(54)【考案の名称】名刺代行機能搭載の携帯型移動通信端末

(73)【実用新案権者】株式会社シーエスエム

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】 図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、紙媒体の名刺をペーパーレス化するための、携帯電話機等の移動通信端末を用い、通信ネットワークや端末相互間の直接送受信を介して名刺交換等を可能にする名刺代行機能搭載の携帯型移動通信端末に関する。

【従来の技術】

【0002】
名刺は、一般に個人情報を印刷した紙カードによって構成されており、他人との間で名刺交換を行うことによりコミュニケーションの補助機能を果している。そのため出張等の際には名刺の携行は欠かせないが、出張先の滞在期間が延びてしまい名刺が無くなってしまったり、名刺を忘れてしまったりすることがしばしばあり、先方に対してマナー違反をおかすことがある。
【0003】
また、収集した名刺は専用ファイル等に保管するか、電子手帳等に手作業で入力し、必要なときに活用されるが、名刺の数が多くなると必要な名刺をファイルの中から検索するのに時間がかかり、さらにキー操作により名刺データを入力するのも手間がかかるという問題がある。特に展示会や集客イベントの際には、収集される名刺が多数になり、この名刺記載の顧客データを別途、データ入力作業を行って顧客管理に役立てているのが、実際である。
【0004】
このような問題を解消する手段として、通信機能を持つPDA(Personal Digital Assistant)あるいは携帯型パソコンを利用する方法がある。PDAでは、予め登録した名刺情報を他のPDAと交換するとともに、受信した情報を自装置のアドレス帳に取り込むことができるようになっている。一方、携帯型パソコンを利用する方法では、名刺交換機能及びそれと連携したアドレス帳管理機能を持つPIM(Personal Information Manager)ソフト等をインストールしておき、通信可能な装置との間で自動的に名刺情報を交換することを可能にしている(特許第4004683号公報等)。
【0005】
また、携帯電話端末に端末所有者の名刺情報を予め登録しておき、名刺交換挨拶の際に、紙カードの名刺の代わりに電子化した名刺情報を専用の無線方式でやり取りし、収集した名刺情報管理を携帯電話端末内で自動的に行うことにより、上記PDAあるいは携帯型パソコンを携行することなく名刺情報の携帯性を図り、どこでも名刺情報検索を可能にする携帯電話端末が特開2001−117883号公報に記載されている。
【0006】
上記公報記載の携帯電話端末では、携帯電話端末に、端末持主の会社名、所属名、役職、氏名、住所、電話番号、FAX番号、電子メールアドレス等の名刺情報を入力し記録するアプリケーションソフトとそれらの情報を格納するメモリと、相手からの同様の名刺情報を受信するとともに名刺交換に関連するメモ情報を入力可能とし、項目単位に管理及び記録するアプリケーションソフトとそれらの情報を格納するメモリとを備え、名刺交換作業は、通常の携帯電話利用に支障のない周波数帯でかつ受信エリアの狭い微弱電波あるいは赤外線等の光による無線方式により、携帯電話端末間で名刺情報を送受信することにより行われる。さらに、収集した名刺情報の会社名、氏名等から連絡先の電話番号検索、あるいは電子メール宛先指定を行い、携帯電話端末から直接アクセスできる機能を有している。
【0007】
さらに、特許文献2のような端末間の直接送受信に代えて、電子化した名刺情報をネットワーク経由で送受信することも提案されている(特許第3709377号公報等)

【効果】

【0017】
本考案は、移動通信端末(携帯電話)が通信機能として備えているiメールや高速データ通信を利用して名刺の交換を行う機能を実現し、又は赤外線通信などの機器間直接通信によって名刺の交換を行う機能を実現するので、携帯電話機に名刺交換を行うために専用のハードウェアを別途設ける必要がない。また、受信側の携帯電話機の表示部120では、データ送受信機能160により受信した名刺文字画像データを、送信側の携帯電話機の表示部に表示する態様と同一の態様で、受信名刺データ表示制御部270を用いて、受信側の携帯電話機の表示部に表示させるので、営業マンが自社の個性を顧客に印象つける為に会社ロゴマークや、所持人の写真データ等の情報量の大きな画像データを紙媒体の名刺に印刷している苦労を、携帯電話端末でも尊重できる。

(57)【要約】

【課題】 営業マンが自社の個性を顧客に印象つける為に会社ロゴマーク等の画像データを紙媒体の名刺に印刷している苦労を、携帯電話端末でも尊重できるような名刺代行機能搭載の携帯型移動通信端末を提供すること。【解決手段】 データを入力するキー110及び画像データを表示する表示部120をもち、データ送受信機能160を有する携帯電話機において、名刺文字データ記憶部210と名刺画像データ記憶部220から、当該名刺所持人の名刺情報として表現される名刺文字情報と名刺画像情報を読み出して、名刺所持人の所望する名刺文字画像データにおける配置情報として記憶する名刺文字画像データ記憶部230を有し、データ送受信機能160により受信した名刺文字画像データを、送信側の携帯電話機の表示部に表示する態様と同一の態様で、受信側の携帯電話機の表示部に表示させる機能を備えたことを特徴とする。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):