドにハンディターミナルを取り付けるクランパの背面斜視図
【図4】ハンディスキャナがジョイントを介してロッドに装着された要部拡大図
【図5A】ハンディスキャナの正面図
【図5B】ハンディスキャナの右側面図
【図6】バーコード読取装置の構成を示したブロック図
【図7】ハンディターミナルの正面図
【図8A】第1のロッドと第2のロッドとを連結する前のロッドの構成を示した説明図
【図8B】第1のロッドと第2のロッドとを連結したロッドの構成を示した説明図

【0020】
以下、添付図面に従って本考案に係る識別子読取装置の好ましい実施の形態について説明する。
【0021】
図1は、識別子読取装置の一つである実施の形態のバーコード読取装置10の使用形態を示した説明図である。同図には、棚12の高所に納められた商品14に付されているバーコード16を、操作者18がバーコード読取装置10を使用して読み取っている状態が示されている。同図に示すように、バーコード読取装置10を操作者18が上方に持ち上げることによって、操作者18は梯子や脚立を使用することなく、高所にある商品14のバーコード16を容易に確認することができる。
【0022】
このバーコード読取装置10は、流通業又は物流業等において、商品14の在庫管理(棚卸しの作業又はピッキング時の商品確認)のために使用される装置であり、商品14に貼り付けられているバーコード16を読み込み、読み込んだバーコード16を解読することによって型番、個数、製造年月日、納入先等の商品情報(バーコード情報)を取得する装置である。なお、バーコードとしては、図2に示した一次元バーコードでもよく、ドットを縦横に配列した二次元バーコードでもよい。また、ピッキングとは、注文や要求(出荷指示)に対して、その品物を在庫から選び出すことをいう。
【0023】
図2はバーコード読取装置10の全体図である。同図に示すバーコード読取装置10はハンディスキャナ(スキャナ部)20、ハンディターミナル(端末部)22、及びロッド(棒体)24から構成される。ハンディスキャナ20は、ロッド24の一端部(先端部)にジョイント(継手)26、及びホルダ28を介して着脱自在に取り付けられている。ハンディターミナル22は、ロッド24の他端部又は略中央部に、図3Aに示す一対のクランパ(Clamper)30、32を介して着脱自在に取り付けられている。
【0024】
図3Aの如くクランパ30は箱型に構成されており、ハンディターミナル22の一端部を収納する凹部36を有し、クランパ32は、ハンディターミナル22の他端部を収納する凹部38を備えている。また、図3Bの如く、クランパ30のロッド24側の面には、ロッド24が挿入される円弧状のガイド部31が取り付けられている。このガイド部31にロッド24を挿入し、ガイド部31に螺合されたねじ34を締結することによって、クランパ30がガイド部31を介してロッド24に固定される。クランパ32の構造も同一である。
【0025】
なお、ハンディスキャナ20をロッド24の一端部に直接取り付けてもよいが、図4の如くハンディスキャナ20を、ジョイント26を使用してロッド24に取り付けることが好ましい。複数のピン40、40…とリンク42、42…とからなる多関節構造のジョイント26を利用することにより、ロッド24の一端部に対してハンディスキャナ20の読取窓44を、図4の二点鎖線で示すように、上下方向において所望の方向に向けることができる。
【0026】
また、ハンディスキャナ20が取り付けられたジョイント26の端部の反対の端部には、ロッド24の軸方向に対して直交方向に回転軸39を有する回転部材41が設けられている。回転部材41の回転軸39は、ロッド24の端部に取り付けられたパイプ材25に矢印A方向、すなわち、ロッド24の軸方向に対して直交する軸を回転中心とした方向に回転自在に取り付けられている。したがって、パイプ材25に対して回転部材41が回転軸39で回転することによって、ジョイント26及びホルダ28を介して取り付けられたハンディスキャナ20を所望の方向に回転できる。よって、バーコード16の向きに応じた向きにハンディスキャナ20の読取窓44を容易に向けることができる。また、狭い間隔で隣り合うように複数の商品が並べられ、その商品の対向する面にバーコードが付されている状況においても、そのバーコードにハンディスキャナ20の読取窓44を容易に向けることができる。
【0027】
ジョイント26は、ピン40とリンク42との間のフリクションを利用してハンディスキャナ20の位置を保持する構造でもよく、ピン40とリンク42とをねじで固定してハンディスキャナ20の位置を保持する構造でもよい。また、同様にジョイント26は、回転軸39とパイプ材25との間のフリクションを利用してハンディスキャナ20の位置を保持する構造でもよい。更に、ホルダ28は、ハンディスキャナ20が嵌合される筒状のものでもよく、伸縮自在なバンドでもよい。
【0028】
図5Aはハンディスキャナ20の正面図、図5Bはハンディスキャナ20の右側面図である。
【0029】
ハンディスキャナ20は、箱型に構成された外装ケース本体46を有している。外装ケース本体46の上部は正面方向に突出され、その突出部47の正面に透明の読取窓44が取り付けられている。突出部47の内部にLED(Light Emitting Diode)48とCCD(Charge Coupled Device)50とを備えたスキャナ本体52が配置されている。なお、図2、図4において符号45の線は、読取窓44を介したCCD50の視野範囲を示している。
【0030】
ハンディスキャナ20は、図6に示すようにスキャナ本体52、CPU54、デコーダ(解読部)56、バッテリ58、表示部60、電源スイッチ62、及び通信部(第1の送受信部)64等から構成される。CPU54は、電源スイッチ62のON操作によってバッテリ58から電力が供給されると、スキャナ本体52、デコーダ56、表示部60、及び通信部64に電力を供給するとともに、これらを統括制御する。電源スイッチ62は、ハンディスキャナ20の外部から操作できるように、図5Bの如く外装ケース本体46の突出部47側の側面で突出部47の下部に露出して設けられている。なお、電源スイッチ62の配置位置は、前記位置に限定されるものではなく、ハンディスキャナ20の外部から操作できる位置であれば、如何なる位置であってもよい。また、バッテリ58は、充電可能なニッケル水素電池であることが好ましい。
【0031】
スキャナ本体52は、LED48及びCCD50等から構成されており、LED48は、読取窓44を介してハンディスキャナの外部(図5Bにおいて、読取窓44の左方向)へ光を照射する位置に配置される。CCD50は、LED48から出射されてバーコード16に照射された光の反射光を受光する位置に配置される。
【0032】
CCD50によって受光されたバーコード16は、すなわち、スキャナ本体52によって読み込まれたバーコード16は、図6のデコーダ56によって解読される。よって、バーコード16の前記商品情報がハンディスキャナ20によって取得される。この商品情報は、CPU54によって表示部60に表示されるとともに、無線信号として通信部64からハンディターミナル22の通信部86へ送信される。
【0033】
図7は、ハンディターミナル22の正面図である。
【0034】
ハンディターミナル22は、箱型に構成された外装ケース66を有し、その正面上部には矩形状の表示部68が設けられている。また、表示部68の下方には電源スイッチ70、スキャン指示スイッチ72、カーソルキー76、数字キー78、エンターキー80を備えている。カーソルキー76、数字キー78、及びエンターキー80はハンディターミナル22から数字、文字を入力する場合に使用される。
【0035】
また、ハンディターミナル22は図6に示すように、表示部68、電源スイッチ70、CPU82、バッテリ84、通信部(第2の送受信部)86、メモリ(記憶部)88、補助スキャナ本体90、及び補助デコーダ92等から構成される。
【0036】
CPU82は、電源スイッチ70のON操作によってバッテリ84から電力が供給されると、表示部68、通信部86、補助スキャナ本体90、及び補助デコーダ92等に電力を供給するとともに、これらを統括制御する。
【0037】
通信部86は、ハンディスキャナ20の通信部64から無線で送信された商品情報を受信する。CPU82は、受信した前記商品情報を表示部68に表示させるとともに、メモリ88に記憶させる。また、CPU82は、受信した前記商品情報を通信部86からパソコン(外部端末機器)94に送信させることもできる。バッテリ84は、ハンディスキャナ20のバッテリ58と同様に充電可能なニッケル水素電池であることが好ましい。
【0038】
図8A、図8Bは、ロッド24の伸縮構造部を示した要部構造図である。
【0039】
図8Aに示すように、ロッド24は、二本一組の直棒状の第1のロッド96、及び第2の98を備え、第2のロッド98の中空部に第1のロッド96が挿入され、その挿入量を変更することにより、ロッド24が伸縮される構成となっている。なお、ロッド24を構成する直棒状のロッドの本数は3本以上であってもよい。
【0040】
また、第2のロッド98の一端部又は両端部には、複数のすり割り部100、100…を軸方向に有する筒状の雄ねじ部102が挿入される。一方、ロッド24は、筒状で円錐台形状であって内周面に雌ねじ(不図示)が形成されたナット104を備えている。このナット104を介して第1のロッド96を第2のロッド98に挿入して、ロッド24の長さを所望の長さに調節し、この後、ナット104を雄ねじ部102に螺合(図8Aの矢印X方向に回転)していくと、すり割り部100、100…を形成している突片106、106が、縮径するナット104の内周面によって弾性変形されて第2のロッド98の外周面に押圧される。これにより、図8Bに示すように、第1のロッド96と第2のロッド98が連結されてロッド24の長さが所望の長さとなる。ロッド24の長さの調整は、矢印Yで示すように、第1のロッド96を第2のロッド98に対して進退させればよい。
【0041】
次に、前記の如く構成されたバーコード読取装置10の使用方法について説明する。
【0042】
図1に示したように、高所の棚12に納められている商品14のバーコード16を読み取る場合には、まず、操作者18がハンディスキャナ20の電源スイッチ62(図5B参照)を押してハンディスキャナ20をON状態にするとともに、ハンディターミナル22の電源スイッチ70(図6参照)を押してハンディターミナル22をON状態にして、ハンディスキャナ20とハンディターミナル22とを接続(ペアリング)する。そして次に、商品14の高さに合わせてロッド24の長さを図8Bの如く調節する。
【0043】
前記ペアリングにおいて、例えばBluetooth、IrDA(近距離無線通信規格)でのペアリングとは、ハンディスキャナ20とハンディターミナル22(2台のBluetoothデバイス)の接続設定を行なうことである。ペアリングを行なうことによって、ハンディスキャナ20とハンディターミナル22とが互いにアクセス可能となる。
【0044】
この後、操作者18がロッド24を把持してバーコード読取装置10を持ち上げ、ハンディスキャナ20の読取窓44を図2の如く、バーコード16に対向させる。
【0045】
次いで、操作者18が図7に示したハンディターミナル22のスキャン指示スイッチ72を押すと、バーコード読み取り開始の信号がハンディターミナル22の通信部86から送信される。送信された前記読み取り開始の信号が、ハンディスキャナ20の通信部64で受信されると、CPU54は、スキャナ本体52を駆動してバーコード16の読み取りを開始する。
【0046】
バーコード16の読み取りが終了すると、デコーダ56がバーコード16を解読する。そして、CPU54は、解読した商品情報を通信部64からハンディターミナル22の通信部86へ送信させる。送信された商品情報が、ハンディターミナル22の通信部86で受信されると、CPU82がその商品情報を表示部68に表示させる。
【0047】
したがって、バーコード読取装置10を操作する操作者18は、高所にあるバーコード16の情報を、梯子や脚立を使用することなく容易に確認することができる。
【0048】
また、パイプ材25に対して回転部材41を回転軸39で回転させて、読取窓44を水平方向に向けることによって、狭い間隔で隣り合うように複数の商品が並べられ、その商品の対向する面にバーコードが付されている状況においても、そのバーコードを容易に読み取ることができる。
【0049】
そして、実施の形態のバーコード読取装置10では、無線信号によってハンディスキャナ20とハンディターミナル22とを送受信可能に構成している。双方の通信部64、86をUSBケーブル等で送受信可能に接続してもよいが、有線のケーブルが確認作業時に邪魔になる、あるいはケーブルの長さが足りず、確認作業ができない場合があるので、前述の如く無線通信が好ましい。無線通信手段としては、前記Bluetooth、IrDA、IrSimple(赤外線を利用して通信を行う国際標準規格)、IrSS(高速赤外線通信の規格であるIrSimple 1.0に準拠した、片方向通信を実現する方式)、ZigBee(家電向けの短距離無線通信規格)、UWB(超広帯域無線)を挙げることができる。
【0050】
また、実施の形態のバーコード読取装置10は、ハンディスキャナ20、及びハンディターミナル22の双方がバッテリ58、84を備えており、バッテリ58を電源としてハンディスキャナ20が駆動され、バッテリ84を電源としてハンディターミナル22が駆動される。したがって、実施の形態のバーコード読取装置10は、倉庫のコンセントから電源供給用のケーブルをハンディスキャナ20、及びハンディターミナル22に接続する必要がないので、確認作業範囲が電源供給用のケーブルの長さに規制されない。よって、バーコード読取装置10の取り扱いが容易になる。
【0051】
更に、実施の形態のバーコード読取装置10は、ハンディターミナル22の通信部86が、無線又は有線によってパソコン94に商品情報を送信することができる。ハンディターミナル22からパソコン94に商品情報を送信することにより、パソコン94側で、例えば棚卸しデータ等を作成することができる。
【0052】
更にまた、ハンディターミナル22は、商品情報を記憶するメモリ88を有しているので、商品情報を蓄積でき、蓄積した商品情報をパソコン94に受け渡すことができる。メモリ88としては、ハンディターミナル22に内蔵されるRAM、ROM、又はハンディターミナル22のインタフェースに着脱されるUSBメモリ、SDカード(USB規格)等の記憶媒体を挙げることができる。
【0053】
また、実施の形態のバーコード読取装置10では、ハンディターミナル22にバーコードを読み込む補助スキャナ本体90、及び補助スキャナ本体90によって読み込んだバーコードを解読する補助デコーダ92を備えている。これにより、ハンディターミナル22においても、補助スキャナ本体90によってバーコードを読み込み、読み込んだバーコードを補助デコーダ92によって解読することができる。低所確認作業時には、ロッド24からハンディスキャナ20とハンディターミナル22とを取り外し、バーコードの確認用として各々独立して使用することができる。ハンディターミナル22で取得した商品情報は、表示部68に表示される。
【0054】
なお、実施の形態では、バーコード16を読み取るバーコード読取装置10について説明したが、本考案は、バーコード16に限定されるものではなく、文字、記号、画像等の識別子を読み取る識別子読取装置に適用可能である。
【0055】
10…バーコード読取装置、12…棚、14…商品、16…バーコード、18…操作者、20…ハンディスキャナ、22…ハンディターミナル、24…ロッド、25…パイプ材、26…ジョイント、28…ホルダ、30、32…クランパ、31…ガイド部、34…ねじ、36、38…凹部、39…回転軸、40…ピン、41…回転部材、42…リンク、44…読取窓、46…外装ケース本体、47…突出部、48…LED、50…CCD、52…スキャナ本体、54…CPU、56…デコーダ、58…バッテリ、60…表示部、62…電源スイッチ、64…通信部、66…外装ケース、68…表示部、70…電源スイッチ、72…スキャン指示スイッチ、76…カーソルキー、78…数字キー、80…エンターキー、82…CPU、84…バッテリ、86…通信部、88…メモリ、90…補助スキャナ本体、92…補助デコーダ、94…パソコン、96、98…ロッド、100…すり割り部、102…雄ねじ部、104…ナット、106…突片

(57)【要約】

【課題】高所にある識別子の情報を容易に確認することができる識別子読取装置を提供する。【解決手段】操作者18がバーコード読取装置10を持ち上げて、ハンディスキャナ20の読取窓をバーコード16に対向させる。次いで、操作者18がハンディターミナル22のスキャン指示スイッチを押すと、バーコード読み取り開始の信号がハンディターミナル22の通信部から送信される。送信された前記読み取り開始の信号が、ハンディスキャナ20の通信部で受信されると、CPUは、スキャナ本体を駆動してバーコード16の読み取りを開始する。バーコード16の読み取りが終了すると、デコーダがバーコード16を解読する。そして、CPUは、解読した商品情報を通信部から送信させる。送信された商品情報が、ハンディターミナル22の通信部で受信されると、その商品情報が表示部に表示される。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):