(54)【考案の名称】プラグアンドプレイ型バーコードスキャナ

(73)【実用新案権者】茂森科技股▲ふん▼有限公司

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、バーコードのスキャンを行う小型のプラグアンドプレイ型バーコードスキャナに関する。

【従来の技術】

【0002】
バーコードスキャナ(またはバーコードリーダーとも呼ばれる)は、例えば物流業の貨物管理やショッピングセンターの商品管理等、商業上非常に一般的に使用されており、すでにカタログ広告マーケティング、テレビショッピングマーケティング等のマーケティング分野でバーコードが続々と導入されつつある。
従来は、バーコードスキャナは多くが店舗側で使用されており、一般のエンドユーザである消費者がショッピングを完了する前に、店舗がバーコードスキャナを操作して商品の数量、費用等の統計を行い、最後に消費者がスキャンされた結果に基づいて支払いを行っていた。しかし、マーケティング市場の変化及び広告露出の利便性を考慮すると、バーコードの機能をより活性化して運用することができれば、消費市場全体に大きな変化を生むことができ、またそれがもたらす可能性のあるビジネスチャンスも無限である。
【0003】
消費者の側からバーコード及びバーコードスキャナの応用と、派生する可能性のあるビジネスチャンスを考えたとき、市場全体の既成観念を覆すことにつながる。例えば、消費者が商品カタログを見ているときに、バーコードによって情報内容を統合し、携帯できて操作が簡便なバーコードスキャナを利用して商品のバーコードに対してスキャンを行うことで、迅速に商品の完全な情報を取得できるだけでなく、有効で完全な機制の下、即時に支払いを行うことも可能になる。
具体的には、エンドユーザである消費者が商品カタログを見ているときに買いたい商品が目に入ったら、バーコードスキャナを利用してカタログ中に提供されているバーコードをスキャンし、バーコードスキャナに接続された電子装置(例えばノートブックコンピュータ、モバイル通信端末等)によって取得したバーコード情報(商品規格、価格等の情報が含まれる)を同時にデコードすることができ、且つさらに金融関連の支払いシステムを組み合わせれば、消費者が完全な情報を取得した後すぐに支払いを行い、迅速に消費の過程を完了することが可能になる。
【0004】
このような商業マーケティング概念は携帯式の電子装置の普及に伴い、すでに徐々に形を成してきているが、バーコードスキャナの使用は未だエンドユーザである消費者には普及していないため、商業マーケティングの一部にこの概念がすでにあるものの、実用上は組み合わせて使用するソフトウェア、ハードウェアが追いついていないために実現できずにいるのが現況である。
このため、バーコードをより効果的に幅広い消費市場で応用できるようにすること、すなわちバーコードスキャナの普及が重要な要素となる。
【考案が解決しようとする課題】
【0005】
本考案が解決しようとする課題は、小型で携帯及び操作に便利であり、簡単に電子情報処理装置と組み合わせて使用できるプラグアンドプレイ型バーコードスキャナを提供することにある。

【効果】

【0008】
本考案のプラグアンドプレイ型バーコードスキャナは、情報伝送インターフェイス(USBなど)を組み合わせ、簡易且つ迅速に電子情報処理装置と接続することができ、大幅に製造コストを節約きるだけでなく、販売価格を抑えることが可能になり、小型で嵩張らない。
【図面の簡単な説明】
【0009】
【図1】実施例1を示すプラグアンドプレイ型バーコードスキャナの斜視図である。
【図2】実施例1を示すプラグアンドプレイ型バーコードスキャナの一部を透視した斜視図である。
【図3】実施例1に係るプラグアンドプレイ型バーコードスキャナ及び伝送ケーブルの斜視図である。
【図4】実施例1に係るプラグアンドプレイ型バーコードスキャナの使用状態における斜視図である。
【図5】実施例1に係るプラグアンドプレイ型バーコードスキャナ及び電子情報処理装置の斜視図である。
【図6】実施例2を示すプラグアンドプレイ型バーコードスキャナの斜視図である。
【図7】実施例3を示すプラグアンドプレイ型バーコードスキャナの平面図である。
【図8】実施例3に係るプラグアンドプレイ型バーコードスキャナ及び電子情報処理装置の平面図である。

【0010】
以下、本考案の実施例を図面に基づいて詳細に説明する。
図1〜図5は本考案の実施例1を示す。
図1に示すように、本考案のプラグアンドプレイ型バーコードスキャナ10は、バーコードスキャンモジュール101及び伝送インターフェイスモジュール102を備える。
バーコードスキャンモジュール101は、少なくとも1つの操作キー1011を有する。また、伝送インターフェイスモジュール102は、バーコードスキャンモジュール101の一端に設置され、任意の伝送インターフェイス(例えばUSB伝送インターフェイス)と接続することができる。
従って、まず伝送インターフェイスモジュール102を対応する電子情報処理装置(ノートブックコンピュータ、携帯式通信装置等)に接続して、プラグアンドプレイ型バーコードスキャナ10と電子情報処理装置との相互接続を完了させ、さらに操作キー1011を操作して、バーコードスキャンモジュール101を作動させ、バーコードに対しスキャンを行うことができる。
【0011】
図2に示すように、バーコードスキャンモジュール101は、小型に形成され、光L1を発生することができる発光源1012を備え、スキャン時に、前端に設置されたレンズセット1013を通して、バーコードB1(図4参照)に光L1を照射することができる。
また、バーコードスキャンモジュール101は、光L1をバーコードB1に照射した後に発生する反射光L2を接受して、接受した反射光L2を光情報に変換する接受ユニット1014を備え、伝送インターフェイスモジュール102から電子情報処理装置(図示しない)に光情報を伝送して、デコードプロセスを行わせることができる。また、デコード機能は直接接受ユニット1014に設置して、光情報を直接デコードしてから電子情報処理装置に伝送してもよい。
【0012】
プラグアンドプレイ型バーコードスキャナ10は、伝送インターフェイスモジュール102を介して電子情報処理装置と情報接続するが、図3のように互換性のある伝送規格の伝送ケーブル20を使用して電子情報処理装置と情報接続することができる。また、電子情報処理装置は型式に制限はなく、コンピュータ、携帯式モバイル通信端末等であって、プラグアンドプレイ型バーコードスキャナ10と接続できるアプリケーションプログラムをインストールできるものとする。つまり、プラグアンドプレイ型バーコードスキャナ10の作動時、スキャンで得られたバーコード情報を接続された電子情報処理装置から読み出す、またはスキャンの結果を表示できるようにする。
【0013】
図4に示すように、伝送ケーブル20でプラグアンドプレイ型バーコードスキャナ10と電子情報処理装置との情報接続を完了した後、操作者はプラグアンドプレイ型バーコードスキャナ10を手に持ってバーコードスキャンの作業を行うことができる。操作者がバーコードスキャンの作業を行いたいときは、ただ操作キー1011を押すだけでバーコードスキャンモジュール101を作動させ、光L1を発生させてバーコードB1に対しスキャンを行い、且つスキャン時に生成された反射光L2がバーコードスキャンモジュール101の接受ユニット1014(図2参照)に接受され、デコードが行われる。
【0014】
図5に示すように、電子情報処理装置30は、一端にプラグアンドプレイ型バーコードスキャナ10の伝送インターフェイスモジュール102と同じ伝送規格の接続装置を備え、これにより、プラグアンドプレイ型バーコードスキャナ10を電子情報処理装置30に直接差し込むことができる。
また、電子情報処理装置30のシステム中には、プラグアンドプレイ型バーコードスキャナ10を作動させるアプリケーションプログラムがインストールされており、プラグアンドプレイ型バーコードスキャナ10を直接取り付けた後、アプリケーションプログラムによる駆動で電子情報処理装置30と情報接続することができる。このため、使用者は電子情報処理装置30を手に持って、プラグアンドプレイ型バーコードスキャナ10を利用してバーコードB1(図4参照)に対しスキャンを行うことができる。
【0015】
図6は、本考案の実施例2を示す。
実施例2のプラグアンドプレイ型バーコードスキャナ10は、伝送インターフェイスモジュール102を被覆するための着脱可能なキャップ103を備えており、伝送インターフェイスモジュール102を効果的に保護することができる。
【0016】
図7及び図8は本考案の実施例3を示す。
図7に示すように、プラグアンドプレイ型バーコードスキャナ40は、バーコードスキャンモジュール401と伝送インターフェイスモジュール402から成る。バーコードスキャンモジュール401と伝送インターフェイスモジュール402とはそれぞれ独立しており、両者間は電気接続ケーブルを介して電気的に接続されると共に、枢軸403を介して回動可能に接続され、両者を適切な角度に相互に回転させることができるようになっている。
図8に示すように、プラグアンドプレイ型バーコードスキャナ40と電子情報処理装置50とを情報接続した後、操作者がバーコードスキャンの作業を行うことができる。また、本実施例では、操作者が必要に応じて、バーコードスキャンモジュール401を揺動させて電子情報処理装置50に対して適切な角度とし、操作時に最良のスキャン角度でバーコードスキャン作業を行えるようにすることができる。
【0017】
本考案では、小型化したバーコードスキャンモジュールに伝送インターフェイスモジュールを組み合わせて、携帯に便利にすると共に、伝送インターフェイスモジュールと普及している電子情報処理装置を情報接続し、コストを抑えるだけでなく、且つ使用時の複雑さを軽減することができる。これにより、携帯と操作に便利で、電子情報処理装置と組み合わせて使用でき、プラグアンドプレイ機能を備えたプラグアンドプレイ型バーコードスキャナを提供するという目的を達することができる。本考案はバーコードの使用を迅速に一般的な商業的応用の市場に普及させるために有益である。
【0018】
以上の説明は、本考案の最良の実施例に基づくものであり、本考案の権利範囲を限定するものではない。当業者が本考案の要旨を逸脱せずに行った同等の変化と修飾はすべて、本考案の権利範囲に含まれる。
【0019】
10 プラグアンドプレイ型バーコードスキャナ
101 バーコードスキャンモジュール
102 伝送インターフェイスモジュール
1011 操作キー
1012 発光源
1013 レンズセット
1014 接受ユニット
103 キャップ
20 伝送ケーブル
30 電子情報処理装置
40 プラグアンドプレイ型バーコードスキャナ
401 バーコードスキャンモジュール
402 伝送インターフェイスモジュール
403 枢軸
50 電子情報処理装置
L1 光
L2 反射光
B1 バーコード

(57)【要約】

【課題】小型で携帯及び操作に便利であり、簡単に電子情報処理装置と組み合わせて使用できるプラグアンドプレイ型バーコードスキャナを提供すること。【解決手段】バーコードのスキャン機能を備えたバーコードスキャンモジュール101と、バーコードスキャンモジュール101に電気的に接続され、電子情報処理装置に接続してバーコードスキャンモジュール101が取得したバーコード情報を電子情報処理装置に伝送できる伝送インターフェイスモジュール102と、バーコードスキャンモジュール101に電気的に接続され、バーコードスキャンモジュール101のスキャン機能の作動操作を行なう操作キー1011とを含む。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):